Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×4

<<   作成日時 : 2005/10/26 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「北欧のFunkyオヤジに酔う♪」

最近、めっきり音楽のネタが少ない(って、今までも多くはなかったり…)ような気がしたので、
ここは一つ!語ってみようかな?ってな事でご紹介するは…
Nils Landgren & Joe Sample / Creole Love Call (ACT9707-2)』
先ずはレーベル【ACT】の簡単な説明を、ドイツはミュンヘンを活動の拠点としたレーベルで
かなり毛色の変わった作品を世に出すので有名!?
最近は国内においても【ノルディックノーツ】と言う会社が輸入販売してたりして。
このレーベル一番の出世株は、何と言っても『E・S・T(Esbjorn Svensson Trio)』で、こちらは
業界最大手!世界の【sony】からリリースされており、彼らは大出世組なのでご存知の方も
多いのでは?
そして本題の『Nils Landgren』ですが、今のところはマイナーかもしれません…。
でも、前記したように国内販売もされており、ジャズの某御大雑誌にて紹介された事もあったり
するので目にした人もいるかと。
また、今回相方を務めることとなった『Joe Sample』は超有名ですよね♪
1960〜70年代を中心に活動したCrossoverJazzの優【The Crusaders】のピアニストとして、
またソロとしても沢山の素晴らしい作品を発表。近年では【The Crusaders】を再結成(一部の
メンバーは変更)、今年も5月に来日し「Blue Note」にてライブも行われ、盛況を博したのは
記憶に新しいですね♪っと、実はその際に「Nils Landgren」がメンバーとして来日し、演奏した
んですよ!それを知ったのは公演が終わってから数日後のことで…トホホでした。
そんな関係の2人がガッチリとタッグを組み+「Ray Parker Jr(なんかすんごく久々) & Nick
Sample
」の【The Crusaders】メンバーのサポートを受け、繰り広げるサウンドは、まさにFunky・Funky・Funkyィ〜♪
しかし、そこ「Nils Landgren」がリーダーなだけのことはありアメリカンなカラッとした明るさとは
ちょい違ってて、どこかLooseでMellowなニュアンスもあったり。
それは彼の声に要因があるのかも?ちょっと鼻にかかった甘く気だるくも澄んだ響きは北欧
(スェーデン出身)の空気のような余韻を与えてくれるんですよね♪
@「Get Out of My Life Woman」からググッと食い付き、A「Dock of The Bay」ではR・Parker Jr(g,vo)とのデュエットにやられ!B「Nightlife」で溶けて流れだす…その後、怒涛の如く「Nils &
Joe
」のCatchyでFunky且つMellowなサウンドに釘付けとなっていくのでした♪
全体的にJazzのTasteを塗したPopsのようではありますが(カバー曲自体がそうだし)、それが
逆にイイんですぅ〜♪特にF「One Day I Fly Away」I「Love the One You're with」のカバーは、
まことにうれしい限り♪
G「With you in Mind」でのCharmaine Neville(fvo)とのデュエットは必聴ぅ〜♪

コテっとJazzに疲れた方やチョットお洒落なJazzをお探しの方にはオススメしたい一枚です。

ここで宣伝を…
Jazzを中心にFunな仲間と運営してるサイト「GACCHA・1」なんかもお暇がある方は覗いて
見て下さぁ〜い。
また、今回のCDを無理言って取り寄せしてもらった(輸入盤はメチャ安い)、地元CDショップ
DISK NOTE」さんも感謝の意を込めて、ご紹介させてもらいますぅ〜☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×4 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる