Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×4

<<   作成日時 : 2005/12/10 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 16

画像「直視したものと傍観するもの」

12月4日(日)
上京2日目…前日のジャズ・コンサートにどっぷりと浸かった
身体をづ〜るづると引きずって向かうは有楽町。

この街は a long long time ago に通い詰めた場所。。。

渋谷や新宿って、人が多すぎてどうも苦手なのです。
でも、刺激がいっぱいなので情報収集やマン・ウォッチングする
には最高ぅ〜なのも確かなんですよねぇ〜。

でも、今日は「有楽町でぇ〜逢いましょう♪」ってな、歌じゃない
んだけど銀座・有楽町なのです!

目的は、勿の論蔵!で…
ランド・オブ・プレンティ(原題:Land of Plenty)』
これを観ないで何を観るぅ〜なのですなぁハハ☆

ヴィム・ヴェンダース監督の最新作で、もう夏から待ちに待って
待ちきれなくて上京してまで鑑賞するべき映画だったのです。

この監督は、My Favorite Director の一人。
他には、永遠の巨匠「キューブリック」「フェリーニ」「ゴダール」
「トリュフォー」etc...って、大半が永眠やんかぁ〜!!
でもでも、まだまだイイ監督さんは沢山いるから安心安心。

おっと、脱線してしまった…。
そんなこんなで、「ランド・オブ・プレンティ」を愛でました♪

現代の米に於ける痛みを抱えた男・ポール(ジョン・ディール)と
彼の姪・ラナ(ミシェル・ウィリアムズ)を軸として描かれた今作。
実に現代米への痛切なるメッセージなのだと思う。。。

【ベト・コン】→【911】との経緯から「病める米」と言う重い荷物を
一人背負ってしまったポール…。
それは、イスラム教徒へ対する弾圧へと姿を変え異様なまでに
過敏な反応をしてしまう…。
しかし、それは「米」を愛しているから…なのか…自分への慰め
…なのか…心の傷を癒す答えを隠すが如く。

そんな彼の前にふらっと表れたラナ。
彼女はある一つの思いを秘めて…「米」へ10年ぶりの帰郷。
彼女の行動は全てに於いて、現在の「米」には有り得ない言動
ではあるのだが、そんな彼女に救われる者もある。。。
それは「米」への憧れ…なのか…自己の満足…なのか…拭えぬ
想いへの答えを模索するが如く。

逢い交えることのなかった二人の想いが、ラストで交差し一つの
同線となったとき…始めて、この映画は始まる…。

ヴェンダース監督はご存知の通りドイツ人。
そんな彼が、【911】以降にみる「米」の姿をカメラのレンズを通し
客観でありながらも的確である「視点」で描く。

ポールは「米」を直視し、自分の存在価値を表す為に「米」を愛し、
ラナは「米」を傍観し、自分の理想価値を信じる為に「米」を擬す。


"May the lights in the land of plenty shine on the truth some day"


「自由の国=アメリカ」が全ての想いに叶う…
そんな日がいつの日か来ることを願う…

※サントラがとってもイイ感じ(って、メッチャいいんす♪)。
一人でも多くの人に見て・聴いて・感じて欲しい…この想いを…
              
                 ↑

音楽オタクのヴェンダース監督が選曲には本作のテーマが一杯
詰まっています!よっくとご堪能あれぇ〜♪




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ランド・オブ・プレンティ
アメリカで生まれ、アフリカ、イスラエルで育った少女、ラナは、亡き母の手紙を伯父に渡すため、アメリカに帰ってきます。ラナは、ロサンジェルスで、多くのホームレスの姿を見て、アメリカの闇を知ることになります。 ...続きを見る
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て......
2005/12/10 01:25
[ ランド・オブ・プレンティ ]アメリカを愛するヴェンダース
[ ランドオブプレンティ]@有楽町で鑑賞。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2005/12/10 01:26
ランド・オブ・プレンティ
追悼の人  ドイツ人ヴィム・ヴェンダースにとって「アメリカ」は、すぐそばにありながらはるか遠く(=ファラウェイ・ソー・クロース!)の存在である。少年の頃、近所にあったジュークボックスとピンボールがきっかけで彼のアメリカへの『さすらい』が始まった。ロック... ...続きを見る
秋日和のカロリー軒
2005/12/10 01:37
ランド・オブ・プレンティ
ランド・オブ・プレンティ  2005/アメリカ  ★★★★ ...続きを見る
Cinema-Absolutism
2005/12/10 01:39
ランド・オブ・プレンティ@シネカノン有楽町
ヴィム・ヴェンダースといえばロードムービー、ロードムービーといえばヴィム・ヴェンダース。その定義も分からないまま自らの趣向のジャンルに挙げて、場所の移動や時間の経過と平行して心境が変化するキャラクターに感情移入する。パトリオットとコミュニストという温度差が ...続きを見る
ソウウツおかげでFLASHBACK現象
2005/12/10 01:52
アワーミュージックとランド・オブ・プレンティ
映画「アワーミュージック」と「ランド・オブ・プレンティ」を立て続けに見る どちらも「テロリズム」「和解」がテーマ 相変わらずギンギンに観客を挑発してくるゴダールの「アワーミュージック」を見たあとで ジャームッシュヴェンダース(←失礼.. ...続きを見る
ヤジ猫
2005/12/10 06:25
『ランド・オブ・プレンティ』
一つの温かな'気づき'の物語。天使の優しさに包まれる。 ...続きを見る
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ...
2005/12/10 10:34
ランド・オブ・プレンティ
ヴィム・ヴェンダース監督の最新作の映画『ランド・オブ・プレンティ』を観た。 アフリカとイスラエルで育ち生まれ故郷のアメリカに帰ってきた少女ラナと、ヴェトナム戦争の後遺症に苦しみながら一人アメリカを守ろうとする叔父ポールの物語。ポールは9.11をキッカケにヴェトナム戦争時代のトラウマが蘇り、その怒りと愛国主義的精神常からアラブ系の人々を監視している。 一種の"ロード・ムービー"と呼んだら良いのだろうか。(ヴィム・ヴェンダース監督の映画は、すべてがロード・ムービーとも言われるが)今のアメリカを象徴す... ...続きを見る
あ〜るの日記@ココログ
2005/12/10 11:39
ランド・オブ・プレンティ:アメリカの視点を想像できるか
★監督:ヴィム・ヴェンダース(2004年 アメリカ・ドイツ作品) ...続きを見る
朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」
2005/12/10 12:23
■ランド・オブ・プレンティ LAND OF PLENTY
? ■ランド・オブ・プレンティ LAND OF PLENTY ●「The War Within」=ウォー・ウィズイン、Withinは、ウィズィンの方がいいのかな、と思いながら、片落ちにならぬように一本アップ。 ヴィム・ヴェンダースの一作。実はヴェンダースは、サム・シェパードが脚本を手掛け、主演 ...続きを見る
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIA...
2005/12/11 10:57
「ランド・オブ・プレンティ」評/憎しみより怒りよりも我々がなすべきもの、それは
『ランド・オブ・プレンティ』(2004 / アメリカ / ヴィム・ヴェンダース) (ネタバレあり) Text By 仙道 勇人 誰がぼくをここに遣わしたのか分からない 声をあげて祈るように―― この豊かな国(ランド・オブ・プレンティ)の光がいつの日か 真実を照らし出すように (レナード・コーウェン/... ...続きを見る
I N T R O+blog
2005/12/11 11:18
■Leonard Cohen I'm Your Man レナード・コーエン
■Leonard Cohen I'm Your Man ●こんなドキュメンタリーを紹介する日が来るとは思ってもみなかった、。彼を敬愛する人々、彼に魅了された男達、女達は世界中にいるわけだ。そりゃそうだ、と今頃深く頷いてどーする、(苦笑)だよな…。 詩人、作家、シンガー・ソングライター ...続きを見る
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIA...
2005/12/14 02:18
ハリウッドもようやくその才能に気づき始めた、ミシェル・ウィリアムズ
 ヴィム・ヴェンダース監督作品『ランド・オブ・プレンティ』は、9.11から2年と1日たったアメリカが、『ベルリン 天使の詩』で描いたような、生きることの喜びを大声で叫び出したくなるような世界ではなくなっている、とヴェンダースが訴えているような映画でした。正確に言うと、『ベルリン 天使の詩』はアメリカの話ではありませんでしたが、物語自体はどこが舞台でもよかったはずですよね。 ...続きを見る
海から始まる!?
2005/12/25 09:06
映画のご紹介(115) ランド・オブ・プレンティ(2005年)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(115) ランド・オブ・プレンティ(2005年)-「豊かな国」に住む人々は ...続きを見る
ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/04/07 21:20
映画のご紹介(115) ランド・オブ・プレンティ(2005年)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(115) ランド・オブ・プレンティ(2005年)-「豊かな国」に住む人々は ...続きを見る
ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/04/07 21:21
ランド・オブ・プレンティ
『ランド・オブ・プレンティ』 ...続きを見る
39☆SMASH
2006/06/17 14:01
「ランド・オブ・プレンティ」
「パリ・テキサス」「ベルリン・天使の詩」などで知られるドイツの巨匠、ヴィム・ヴェンダースが2004年に撮ったヒューマン・ドラマ「ランド・オブ・プレンティ」(米独、124分)。この映画は、ヴェンダースが米国のかかえている問題や病巣を描き、徹底した批判を繰り広げている。ヴェンダースがポリティカルな領域に迫ったのは本作が初めて。 ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2006/08/29 00:40
ランド・オブ・プレンティー
 ヴィム・ヴェンダース監督作品「ランド・オブ・プレンティー」という映画をDVDで見ました。9.11同時多発テロ後のアメリカをヴィム・ヴェンダース監督の視点で捉えた作品です。 ...続きを見る
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センタ...
2006/09/08 20:05
【洋画】ランド・オブ・プレンティ
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない ...続きを見る
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/11/16 14:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
わが意を得たりの記事でした。しかしふたりの視点はひとつに重なり合うのでは?主題歌の truth はもっと具体的なのでは?私のブログにアクセスしていただければ幸いです。http://kmotoji.way-nifty.com/m/
Mの「残日録」(cは藤沢周平)
2005/12/10 01:53
藤沢周平さん。
コメントありがとうございます!
「重なり合う」=「同線」と表現してしまいました。
「truth」は、本作中に於いてはより具体的です!
如何せん主題歌は「別もの」でイメージとして監督が
採用したものですので…。
しかし、ラストのメッセージは胸が痛かったです…。

では、またお越し下さい!
purple in sato
2005/12/10 02:23
遥々?上京してご覧になったのですねー。
私もサントラを買ってしまいました。
ヴェンダースの映像と音楽は大好きです♪
かえる
2005/12/10 10:36
かえるさん。
TB&コメントありがとうございます♪
そうそう確かに遥々でしたぁ…
仙台→東京で約1時間40分ですから(汗)。
でも、公開時に間に合ってヨカッタっす!
ヴェンダース監督の映像&音楽を全身全霊で
受け止め感激でしたよぅ〜☆
サントラも日々のメリハリに愛でております♪

では、また遊びに来て下さいねぇ。
purple in sato
2005/12/10 14:28
こんにちは!TBありがとうございます。
『セルロイドの英雄』管理人のKenです。
こちらからもお返ししようと思ったのですが、どうもうまくゆきません。最近のgoo、こういうこと多いんですよ。何とかならないのかな??
ヴェンダース監督、本当に音楽の使い方うまいですよね。この作品なんか、「レナード・コーエンの曲を使いたくて撮ったんじゃないの?」という位嵌っていました。この映画を観て以来、レナード・コーエンのレコード、ヘビー・ローテーションで聴きまくってます。
Ken
2005/12/10 21:28
kenさん。
コメントありがとうございます。
そうですか…gooも大変みたいですねぇ。
こちらのbiglobeも時折「…」になりますよ!
ホント!困ったものです…。

「レナード・コーエン」いいっすよね♪
僕もヘビロテで愛でておりますです!!
こんな素敵な音楽にも出会えるなんて
「ヴェンダース」にブラボ〜ですなぁ。

では、遊びに来て下さいねぇ〜♪

purple in sato
2005/12/11 20:45
コメントありがとうございます。
ヴェンダースのアメリカへの愛を感じる作品でした。
暫く時間をおいて、また観直したいですね。
では、また。
あ〜る
2005/12/13 23:37
>あ〜るさんへ。
こちらこそご丁寧にありがとうです!
ヴェンダースの映画って不思議と後から
じわじわ〜っときますよ。
では、また遊びに来てくださいね☆
purple in sato
2005/12/14 00:22
ヴェンダースの作品はいつも音楽が素晴らしいですね。巨匠としても、ガンガン映画を撮り続けてほしいです。幸いゴダールもヴェンダースもまだまだ精力的ですし。コメント&TBありがとうございました。
現象
2005/12/14 01:18
>現象さんへ
TB&コメントご丁寧にありがとうです。

いやはや、ホントですね!
今作はサントラまで買っちゃいましたよ♪

ヴェンダース、ゴダールの両者ともこれからも
いい作品を沢山撮ってほしいものですね☆

では、また遊びに来て下さいね。
purple in sato
2005/12/14 01:42
レナード・コーエンでもお世話になってしまおう!なんて、久し振りにノコノコとやって参りました。
映画…見れませんでした…時間間違えて、情けないったらありゃしないデス。で、ああああ終わったデス。
今月はもう〜怒涛のような日々。嗚呼、映画がなかなか見れません。DVDもビデオもな〜んも見れません。師走…あたくしのよーな下っ端も走るってなもんです。あ、赤穂浪士の討ち入りや!失礼しました。。。ペコリ
ツボヤキ
2005/12/14 02:25
>ツボヤキさん。
お返事遅くなってホントにすみませんm(__)m
かなりお忙しかったのですね…少しは落ち着き
ましたかぁ?
年末年始はゆっくり出来るんですか?
溜まりに溜まったストレスをドバーッと発散
して下さいねぇ。
では、またのお越しをお待ちしております♪
purple in sato
2005/12/25 14:44
こんにちは♪
こちらからTBできなくてごめんなさい。
やっと今頃公開されています。
問題提起をするにもいろんな表現があるんだなぁと感心しました。
ラストの歌がすべてを表していましたね〜。
ミチ
2006/02/17 00:14
ミチさん、こんばんは。
毎度のコメントありがとうございます!
正直、こちらでもやっとの公開なのですよ。
こちらのレビューは、上京した際に鑑賞した
ものだったりして…
レナード・コーエンの歌は最高でしたぁハハ♪
では、またお越し下さいねぇ〜。
purple in sato
2006/02/18 00:49
こんばんは、おひさです。返信トラバありがとうございました。

この映画は、これまでの文学的かつ哲学的なヴェンダースの作品と違って、とても分かりやすいといった印象を受けました。政治的メッセージありで、現実的な路線に走ったのでしょうか。それにしても、現役の映画作家のなかでは、ヴェンダースとラース・フォン・トリアが卓抜していると思います。

それでは、またよろしくです!!
David Gilmour
2006/08/31 00:05
David Gilmour、こちらこそご無沙汰でした。
っと、TB&コメントありがとうございます!!
本作は現実感を取り入れたヴェンダース的な
哲学なのかもしれません?(←かなり適当な
意見ですが、、、)
「ラース・フォン・トリア」。
彼の作品も独特な世界観が素晴らしいっす!
実験的な作品でありながら完成してる。っと
でも言ったらいいんですかねぇ?

「欲望」の記事も拝見しました。
なんともアントニオーニですねぇ、、、
個人的にはサントラが甚くお気に入りだったり
して昔から愛聴しておりますぅ〜♪

では、こちらこそまたいらして下さぁ〜い☆
purple in sato
2006/09/02 10:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×4 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる