Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×4

<<   作成日時 : 2005/11/15 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


「碧い瞳のSoulmanが紅々と燃ゆ♪」

つい先程の事ですが、ベランダから外へ出て夜空の月を
仰ぎ見ていると「!!!」「あっ!?…流れ星っ…」。
一筋の輝きが南の夜空へと流れては消えて…
とっても澄んだきれいな夜空に遠くない冬を感じるのです。

そんな今日は、微かに張り詰めてきた外気に昨日よりも
グンッと空を押し上げられ、夕暮れの三層に織り成された
空にくっきりと浮かぶ満月が美しくも冷やかに写る…。

あぁ〜寒いっ!身も心も冷え込んできそう…プルプル
何か気持ちだけでも暖めてほしいなぁ。っと、言う時には
これ『Simply Red / SIMPLIFIED』なのです♪

UKを代表する【Blue eyed Soul】の代名詞ともなりつつある
(って、既になってると思うけど…♪)『Simply Red』のほぼ
二年ぶり(ベストを除き)となる彼らのオリジナルアルバム!
今回は過去作品をセルフカバーした曲の他にオリジナルを
配しての実にナチュラルな仕上がりで魅せてくれています♪

現在では、「Simply Red」と言う名義になってはいるものの
Mick Hacknall(vo)】だけが、残った状態で活動を続けて
いるのが実情。
そんなことが影響してか近年の作品は打込み等のデジタル
処理を多用化したテクノやユーロビート調のリズムを多用し、
それに絶妙としか言いようのないメロディを乗せてくる♪
なんとも形容し難い心地好さを際立たせるアルバムでした。
が、前作からそれまでの形式とは違い「Simply Red」としての
絶頂期を想い起こす曲があったりして。
そのひとつの要因として【Stars(グラミー受賞アルバム)】に
正式メンバーとして参加していた(日本人初の海外バンドへの
加入が話題でした)「屋敷豪太(ds)」が参加ミュージシャンに
名を連ねている事を上げても決して過言ではないでしょう!

そして今回の新作にも勿論の如く参加しているのです♪

肝心の今作はと言うと、M-1「Perfect Love(1stシングル)」は
のっけからアフロ・キューバンなグルーブチューンでノリノリ♪
しかし、前作以前と明らかに違う点が1つあるのです。
それは…全部生音(完全楽器演奏でデジタル一切なし)な事!
そしてこれがまたメチャメッチャカッコイイんですよ!!
ギュイ〜ンギュイ〜ンと唸るギターにタイトなリズム♪それを
陽気に支えるピアノ。そんな音に絡むバックコーラス(黒人)が
グルーブ感を掻き立てる…。
続くM-2「Something got me Started」は前作のセルフカバー。
これまたラテンの暑〜く艶かしいリズムへと調理され、新たな
魅力を醸し出してくれているんです♪
M-3は言わずと知れたデビューアルバムに入っている名曲の
「Holding back The Years」♪に完全にノックアウト…。
もともとの楽曲が切なくも狂おしい程のメローチューンなのに
それを更に何倍にも増幅させ「こんちくしょ〜っ!」な気持ちに
させてくれちゃったりして…悔しい〜!けど、嬉しい〜!!
また、彼らのアルバムには必ずと言っていいほどカバー曲が
収録されており、今作にも待ってましたぁのカバー曲がM-5の
「A Song for You」でレオン・ラッセルのこれまた超有名曲♪
この曲は、このアルバム中屈指の名曲ですねぇ!
はっきり言って泣けます…マジで泣けるのです…。
泣けない人がいたら、その人はきっと鬼だね(って嘘です)!
その後もセルフカバー、オリジナル曲共に捨て曲なし♪
後半では、今までの路線とは一線を画すJazzyなナンバーが
あったりするのには、個人的にwelcomeでしたぁ。

実は「Mick」、映画【五線譜のラブレター】にカメオ?出演して
たんですよ。ご存知でしたかぁ?
この映画をご覧になった方もいるかと思いますが…
1964年に生涯を閉じるまで、パリ〜ニューヨーク〜ハリウッドと
股に架け、その時々に映画やミュージカルの名曲を多数手掛け
有名になった作曲家【Cole Porter】の自伝的な作品でした。
そんな彼の波乱万丈な人生を、時に美しく華やかに、時に儚く
切なく、彼の生涯最愛の伴侶「リンダ」との愛の軌跡を描いた
佳作なのでした。
そして「Mick」はサントラ盤でも1曲歌っているんです♪
勿論!【Cole Porter】ですからJazzだったりして。
それもなんと「I Love You」でこれがかなり逝けました。

僕として、今作はその辺の影響が少なからずあるように思えて
仕方がないんですよね♪
でも、それがかなりイイ方向に動いた好例とも言えるでしょう。

そんな今回のアルバムの最後を飾る珠玉の1曲は…
「Ev'ry time we say goodbye(porter作)」。あぁ〜昇天♪

序盤のメラメラと暑く燃え滾る炎から、中盤で温かい暖炉の
揺らめく炎へと移り変わり、終盤に迎えるローソクの柔らかく
ジンワリと伝わる温もりの炎へ…。
しかし、炎は消える事を知らずいつまでもいつまでも温もりを
伝え続けてくれる…。

これからの季節、是非とも手元に置いて温もりを感じてほしい
アルバムのひとつなのです。お試しあれぇ〜♪



青字をクリックすると関連サイトへジャンプしますよ♪





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シンプリー・レッド 『BLUE』
爽やかで、不思議な癒し感のある高音が味わえる、ニール・ヤング、ホリーズ、グレゴリー・アイザックス、デニス・ブラウン他のカバー曲を6曲含めた、静寂が支配するクールなアルバム。 このアルバムはひところ前、カフェとかでよくかかってましたね。 気だるくもあるんだけど、爽やかでもある空気感は、夏の終わりから秋の始まりかけて感じる、あの独特の雰囲気によく合います。 気温がすーっと下がり、日の明るさにもどことなく寂しさが感じられるあの感じ。 ...続きを見る
君と僕の無限空間
2005/11/16 07:41
シンプリー・レッドの移籍第一弾アルバムがリリース!
Simplified Simply Red 曲名リスト 1. Perfect Love 2. Something Got Me Started 3. Holding Back The Years 4. More 5. A Song For You 6. Your Mirror 7. Fairgro... ...続きを見る
ムーブメント・ブログ:トレンド情報サイト
2005/11/16 08:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×4 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる