Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×3 1/2

<<   作成日時 : 2005/11/23 02:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 8

「仄暗い水の底には…切ない涙」

今日は暦で言うところの「小雪(”こゆき”じゃなくて”しょうせつ”)」
なのに、昨日までの寒さから比べると若干ゆるやかな温もり。
明日も、日中は今日ほどの暖かさになるみたい…ホッ。
てな事で、明日は祝日と言う事もあり、今晩はゆっくりかなぁ〜?
等と考えつつ、毎度のごとく帰り道にシネコンへ赴く!

今日のお題は『ダーク・ウォーター(原題:Dark Water)』なのだな。

オリジナル版(日本)は日本ホラー界の鬼才と化した【鈴木光司】の
原作を黒木瞳主演で映画化した「仄暗い水の底から」ですよね。

そして、今回注目して頂きたいのが「セントラル・ステーション」や
ビハインド・ザ・サン」、「モーターサイクルズ・ダイアリー」と、
いつも素晴らしい作品を描いてきた【ウォルター・サレス】監督の、
なんとっ!ハリウッド進出第1弾なのです♪
しかしながら、個人的にはハリウッドへいってしまったのには「…」
だったりするのです…ウムウムウム。

さて、そんな個人的な事はさて置き!内容の方はと言うと…
ダリア(ジェニファー・コネリー)が雨の中で母親を待つ回想シーン
から始まる…1974年。
ダリアは夫カイルと離婚調停中で、娘セシリア(アリエル・ゲイド)の
親権をめぐり協議を繰り返していた…2005年。
セシリアの親権を得るためニューヨークの外れルーズベルト島に
アパートを借りるダリア。
しかし、そのアパートにはある秘密が…。

正直!【サレス】にホラー映画を全くもって望んではいないのだ!
少なくとも、これまでの諸作品を愛でてきた「僕として」はなのだが…
「じゃあ、なんで観にいったんだよ!」との声があって然り。

僕は、もともと映画を観るべく基準の中に【監督】がある。
自身が「好きな監督の作品は極力愛でる」が根底にあるのだ!
そして、過去の作品で類似的なものとして『デビルズ・バックボーン
がある。これは、「ミミック」の【ギレルモ・デル・トロ】監督と「オール・
アバウト・マイ・マザー」の【ペドロ・アルモドバル】のコラボレートで
生まれた秀作なのだが、実に胸打つ悲しくも恐ろしいお話。

ミミック』は、みなさんよくとご存知の通りの佳作です!
こんな佳作を創造した【デル・トロ】監督の次回作を期待せずに…
なのだな!
そして『オール・アバウト・マイ・マザー』の【アルモドバル】。
この作品は、(全く私的な)近年の映画の中で「MY BEST3」に入る、
これまた大傑作☆
その二人が描く「ホラー」ってどんなだろう?そんな興味が先行して
鑑賞しました(アルモドバル>デロ・トロだけど)が…ヨカッタなぁ♪

そして、上記した通り【サレス】の今作なのです!!

総評としては…
ラストを観終わり……余韻……涙が……じんわり。
劇場を後にし、帰路の途中からも…ジジ…ジン…ワリ…。
そして、ふつふつと湧き上がってくる恐怖………ブルッ。
特にラストのセシリア(アリエル・ゲイド)の演技が泣ける…ウウウ。
彼女はと〜ってもいい表情をしてくれる。
南米っぽい顔つきがそう魅せるのかなぁ?
本当は「ホラーは嫌い」と言う、ジェニファー・コネリーも実生活では
2歳児の母(ポール・ベタニーが旦那だよね)という事もあり、母親と
しての子供を想う気持ちがリアルに滲み出てた。
結果、今作はいい意味で【サレス】に裏切られましたm(__)m

特筆すべきは「母→子」「子→母」と連鎖する愛情。
そして、そこで起こった二次的な恐怖。
その情景を、CGに固執することなく生々しく描いた【サレス】のセンス
に脱帽せずにはいられません!!
が、憎まれ口を覚悟で言えば「ハリウッド」色は否めない…のが残念。

「ホラー」をカテゴライズするのに、「エロ」「グロ」「ナンセンス」だけで
区切ってほしくはないのです!
その辺だけを好むのであれば「他をあたってくれ!!」なのだ。
「ホラー」を愛でて約30年?(って何歳からだよ…)の僕としては…と、
語りだすと限がないので止めておきます。が今作は「ホラー」としても
及第点クリアだね☆

だって、間違いなく「怖い」から!
でも、「怖い」をどこに求めるかによって180℃変わるので要注意。


青字をクリックすると関連頁へジャンプするのでお試しあれぇ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ポジティブレビュー〔ブログ〕
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、面白くってためになる、そんなブログをドンドン紹介して行くつもりです。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい。 ...続きを見る
blolog〔トラックバック募集中です〕
2005/11/23 11:23
ダーク・ウォーター
悲しい愛のドラマに泣いてしまいました・・・ ...続きを見る
Akira's VOICE
2005/11/23 11:49
「ダーク・ウォーター」
「ダーク・ウォーター」 草月ホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2005/11/23 11:53
ダーク・ウォーター−映画を見たで(今年150本目)−
監督:ウォルター・サレス 出演:ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス ...続きを見る
デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイ...
2005/11/23 11:56
映画館「ダーク・ウォーター」
鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2005/11/23 14:06
映画感想「ダーク・ウォーター」
映画感想「ダーク・ウォーター」 【評価】★★★ 【家族愛】★★★ 【心理】★★★ 【恐怖】★ 【エロ】 ひさしぶりに試写会が当たりました。 「ブラザーズ・グリム」 以来ですよ。 で、この「ダーク・ウォーター」。 まあまあですよ。そこそこおもしろかった。 チ... ...続きを見る
三匹の迷える羊たち
2005/11/23 18:01
ダーク・ウォーター
親子の愛に重点をおいたストーリーは良かった。声をあげて驚くような怖さはないけど精神的にくるものはあります。ラスト15分の展開はとにかく切なかったです。 ...続きを見る
★☆★ Cinema Diary ★☆★
2005/11/23 19:05
「ダーク・ウォーター」
公式サイト ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2005/11/23 22:09
ダーク・ウォーター
『セントラル・ステーション』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を監督したブラジル人、ウォルター・サレスが、日本のホラー映画、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』をリメイクした作品。 この『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見逃して大後悔してんだよね(ーー;) 早くみたいな。 そのサレス監督によるリメイクは、中田監督の作品よりもホラー色を薄く、より現実味のある作品を目指した作品を目指したかな〜? < ...続きを見る
toe@cinematiclife
2005/11/24 00:05
ダーク・ウォーター
「ダーク・ウォーター」 ...続きを見る
何を書くんだろー
2005/11/24 10:47
映画「ダーク・ウォーター」
公開当日劇場で観ました。中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」をハリウッドでリメイクした作品。「仄暗い水の底から」は観ていないで内容は知らないですが、監督がウォルター・サレスで、ジェニファー・コネリーが出演しているので観ました。公開当日なのに客数が全員で11名... ...続きを見る
しょうちゃんの映画観賞日記
2005/11/24 16:49
ダーク・ウォーター
今年80本目の映画鑑賞です。 本日は鈴木光司原作、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』のニューヨーク版のリメイクを見に行くことにしました。原作も日本版も知らないのですが・・・ ...続きを見る
Alice in Wonderland
2005/11/25 13:09
『ダーク・ウォーター』、観ました。
 『ダーク・ウォーター』、映画館で観ました(ネタバレあり)。 離婚後、新たな人生を踏 ...続きを見る
肯定的映画評論室ココログ支店
2005/11/25 14:48
「ダーク・ウォーター」やっと公開!でも謎だらけ!!
 「ダーク・ウォーター」(東宝東和)は、ジャパニーズ・ホラー「仄暗い水の底から」(02)のリメイク作品!日本版での黒木瞳 ...続きを見る
新作映画ピンポイント情報
2005/11/25 20:48
『ダーク・ウォーター』
昨日、金曜ロードショーで『仄暗い水の底から』をやっていたので思わず観てしまいました。古いアパートに引っ越してきたシングルマザー:黒木瞳が、身の回りで次々と巻き起こる不気味な怪奇現象に悩まされる、というお話。公開当時は“泣けるホラー”という触れ込みでそこそ.... ...続きを見る
ひたすら映画を観まくる日記アルティメット...
2005/11/26 21:41
試写会「ダーク・ウォーター」。
本日は、仕事場の社長が会長に就任するという事で御祝儀を現ナマで(この辺りが、うちの社長の趣味の悪さを疑うよ…)貰った後は、歩いて会場へ!そう、今回は仕事場から徒歩10分の所にある会場だったのだ★で、座席チケットと交換した後は、近くのパスタ屋で軽い夕飯を取り.... ...続きを見る
映画徒然日記。
2005/11/27 12:58
ダーク・ウォーター
オフィシャルサイト → ダーク・ウォーター離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺伐としたルーズベルト島の、古びたアパートへ引っ越した。暗く不気味な建物に違和感を覚えつつ、新生活を始めたダリアとセシリ&... ...続きを見る
日々映画三昧
2005/12/06 13:25
映画:ダーク・ウォーター 試写会
ダーク・ウォーター試写会@109シネマズ木場 ...続きを見る
駒吉の日記
2005/12/06 16:32
ダーク・ウォーター (Dark Water)
監督 ウォルター・サレス 主演 ジェニファー・コネリー 2004年 アメリカ映画 105分 ホラー 採点★★★ またリメイクです。ハリウッド映画がリメイクばかりなのは今に始まった事ではないのですが、ことホラーに関してのリメイク数は尋常じゃない状態に。僅かな権利料で確実な.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/05/30 03:31
ダーク・ウォーター 06年125本目
ダーク・ウォーター 2005年  ウォルター・サレス 監督ジェニファー・コネリー , ジョン・C・ライリー , ティム・ロス , ピート・ポスルスウェイト 途中で見るのやめようかと思った、、、 http://limelight.tea-nifty.com/movies/2005/11/post_fc67.html &nbsp; ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/07/04 14:46
【洋画】ダーク・ウォーター
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない ...続きを見る
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/08/17 09:53
ダークウォーターって怖いの?
ホラー映画洋画 ...続きを見る
ホラー映画って呪怨が怖いの?
2006/11/09 18:02
「ダーク・ウォーター」
そろそろディカプリオの新作「ブラッド・ダイヤモンド」が公開に・・・ そこに出ているジェニファー・コネリー繋がりで見てみることに。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2007/04/17 02:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
うわーっ、こちらの記事を読んで嬉しくなっちゃいました!
「デビルズ・バックボーン」
この映画、小品ながらなかなか良かったですよね。
ワタシの周りでは観た方があまり居なかったので
思わず反応してしまいました☆

でで、「ダーク・ウォーター」ですが、、
ウォーター・サレス監督、期待を裏切りませんでした!
ホラー云々と言うよりドラマ性が高い映画でしたよね。
舞台となったルーズベルト島の雰囲気が良かったです。
Puff
2005/11/23 22:19
 TBありがとうございますm(_ _)m

 お話的には、良いと思ったのですが、ホラーを
求めてしまったのがいけなかった。ジャニファー
・コネリーや子役の演技は、良かったですよね〜。
たましょく
2005/11/24 10:45
この映画、オリジナルを見てしまった日本人にはちょっとつらい映画になっているんですよね。
ホラーにとって、先が読めるというのはちょっと痛いです。
でも、ジェニファー・コネリーと子役は良かったです〜。
toe
2005/11/25 01:08
Puffさん>
おはようございますぅ
「デビルズ・バックボーン」アルモドバス・ファンの
僕としては外せない作品です。
こちらも「怖い」<「悲しい」作品ですよね…
ルーズベルト島の排他的な雰囲気◎っす♪
また、遊びに来て下さいねぇ

たましょくさん>
TB&コメントありがとうございます。
ホント!良いお話でしたね。「ホラー」にも色々ある
と言う事で幅がグンッと拡がります。
役者さんたちは、どれも粒揃いでそれだけでもOK!
また、遊びに来て下さいね。

toeさん>
おはようございまぁ〜す
その気持ちよくとわかりますです…
僕も「呪怨」がそうでした…「死霊のはらわた」大好きなのでライミの名前に期待し過ぎて…トホホ
でも、今作はそう意味では役者さんに◎
また、遊びに来て下さいね。
purple in sato
2005/11/26 08:19
世間的にはオリジナル版と比べると怖くないと評判の今作ですが、satoさんの言うとおり、今作の方がゾクッとさせられるものがありますよね!!ホラー好きの私としては、オリジナル版は怖いというより、驚かしているだけ…というイメージが強かったのに対して、こちらでは、カメラアングルや水の表現で、見ている側に想像させる恐怖を見事に表現していて、上手いな〜と思いました!!
それから、セシリアのラストの演技は最高でしたね★
TBありがとうございます★
2005/11/27 18:20
★さん(でいいのかなぁ?)
コメントありがとうございます。
先日のTV放送のオリジナル版も観ませんでした…トホホ。
でも、今しばらくは観なくてもいいかなぁ〜だったり。
この映画では水の描写も「恐怖」の対象でしたね!
「雨」「天井」「フロア」「洗濯機」「タンク」「浴室」etc...
おぉ〜こわこわ…ブルブル。
また、遊びに来て下さいね♪
purple in sato
2005/11/27 22:04
コメント、どうもです。
ボクはホラー映画のファンではないのですが、
この『ダークウォーター』、ホント良かったです。
ついでに、先日TV放映されていたオリジナルの
『仄暗い水の底から』も観てみました。
マイブログの方へ感想もアップしたので
良かったら覗いてやって下さい。
『仄暗い水の底から』は、少女の霊を“グロ”に
描いてしまったことが敗因で、
少女の“深い悲しみ”が半減してしまいましたね。
両作品を見比べてみて、
改めて『ダークウォーター』の良さを再確認しました。
きのこスパ
2005/11/27 22:24
きのこスパさん。
TB&コメントありがとうございましたぁ。
マイブログの「仄暗い〜」感想が見つけられず…およよ
オリジナル版は再放送を待つとしますかね。って待つんかい!?
では、また遊びに来て下さいね♪
purple in sato
2005/11/29 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×3 1/2 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる