Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×3 1/2

<<   作成日時 : 2005/12/03 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 11

画像「隣は…鉄人28号で…ホッ」

本日、やっとこさ借りましたぁ!
大型のレンタル店には大量に積まれてありました。
       
       『隣人13号 ディレクターズ・カット版』

時折、猛烈に爆発的なまでの作品を観たい衝動に駆られる…
しかしながら、その欲求を満たしてくれる作品ってそうそうはなくって…
結局は消化不良でふつふつとしながら床に就く事がほとんど。

そして今作なのだが、劇場公開時に観にいこう〜♪っと、思っていたら…
いつの間にか終わってた…なのだ…ガックシ。
そして、今回晴れてDVDレンタルになったので俄然意欲満々!!

井上靖男の初監督作であり、中村獅童が狂気に満ちた演技を披露した
ことで話題となったのが今作。

小学生時代にイジメられ、心と顔に深い傷を負った青年・村崎十三(小栗 旬)。
そんな十三の裏であり、表である13号(中村獅童)。

冒頭のシーン…

荒涼とした地に佇む小屋の中で、顔に痛々しい傷を負った十三が生まれたまま
の姿で痛みに喘ぎ、何かに怯え蹲る…そこに表れたのがもう一人の自分13号。
13号は、そんな十三を無理やりに引きずり出し…。

そこから、この物語は少しづつ少しづつ威圧度のレベルを上げていく。。。

観るものに対し、暴力的なまでに恐怖感をグイグイと押し付けては、不快感を
大きく煽りに煽って逃げ場のないところまで追い詰める…。
そこには理不尽としか言いようのない、切迫し息苦しい澱んだ空気が漂う。。。

中間のシーン…

決して相容れる筈のない二人の「13」が小屋の中で何かに同調したかのように
見つめ合いながら小躍りをする…。

心の中に宿る極悪非道な悪魔が奇声を上げ始め、徐々に目標へと近づく。
それは、何者をも受け付けることのない、もう一人の自分が…
時に、それは自分の意思とは全く関係なく一人歩き…止める事は…不可能?

最終目標へと再加速し、一気にもう表を捉えて離さない…
現実社会に存在する「鬼」と現存するかも不明な「鬼」の一騎打ち。
が、そこには思いもしなかった答えが…何故?…やめろ!…何…故…。

ラストシーン…

果たすべく目標を失った13号は小屋の中でただただ呆然とするばかり…
十三は彼を一人残し、その小屋を出る。。。

現実はどこになるのか?全てが虚構なのか?語るべく事実は?

現代社会に於ける大きな問題の一つに【いじめ】がある。
この社会現象は今始まったことではなく、遠く昔の時代から続いている
人の世の摂理みたいなもの…では、昔と今では何が違うのか?
「前に進むのか」「逃げるのか」、その選択をどう選ぶかなのでは?

この作品のキーワードは「ユウキ(勇気)」なのでは?

その選択によって、自分にとってのもう一人の自分を生み出す結果に
繋がるのではないだろうか?

そんな僕にも、たぶんもう一人どころか数人の「自分」がいる。
もしかすると13番目も…。

貴方の中には何人の「自分」がいますか?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
隣人13号
第78回 ...続きを見る
まつさんの映画伝道師
2005/12/03 03:44
現代社会に蔓延る心の闇を端的に表現◆『隣人13号』
5月20日(金) TOHOシネマズ木曽川にて ...続きを見る
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなも...
2005/12/03 06:21
隣人13号
え?ラスト、一体どうなっちゃったの? あまり何も考えずにボーっと観てたので良く分からなかった〜 イジメる方はすぐ忘れちゃうかもしれないが、イジメられた方はいつまでもずーっと覚えてる・・・で、あなたは一生誰かに恨まれてもイジメやめませんか?的な教訓映画なんだと勝手に勘違いしてた(汗) ...続きを見る
Cinemermaid
2005/12/03 08:43
隣人13号
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2005/12/04 18:07
「隣人13号」モンスター中村獅童
「隣人13号」がそろそろ公開らしく、TVCMが始まった。 大分前に観たけれど、いつだったかと調べてみたら、2004年の8月5日! 随分前に試写会して、リサーチに時間をかけたんだなと感心した。 映画は、メール当選したスニークブレビュー(覆面試写会)。 普通スニークブレビュ.. ...続きを見る
試写会帰りに
2005/12/06 01:36
隣人13号
監督:井上靖雄  出演:中村獅童 小栗旬 新井浩文 吉村由美   8点 中村獅童は見事なカメレオンだった!  こわ〜いこわ〜いサイコ・サスペンス・スリラーだ。少年時代に受けたいじめの相手に対する復讐心から、自分とは正反対の凶暴極まりない人格が現れるよう... ...続きを見る
シネまだん
2005/12/06 08:13
『隣人13号』
 小学生の頃にゴキブリを無理矢理食べさせられたり硫酸を顔にかけられるなどの酷い虐めを受け続け、学校を出て行った村崎十三(小栗旬)。  あまりに惨たらしい虐めの数々によって生み出された憎悪の念は彼の体の中に13号(中村獅童)という凶暴な別人格を創り上げること.... ...続きを見る
映画大陸
2005/12/06 19:24
「隣人13号」
「隣人13号」 製作:2005年、日本 2005.3.19 試写会¥0にて鑑賞2 ...続きを見る
映画通の部屋
2005/12/11 21:07
映画「隣人13号」見ました☆
今日、映画「隣人13号」を見てきました。もう、上映映画館も都内では、渋谷・吉祥寺・池袋しかなかったので、渋谷の「シネクイント」(パルコパート3の8階)に行きました。同名の井上三太氏原作コミックスの映画化で、原作マンガを以前読んでいたわたしは、とっても興味が.. ...続きを見る
どうせ誰も見てませんからっ☆★
2005/12/13 23:36
隣人13号 評価額・550円
●隣人13号をDVDにて鑑賞。 村崎十三は、小学校でクラスメートの赤井トールにい ...続きを見る
Blog・キネマ文化論
2005/12/21 22:15
隣人13号
DVDで、出演:中村獅童/小栗 旬/新井浩文/吉村由美/石井智也/松本 実/劇団ひとり/村田 充/三池崇史/原作:井上三太/脚本:門 肇/監督:井上靖雄/作品『隣人13号』を観ました。 ...続きを見る
Rohi-ta_site.com
2006/01/09 05:10
隣人13号(DVD)
心と躰が、はがれてゆく・・・ CAST:中村獅童/小栗旬/吉村由美/新井浩文/三池祟史 他 ■日本産 115分 ...続きを見る
ひるめし。
2006/01/10 20:41
DVD「隣人13号」
とにかく小栗旬君が好きなんです♪ いまの若手の俳優の中で一番好きです!! ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/02/16 23:14
映画『隣人13号』
井上三太のコミック『隣人13号』、そこに流れる過激な血は、『ファイト・クラブ』(1999)や『オールド・ボーイ』(2004)のモチーフともなっている・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/04/29 17:49
「隣人13号」前半好調、後半失速でも面白い
「隣人13号」★★★☆WOWOW鑑賞 中村獅童、小栗旬主演 井上靖雄 監督、2004年 ...続きを見る
soramove
2006/05/05 14:42
隣人13号 06年129本目
隣人13号 2004年  井上靖雄 監督  井上三太 原作中村獅童 、小栗旬 、新井浩文 、吉村由美 、石井智也 、三池崇史 カリスマ漫画家・井上三太&nbsp;の人気コミックを実写映画化したサイコサスペンス。小学生時代にイジメを受けた男が、狂暴な別人格と共に壮絶な... ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/07/09 13:43
隣人13号って怖いの?
サイコ・サスペンス邦画 ...続きを見る
ホラー映画って呪怨が怖いの?
2007/05/01 18:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました(^0^* )
未来に起こったことが過去を変えるみたいな設定に少し首をひねってしまいましたが、獅童さん〜怖かったです(汗)
キーワードはユウキ・・・ホントにそうかもしれませんね♪
cherry
2005/12/03 08:44
こんにちわ。この作品、私の中では今年の上半期ベスト10で1に輝く傑作です。「隣人13号」という記事を見ると、もう黙っていられなくて!

>そんな僕にも、たぶんもう一人どころか数人の「自分」がいる。
もしかすると13番目も…。

そう、おっしゃる通り、人間誰でも意識の下には「もう一人の自分」が存在しているんだと思っております。そんな風にとても真剣に考えさせられたし、映像センスも抜群に良かったと思いました。特にオープニングは「掴みはOK」という印象でした。私はディレクターズ・カットのDVDを購入しました。まずは予告編ばかり見ております。こんな強烈な作品ばかりが好きな私ですが、至ってノーマルでございまする。
隣の評論家
2005/12/03 22:36
cherryさん、こんばんはぁ〜!
TB&コメントありがとうございます。
今作の逆説的には「バタフライ・エフェクト」がありましたが、これもかなりイイ感じでしたぁ♪
ラストの展開は捉え方様々でいいんじゃないかなぁ?
だって…でないとわからん。
獅童さんの演技は…際物で凄かったぁ!!
では、また遊びに来て下さいね。

隣の評論家さん、ようこそです♪
DVD買ったんですね!今作が、今年の「best1」だったんですね。予告編だけでも十分に雰囲気は味わえる強烈な作品なのは確かです!!
僕もノーマル(って思ってはいるのですが…)ですが、この系統は好きですねぇ〜☆
また、遊びに来て下さいねん!!


purple in sato
2005/12/05 22:33
どうも!睦月です。TB&コメントありがとうございました。今度はしっかり鑑賞されたのですね!?良かったわぁ・・・。
何だかすごい映画でしたでしょ?睦月的には大好きですけどね。噂によるとハリウッドでのリメイクが決まっているとか・・・。ハリウッドメジャーじゃ、こんな不気味さは出せんでしょ・・。邦画だからこそ出来る気持ちの悪さと思いますわ。
睦月
2005/12/06 01:53
睦月さん、こんばんはぁ。
毎度、ありがとうございます!

そうなんですよぅ…最近は何でもハリウッド・リメイクって、ふざけてんじゃないの?
ダメダメっす!日本映画の独特な陰湿さはカラッと爽やか?ハリウッドでは表現できる筈がない!!
やぁ〜めぇ〜てぇ〜ですなぁ。。。
purple in sato
2005/12/09 22:20
わざわざコメント頂きありがとうございます。
実はコミックスの方のラストは映画とは微妙に異なるんです。それは登場人物として映画には出てこない人物がいるからなのですが、またご興味あったらチェックして比較してみたらおもしろいですよ。
まつさん
2005/12/10 18:54
まつさん。
TB&コメントありがとうです♪
原作のラストは微妙に違うのですね…ウムム。
これは機会をみて見てみなければです!
貴重なご意見アリガトでしたぁ〜☆
では、また遊びに来て下さいね。
purple in sato
2005/12/11 20:39
こんにちわ。私も記事を作成しましたのでTB貼らせて頂きました。好きだからって、ちと長くなってしまいました(苦笑)。お時間のあるときにチラッと読んで頂ければ嬉しく思います。それでは、また遊びに参ります。
隣の評論家
2005/12/11 21:13
隣の評論家さん。
こんばんはぁ〜。早速こちらからもTB貼らせて
もらいましたです!!
渾身のレビューでしたね。
今年一押しの気持ちがヒシヒシと伝わりました。
ちなみに僕の「裏一押し」は…
『TARNATION』
Docuなんですが、かなり凄かった☆
脳天カチ割られました…ドッカン!!

では、また遊びに来て下さいねぇ〜。
purple in sato
2005/12/11 21:33
こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
最後がどうあれ、衝撃の問題作には変わりないと思います。
いぁほんと、すごい映画でした。
またよろしくお願いしますね。
猫姫少佐現品限り
2006/07/11 02:29
猫姫さん、いつもありがとうございます!
ラストの展開はさて置き、なかなか打っ飛びな問題作で個人的には好みっす!!
欲を言えば怒涛の如く突き進んでくれると…
では、こちらこそまたお越し下さいね。
purple in sato
2006/07/12 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×3 1/2 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる