Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×3

<<   作成日時 : 2005/11/11 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 3


「71歳の吟遊詩人♪」

日、一日一日と冬の便りが近づいてくるのを肌身で感じ始める
今日この頃…たんと食べて蓄えねばと言う本能が煩悩を呼び
覚まし、気付けばボタンがきつくなってたりして。

やっぱり煩悩を振り払わねば!と、気構えだけは十分なのに
一向に本能は衰えを知らぬのです…トホホ。

そんな事はさて置き、首都圏では先月末から公開されておる
映像&音楽オタクな監督「ヴィム・ベンダース」の最新作!!
ランド・オブ・プレンティ(原題:Land of Plenty)】
もうご覧になった方もたくさんいらっしゃるんでしょうねぇ〜。
全くもってうらやましい限りなのです…トホホ。

こちら地元の単館で予告編は観るものの、上映スケジュール
は未定だったりします…トホホホホ。

先日の出張の際に広告を目にした途端、思わず立ち止まって
しばらく見上げておりました。
そのまま劇場に突入したい衝動に駆られるも、自制心のみで
一先ずはその場を離れたのでした。

今のところはサントラを愛でることで心落ち着かせてはいるの
ですが、聴けば聴くほど「早く観たぁ〜い!」な気持ちは高まる
ばかりで、逆効果なんですよねぇ。
(先日のBlogでも、その辺に関しては触れておったので興味の
ある方はこちらをどうぞ。)

そんなこんなで、今日の仕事で移動中のBGMは【ランド・オブ・
プレンティ
】の挿入歌の1曲「The Lettes」が入っているアルバム
Leonard Cohen / Dear Heather』だったりするのです

先ずは1曲目の「Go No More A-Roving」がゆったりと流れ出し
「おぉっ〜」と身体がふんわりとほぐれだす。
女性coをバックに渋〜い声でボソボソっと詞を綴り折る…2曲目
「Because of」は、まるで仏語でも喋っているかのように訥々と
耳元で囁き。そして3曲目「The Letters」は【Sharon Robinson】
とのデュエットが堪能出来る♪
映画をご覧になった方ならピンとくると思いますが「ラナ(ミシェル・
ウィリアムズ)の母ヴァージニアがポール(ジョン・ディール)へ
宛てた手紙の引用としてヴェンダース監督がエンディング・テー
マとして使用した
(抜粋)」みたいなのです。。。
この曲は、他の収録曲と対比した場合に全く別格に聴こえてくる
のには、きっとそれなりに理由があるんでしょうねぇ♪
その後も、レナードの珠玉の作品がバラエティ豊かに列をなし、
一気に楽しませてくれたのでしたぁ〜☆☆☆

冬の足音が近づく晩秋だからこそ、じっくりまったりと聴き込める、
そんなレナードの作品に【ランド・オブ・プレンティ】への想いは
より一層募るばかりなのでしたぁハハ♪


※青字をクリックすると関連サイトへいきますのでお試しあれぇ♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
LAND OF PLENTY
トロナのモーテルで、ヴェトナムでの悪夢にさいなまれるポール(ジョン・ディール)を ...続きを見る
cococo
2005/11/11 01:45
『ランド・オブ・プレンティ』
『ランド・オブ・プレンティ』、待望の巨匠、ヴィム・ヴェンダース最 新作だ。ああ、ヴェンダースってロード・ムービー作家だなって思う。LAで始まってNYで終わる映画。モチーフは混乱に揺れるアメリカそのものだ。ふたり の主人公の、コントラストが象徴的だ。人間って、結局、自分の見たいように世界を見ているもの。眼前で展開されている光景が同一のものでも、全然違う心象 風景としてふたりには映ってる。経験によって、それも衝撃的経験によって、世界の見え方は変わる。変えることができる。変わらざるをえないことも... ...続きを見る
Lili Marleen
2005/11/14 00:01
「ランド・オブ・プレンティ」あの日、僕らは何かを見たのだ。
「ランド・オブ・プレンティ」★★★☆ ミシェル・ウイリアムズ、ジョン・ディール主演 ヴィム・ヴェンダース監督、2004年アメリカ ...続きを見る
soramove
2005/11/19 00:18
ランド・オブ・プレンティ
大地には 国が栄え 人々は  ...続きを見る
空想俳人日記
2005/11/26 15:04
■Leonard Cohen I'm Your Man レナード・コーエン
■Leonard Cohen I'm Your Man ●こんなドキュメンタリーを紹介する日が来るとは思ってもみなかった、。彼を敬愛する人々、彼に魅了された男達、女達は世界中にいるわけだ。そりゃそうだ、と今頃深く頷いてどーする、(苦笑)だよな…。 詩人、作家、シンガー・ソングライター ...続きを見る
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIA...
2005/12/27 06:04
【洋画】ランド・オブ・プレンティ
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない ...続きを見る
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/11/16 14:52
ランド・オブ・プレンティ
9.11後のアメリカをドイツ人であるヴィム・ベンダースが 外国人からの引いた目線で切り取ったロードムービー。 撮影日数16日という瞬発力で撮った一作です。 ...続きを見る
bibouroku
2007/09/22 22:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。TBありがとうございます。
そうなんです。「手紙」の内容が、とても重要です。手紙を読み上げる声のバックに、この曲がかかります。最後のシーンへ向けて、流れる風景とシンクロして。(あ、ごめんなさい。)きっと、観てください。自分も、また観る予定です。
あかん隊
2005/11/11 01:44
いいですよね、レナード・コーエン。と言いつつ僕はベスト盤しか持っていないのですが。しかもずーっと前に中古レコ屋で買ったままほとんど未聴で、この映画を観てやっとジックリ聴いている、ミーハー・ファンなのですが(笑)。
映画でも、かなりイイ使い方されてますよ!
Ken
2005/11/11 01:51
>>あかん隊さん、コメントありがとうございます。
あぁ〜早く観たいですぅ。。。
でも、今のところ地元での上映予定がないのですぅぅぅ…

>>Kenさん、コメントありがとうございました。
レナード・コーエンいいですよねぇ♪
早く劇場でヴェンダース監督の映像と共に愛でたいものですぅ
purple in sato
2005/11/11 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×3 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる