Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×3

<<   作成日時 : 2005/11/20 02:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 31 / コメント 8

画像「貴方に合う靴ありますか?」

先日の続き…『in her shoes

LA・コンフィデンシャル】でアカデミー賞にノミネートされ
一躍有名になったカーティス・ハンソン監督の最新作。
脚本には、これまた【エリン・ブロンコビッチ】でジュリア・
ロバーツにオスカーをもたらしたスザンナ・グラント。
製作には、今や押しも押されもせぬ名監督として地位を
確保した?リドリー・スコットなのでした。
(ちなみにリドリー・スコットは「Domino」のプロデュースも
してたんですよね☆)
超個人的な願望としてリドリー・スコットにはデジタル・リマ
スタTHXなんかで【ブレード・ランナー】を再演してほしい…
劇場は無理でもせめてDVDでの発売を懇願なのです。

前振りはさて置き、肝心の中身の方は言うと…
キャメロン・ディアス演じる「マギー」とトニー・コレット演じる
「ローズ」は母親を早くに亡くした二人きりの姉妹。
「ローズ」は弁護士としての地位や名誉を手に入れた、所謂
キャリア・ウーマン。
でも、何か物足りなさを感じて、日々を過ごしている…
片や「マギー」はと言うと定職もなく、着の身着のまま日々を
送っている、所謂、破天荒な娘。
そんな二人がある出来事をきっかけに、存在すら忘れていた
シャーリー・マクリーン演じる祖母の「エラ」と出会う。
そして三人は、自分ひとりでは補いきれなかった「何か」に
少しづつ気付き始めて…。

マギーとローズは二人一緒で一人の人間として成り立っていた。
どちらかが欠けてしまっただけでバランスが崩れてしまう…
そんなモロイ人間なのです。
ローズは姉の分だけシッカリはしている…そんな事が仇となり、
男性との接触が晩生になり脆く傷付きやすかったり…
それは彼女にも埋められない「何か」があるから。
マギーはそんな姉とは全くの正反対、いつも夢ばかり見続け、
なんの目的や目標もなく、ただ楽しく過ごせればいいのよ!な
楽天的主義者。
しかし、その影には彼女なりの悩みも…マギーにも埋められない
「何か」が足りない…。
ローズは「何か」を補うかのように、沢山の綺麗で魅力的な【靴】を
買っては履かずにクローゼットへ置いたまま。
そして、マギーは「何か」を探すかのように、その【靴】を履いては
壊してしまい捨てる…。
ある日、マギーは綺麗な靴を脱ぎ、スニーカーでフロリダの老人
ホームに住むエラの元を訪ねる。
その日を境にマギーの「何か」が少しづつ少しづつ見えてくる。
また、エラも失いかけていた「何か」を取り戻し始める…。

今作に於ける印象は【LA・コンフィデンシャル】のものとは全くと
言ってほどに違う。題材が全く別ものなので、当たり前なのだが
それにしても違いすぎる…。
また、序盤〜中盤はじめのシリアスムードに対し、それ以降の
雰囲気が一変する感がある。
どこかコメディチックな展開はチョットいただけないなぁ。
それは音楽(BGM)に関しても言える事で、前半のスコアを中心
とした構成が後半からはPOP調の楽曲に変わってしまう。
妙に軽快になりすぎて違和感すら覚える。
「テーマ」と「発想」は非常に良いところを突いているので、非常に
勿体ない気がしてならないのだ。
所々のシーンでグッとくるものがあるにも関わらず、どこか継ぎ
接ぎになってて持続力がないのだ…。
結果、どっちつかずなボヤケた印象になるのは否めない…
全くもって残念でなりませんね。

トニー・コレットは【コニー&カーラ】に続いてホントいい演技をして
いるのには○(←こっちのほうがいいね♪ブログも見てね)
シャーリー・マクレーンも燻銀系ではありながらもPOPな雰囲気を
醸し出しており◎
キャメロンは巧いけど三十路前の設定にしてはチョイ小じわが…
でも、セリフ回しはかなり良かったなぁ!

この映画の魅力の一つに【靴】がありますよねぇ〜☆
映画の中には様々な見目麗しい【靴】が出てくるんだけど…
それそのものには全くもって興味がない…綺麗で魅力的なのは
分かるけどね!
ハイソな雰囲気を【靴】の中に表現しすぎじゃないのかなぁ?
きっと、そこには監督の意図するものとは違う「製作側」の意図が
あるような…
それが、この映画の一番の敗因だったのかも?
商業的な成功を意識しすぎた過剰演出?が作品そのものが持つ
世界観を何処か遠くへ押しやってしまい、結果「中途半端」ってな
具合のような。。。

総評、酷評のように言ってきましたが及第点突破かな!?
先ずは、やっぱり「テーマ」がいい。それに尽きますね!!
個人的にはローズに感情移入できたところもGOOD☆
歳を重ねるごとに、様々な世間の壁にブチ当たり自分自身を
見失いそうになり、それを越えるようにただただ突っ走る。
越えても越えても限がない…そんな自分の肩をポンッと叩き
フッと一呼吸し、2〜3歩下がって辺りを見回してみる。
今まで見過ごしてきた日常の中のちっちゃな幸せ。
そのなんて事のない出来事達に至福を覚える時がくる…。
ローズの姿に「男女」の違いはあるものの自分の姿を映して
みたりして…なんか分かるんだよなぁ〜。
そして、ラストに魅せるキャメロンのセリフ(詩の朗読)♪
意味を良っくと理解すれば感動できると思いますよ。
まぁ〜、展開や構成が唐突だったりするのはあります…が、
ベースラインの良さに一筋の光があるのでした…キランッ☆

でも、NGだった人にはm(__)mですかね…寛大に観て下さい。


FUNな仲間と集う「GACCHA」が本日最新情報に更新されました!
お時間のある方は覗いて見てねぇ〜♪


青字をクリックすると関連頁へジャンプするのでお試しあれぇ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(31件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イン・ハー・シューズ
心に響くシーン、笑える楽しいシーンはたくさんありますが、期待には応えてくれなかったです。132分という上映時間は良いけど、時間の配分がマイナスでした。中盤以降にもっと時間を割いてほしかったです。 ...続きを見る
★☆★ Cinema Diary ★☆★
2005/11/20 11:45
イン・ハー・シューズ /キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン
140分という長さがちょっと気になったんだけど、評判がいいようなので、観に行ってきました。なるほど、コレはなかなかヨカッタです。どんどん引き込まれていくので時間も気にならなかったし、最後にはポロリと泣かされちゃいました。予告編だとラブロマンスっぽい雰囲気も感... ...続きを見る
カノンな日々
2005/11/20 11:57
理解しがたい姉と妹の関係◆『イン・ハー・シューズ』
11月14日(月)TOHOシネマズ木曽川にて ...続きを見る
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなも...
2005/11/20 13:03
「イン・ハー・シューズ」
皆が揃ってハッピーエンド☆ニコニコ顔で迎えるラストシーン。 そうそう、私こんな映 ...続きを見る
ココロにおいしいシネマ
2005/11/20 13:43
イン・ハー・シューズ
《イン・ハー・シューズ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - IN HER ...続きを見る
Diarydiary!
2005/11/20 15:41
映画館「イン・ハー・シューズ」
なんか、久しぶりに感情移入して見ることの出来た作品でした。というのも、私には姉が1人いて2人姉妹だからなのかもしれません。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2005/11/20 16:34
「イン・ハー・シューズ」
「イン・ハー・シューズ」 ...続きを見る
映画通の部屋
2005/11/20 17:44
「イン・ハー・シューズ」
「イン・ハー・シューズ」 イイノホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2005/11/20 20:13
イン・ハー・シューズ
今のところ今年No.1。こんなにいい映画だとは思っても観なかった。軽視して失敗。レディースデーに観てちょっと失敗(恥かしかった…) それより突っ込みどころも少ない、満足できる映画だった。 字幕の和訳にちょっと(?)の部分もあるが、安心して泣ける映画だ! ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2005/11/20 21:26
【イン・ハー・シューズ】
キャメロン・ディアス、 トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、 マーク・フォイアスタイン出演のヒューマン。 公開日:11月12日 ...続きを見る
ココアのお部屋
2005/11/20 22:31
『イン・ハー・シューズ』 自分にあった靴を探せ。
私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。 というキャッチコピーのこの映画、 二人の姉妹が少しずつ、何かを変える。見た後に幸せになれる 映画でした。 実は女同士の友情やら愛情やらに弱い私。きっとココロの中は 松○修○ばりに熱いヤツなんだ。と自分で.. ...続きを見る
キマグレなヒトリゴト
2005/11/21 11:26
イン・ハー・シューズ
しっとりとした涙が溢れたいい映画でした。人間関係について再度考えさせられました。お年寄りとの繋がりって大切ですね。それに家族って大切だな。 ...続きを見る
Alice in Wonderland
2005/11/21 18:03
イン・ハー・シューズ
映画「イン・ハー・シューズ」の感想です ...続きを見る
ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-
2005/11/21 18:04
【試写会】イン・ハー・シューズ【2005・アメリカ】
★★★★★☆彡 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、無職。 姉のローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しているが、恋のほうはさっぱりうまくいかない。 幼い頃に母を亡くした姉妹は、友達でもあり、 ...続きを見る
Happyになれる映画を観よう♪
2005/11/23 10:52
イン・ハー・シューズ(2005米)
今日は女性限定の試写会。なので何かと騒がしかったです。そして態度もスゴイ。開映の後に戻って来たらしいおばさんが「私の席が取られている!(というか何も置いていなかったのに)」と喚き、若い女の子をどかしてしまったり;。 ...続きを見る
WAKOの日常
2005/11/23 22:09
[ イン・ハー・シューズ IN HER SHOES ][ ドミノ ]に似ているなあ
[ インハーシューズ IN HER SHOES ]@銀座で鑑賞。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2005/11/24 01:40
「イン・ハー・シューズ」
 2005年/アメリカ  監督/カーティス・ハンソン  出演/キャメロン・ディアス       トニ・コレット ...続きを見る
It's a wonderful cin...
2005/11/25 00:28
イン・ハー・シューズ
実はあまり期待せずに観に行ったんですけど、 映画が始まるとDirected by Curtis Hansonのクレジット。 「LAコンフィデンシャル」や「8Mile」のカーティス・ハンソン監督作品 だったのか〜知らなかった!そこで一気に期待が高まりました。 この監督、ハリウッ... ...続きを見る
It's a Wonderful Lif...
2005/11/25 18:31
イン・ハー・シューズ
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2005/12/02 02:09
「イン・ハー・シューズ」のトリビア
 久しぶりにシネコン(三条のMOVIX京都)に行ってびっくり。上映映画は「ハリ・ポッター」だらけなんだ。字幕版、吹き替え版がそれぞれ数スクリーン。もちろん、それは無視して「イン・ハー・シューズ」を観たんだが、客の中の男は数人。いやー女だらけ。水曜だから、.... ...続きを見る
万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
2005/12/02 23:36
映画「イン・ハー・シューズ」
原題:In Her Shoes Just a little・・・この映画、地味に地味に少しずつ少しずつジワジワとハートに食い込んでくる。&quot;ぴあ&quot;で90点以上を付けているのも、なるほど頷ける。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2005/12/04 12:32
イン・ハー・シューズ
 前半部面白味に欠け、中盤あたりからだんだん盛上がってきましたが、また終結部にかけて元に戻るというヘンな珍しい展開の映画でした。  そしてよ ...続きを見る
シネクリシェ
2005/12/11 09:37
イン・ハー・シューズ
これ好きだわ〜。 この姉妹って私と同世代。 痛いな〜と思いつつ、そんな都合良い話無いでしょ〜と突っ込みを入れつつ、やっぱり泣いちゃった。 <STORY> フィラデルフィアの大手法律事務所で働く弁護士・ローズ(トニ・コレット)は、憧れの同僚・ジムと良い関係になりつつあり、上機嫌。 が、幸せもつかの間、妹のマギー(キャメロン・ディアス)が彼女の家に転がり込んでくることに。 マギーは、堅物な姉と違い自由 ...続きを見る
toe@cinematiclife
2005/12/18 00:20
イン・ハー・シューズ
キャメロン・ディアス最新作! 久々に等身大の女性を演じているようですよ(^^) ...続きを見る
気になる映画
2006/01/30 06:42
イン・ハー・シューズ
In Her Shoes 〜 ”彼女の立場に立って”  という慣用句 美人だけれど責任感がなく無職で自由奔放な妹マギー。容姿に自身がないけれど弁護士として堅実な人生をおくる姉ローズ。 一緒に暮らしていたが大喧嘩の末マギーは20年以上も音信不通だった祖母の下へと.... ...続きを見る
色即是空日記+α
2006/04/08 16:58
イン・ハー・シューズ−(映画:今年54本目)−
監督:カーティス・ハンソン 出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン ...続きを見る
デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイ...
2006/04/22 17:33
映画のご紹介(122) イン・ハー・シューズ(2005年)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(122) イン・ハー・シューズ(2005年)-この映画は ...続きを見る
ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/04/23 18:23
イン・ハー・シューズ
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 131分 監督 カーティス・ハンソン 製作総指揮 リドリー・スコット 原作 ジェニファー・ウェイナー 脚本 スザンナ・グラント 音楽 マーク・アイシャム 出演 キャメロン・ディアス 、トニ・コレット 、シャーリ... ...続きを見る
タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
2006/05/06 12:43
イン・ハー・シューズ/キャメロン・ディアス
簡単に失われるような人間関係なら、最初からなかったと諦めた方がいい。人と人の本当の信頼は、一つや二つの事件では揺るがない。そのことを強く感じた映画でした。 ...続きを見る
文学な?ブログ
2006/06/10 15:59
「イン・ハー・シューズ」
キャメロン・ディアス主演のヒューマン・ドラマ「イン・ハー・シューズ」(2005年、米、カーティス・ハンソン監督、20世紀フォックス配給)。ディアス主演の作品といえば、あの愛すべきおバカ映画「メリーに首ったけ」(98年)をイメージしてしまう。しかし、本作は大した事件も起こらず、淡々と家族の愛や絆(きずな)などを描いたシリアスなもので、邦画に例えれば″小津安二郎的″作品なのだ。本作に出演した往年の名女優、シャーリー・マクレーンは05年のゴールデン・グローブで助演女優賞にノミネートされた。 ... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2006/06/14 23:27
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズposted with amazlet on 06.11.2520世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン売り上げランキング: 1362Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★★【STORY】 弁護士のローズは& ...続きを見る
日々エンタメざんまい!
2006/11/26 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。
ローズは「コニー&カーラ」に出演しているんですね!
この作品、面白そうだと思いつつまだ未見で・・・。
今度レンタルしてきます。
SHOKO
2005/11/20 13:45
SHOKOさん、
TB&コメントありがとうございました。
個人的に「コニー&カーラ」はかなり楽しめましたよ。
ニアもさることながらトニーの演技は光ってました☆
ついでに「プリシラ」もオススメなのです!
この映画、意外な俳優さんの女装が…なのです。
purple in sato
2005/11/20 22:52
こんにちわ!
観るつもりのなかった作品でしたけど、観てよかったと思いました。それほどにいい作品で満足でしたよ。女性に圧倒的に指示を受けそうな作品ですが、男性にも十分伝わるものがあると思います。
やっぱ、シャーリー・マクレーンが素敵でした。キュートなおばあさま♪
では、また遊びにきまーす!!
睦月
2005/12/06 01:57
こんばんはぁ〜♪
たまには趣を変えて愛でる映画もいいもんでしょ?
特に、この映画は「テーマ」が魅力的な作品でした。
それに「S・マクレーン」のカラフルな燻銀がとっても素敵でしたぁ☆
では、こちらこそ遊びに行きますのでヨロシクです!
purple in sato
2005/12/09 22:24
こんにちは。
コメントありがとうございました。
トニ・コレットも、シャーリー・マクレーンもとてもステキでしたねぇ。
私も、ローズの感情にどっぷりでした。
また、遊びに来ます。
toe
2005/12/23 00:27
toeさん、ありがとぅ〜。
ローズはほんとに肩入れしまくりでしたぁハハ。
キャメロンもラストではグッとさせられましたよ!
では、またいらして下さいねん♪
purple in sato
2005/12/24 03:05
はじめまして。返信トラバありがとうございました。
この映画は、ローズとマギーの対照的な生き方がうまく表現されていたと思いました。
それでは、今後ともよろしくお願いします。
David Gilmour
2006/06/17 00:05
David Gilmourさん。
TB&コメントありがとうございます!
>ローズとマギーの対照的な生き方がうまく表現されていた
そうですよねぇ〜。この映画、当初はあまり期待していなかっただけにかなりハマってしまいましたぁハハ
では、こちらこそヨロシクなのでしたぁ!
っと、「David Gilmour」とはカッコイイっすねぇ〜♪
う〜ん、『狂気』が聴きたくなってきたぁ!!
purple in sato
2006/06/17 06:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×3 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる