Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×2

<<   作成日時 : 2005/10/30 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
「クララと私〜出会いはメトロ〜」

休日と言えば、「やっぱり映画鑑賞」なのが最近の定番!
今日も今日とて、単館シアターへ足を運ぶのであります。
鑑賞するは…

メトロで恋して(原題:CLARA et MOI)』

これは、まさに予告編で「イイ感じかも!?」ってな、単純な
気持ちで鑑賞するに至ったのですぅ。
監督の「アルノー・ヴィアール」は短編映画を本国で何本か
製作、今回が初の長編ものでぜんぜん知らない人です。
また、出演者も全く知らない俳優陣ばかりで…。

売れない俳優のアントワーヌジュリアン・ポワスリエ)は、ここ
最近の自分自身に何かしらの不安を抱きながら生活を送って
いたのです。
そんなある日の事「メトロ(地下鉄)」で、偶然に同席した女性
クララジェリー・ガイエ)に一目惚れしてしまい…。
(この辺が「メトロに恋して」なのかもね!?)
二人は偶然なのか?必然なのか?その出会いをきっかけに
自然と惹かれあいながら「愛」を確かめ合っていく。
ほのかな感情が次第に「将来」へ向かって歩みだす。
そんなある日、クララが不治の病(現代の奇病)である事が…。
その日を境にして、二人の間には変化が…。

先ずは、予告編を観て甘〜い恋物語を期待してしまった方は
観終わって「…」かもしれません。
フランス映画特有のシュールでアンニュイなテイストに、ポップな
エッセンスを数滴垂らし(音楽はまさにFrench popが満載♪)、
現代の若者が直面するであろう問題を、監督自らの澄んだ感性で
仕上げた作品なのかな。
個人的には、最近のフレンチものには珍しく?硬派なつくりだと
思いますね。(やっぱり、フランスの女性は逞しい!!)

序盤「明るい雰囲気」→中盤「展開の速さ(断片的に話が進む)」
→終盤「自問自答に悩み、○○○…」

なかなか俳優陣に感情移入する余裕がないままに進む展開が、
非常にもったいない。
短編→長編にきたことからの力みなのかなぁ?
要所要所の粒立ちはいいだけに勿体ない限りです…ウムム。
しかし、クララを演じる「ジェリー・ガイエ」が非常に魅力的で◎
彼女を観てるだけで十分な気持ちになれたのでしたぁハハ。

先ずは、この監督の次回作に期待をしてみたいと思いまぁ〜す♪

それと、劇場にて先着でもらえる「Fauchon〜香りの紅茶酒〜」が
3本ももらえたりして、酒好きには堪らんおまけ付きにも◎




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『メトロで恋して』
フランス映画らしく小粋で、それでいて切実な物語。 ポップな前半、せつない後半。 一般ウケはしないタイプかな。私は好きだけど。 ...続きを見る
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ...
2005/11/08 10:24
「メトロで恋して」
 2004年/フランス  監督/アルノー・ヴィアール  出演/ジュリアン・ボワッスリエ      ジュリー・ガイエ ...続きを見る
It's a wonderful cin...
2005/11/09 01:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×2 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる