Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN×4 1/2

<<   作成日時 : 2005/12/05 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 5

画像「OPEN」

週末からの有給消化を含めたお休みですっかりリフレッシュ☆
大好きなジャズ♪にた〜っぷりと浸り、好きな映画を満腹とは
いかずとも、堪能した休日に満足なのです。

さて、今日は早起きして早朝一回目の上映を愛でてきましたよ!

風の前奏曲(原題:The Overture)』

この映画を知ったのが何かの雑誌の広告だったのですな。
最近、密かに?巷を賑わす「Thailand」の作品。
公開より、ほぼ一年になりますが、「マッハ!!!!!!!」が記憶に新しく、
現在も「七人のマッハ」が上映中なのかな?
最近ではアクション系が日本国内では定番化してきている感が
ありますよね。
また、ホラー系なんかもレンタル屋では置いてあったりします。

個人的な印象としては、かなり個性的な作品が多いように思え
るのが「タイ」の作品だったりします。

しかぁ〜し、今作はかなりの正統派作品なのです!!

タイの古楽器で「ラナート」の国民的演奏家だった【ソーン】師の
伝記を、監督の【イッティストーン・ウィチャイラック】が独創的な
発想と構成を施し、調理仕上げたのが今作なのです。
全くもって、素晴らしいフィクションの秀作なのですな♪

恥かしながら「銀座テアトルシネマ」って始めて行った劇場。
劇場の造りそのものは比較的古い方なのかなぁ…???
でも、映像が流れれ出すや否や…愕然…ガッガーン!!!
なのでした…メチャメチャ映像が綺麗じゃありませんか☆

もう、この段階で地元のシネコンに「…」。
自分の置かれている実情を恨むばかり…なの…です…。

ラナート」って、所謂「木琴(鉄琴)」みたいなもの。
21〜22枚の木琴を舟型の共鳴箱の上に置き、叩いて音色を
出すんですよ。
それが、今まで耳にした木琴の音色とは明らかに違うのです!
なんともエスニックなんですな♪
これはかなり嵌る感じがしますです…。

この作品を一言で表すならば…
『至極の音(ね)に心現われ、音(おと)に心縋る』
ってな感じなのかなぁ?

昨今、色々なジャンルの映画を積極的に愛でるようになった、
今作は、今年の僕の「ベスト5」に入れてもいいくらい♪

話自体は至ってベタもの、構成は「過去」と「現在」を交錯させる
もので斬新さには欠けるが、たぶん「タイ」としては斬新!
そのギャップが個人的にはかなり逝ける!!

内容に関して多くを語りたいけど…
出来れば劇場に行って、ご自分の「目」で「耳」で「心」で感じて
ほしいなぁ〜♪

かなり泣けます(って、心でです。過去にも泣いた事なくて…)。

ラナート」と言う古楽器を題材にしてはいるものの、そこに絡む
様々な伏線…「音(ね)」…「己」…「戦争」…「恋」…「風」。

同じアジアとしては「韓流」より全然好きな部類。
登場人物が「嶋大輔」?や「マッハのお兄ちゃん」だったり…と、
多少滑稽な部分もありますが、根本的な「テーマ」がイイ!

地元でも、是非公開してほしいなぁ。。。

そんなこんなで、東京の懐の深さに…ちくしょーっ!な気分。
他、劇場にあったパンフの中からウムムな作品をご紹介♪

これベタですが…
ある少年』←カンヌのパルムドール作。「息子のまなざし」が
よかったなぁ。

中南米作がお気に…
イノセント・ボイス』←オスカー・トレス(脚本)の実体験を基に
した世界の悲しき実情…そんなリアルが心に沁みる。
僕と未来とブエノスアイレス』←「モーターサイクル〜」共同
制作のダニエル・ブルマンの監督作。南米のウッディ・アレン
って言葉がかなりそそる。

最近かなり嵌ってるドキュメンタリー…
ボブ・ディラン「ノー・ディレクション・ホーム」』←最近メッチャ
Docに積極的なマーティン・スコセッシ監督作。ディランが「E」。
ジョージ・マイケル〜素顔の告白〜』←来春の結婚(♂)が
話題の彼の素顔を覗いて見たぁ〜いのだ♪ナイーブな音楽
センスも絶品だし…ゲイって「凄い」。
グレート・ビギン』←人類のルーツって?自分の根源って??
それを知らずして何を求める…のか???

「ドキュメンタリー」って「リアルな現実」を見る者に委ねる…。
ってのが好きなんだよねぇ〜。
求めるものは十人十色で得るものも違う…でも、根底が一緒。
これって、とっても凄いことなのだぁ!

最後に、今週は地元の単館で観ますよぅ〜☆
エイリアンVSバネッサ・パラディ』←ガハハ。
これって、メッチャB級臭がプンプンで劇場で楽しむためにある
映画なのだぁハハ♪
だって…DVDじゃ絶対NGだもんね!


青字をクリックすると関連頁へジャンプするのでお試しあれぇ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
テレビ・メディア
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ポジティブレビュー〕
2005/12/05 22:10
風の前奏曲
タイ 106分 監督:イッティスーントーン・ウィチャイラック 出演:アドゥン・ドゥンヤラット     アヌチット・サパンポン     アラティー・タンマハープラーン     ナロンリット・トーサガー ...続きを見る
Saturday In The Park
2005/12/05 23:55
タイ映画「風の前奏曲」感想募集
 やっと公開されたので、ネタバレも含め感想をぜひ掲示板にお待ちしています。役者さんのこと、ラナートのこと、タイという国について.....なんでも結構です。いろいろお話しましょう! ...続きを見る
白田麻子のアジアな毎日  Asia En...
2005/12/06 01:00
風の前奏曲
音楽の奇跡に出会える、今年のマイベストスクリーンにて超プッシュ! 個人的タイトルは、『疾風怒濤のリズム』! タイ発音楽バトル・エンターテインメントに脱帽してください。 ...続きを見る
エンタメ!ブレイク?
2005/12/06 04:00
見どころは演奏バトル?! タイ映画『風の前奏曲』
 『風の前奏曲』は、タイの伝統楽器ラナート(木琴に似た楽器)の奏者、ソーン師の物語で、映画は、自惚れと挫折の中から新しい演奏法を編み出すソーン師の苦悩の青年時代と、第二次世界大戦下で、民族楽器が劣ったものとして演奏に制約が加えられていった「ラナート苦難の時代」を対比的に描いていきます。  ラナートとソーン師にスポットライトを当てた本作は、タイの伝統文化の見直しというメッセージ性もあって、2004年にタイで公開されて国民的ヒット作になったほか、タイ・アカデミー賞の主要7部門を受賞したそうで... ...続きを見る
海から始まる!?
2005/12/15 11:07
風の前奏曲@銀座テアトルシネマ:サービスデー午後
今日(12/14Wed)、実は映画を見る前、私はちょっと不機嫌だった。 でも映画を見終わったとき、私の気持ちは洗われていて、サラサラと流れる小川のような心持ちになっていた。 私の映画歴が浅いというせいもあるだろうが、私は初めて気持ちの浄化作用&amp;#63903;がある映画.. ...続きを見る
KINGDOM OF KATHARINE
2005/12/15 16:24
風の前奏曲@銀座テアトルシネマ:サービスデー午後
今日(12/14Wed)、実は映画を見る前、私はちょっと不機嫌だった。 でも映画を見終わったとき、私の気持ちは洗われていて、サラサラと流れる小川のような心持ちになっていた。 私の映画歴が浅いというせいもあるだろうが、私は初めて気持ちの浄化作用&amp;#63903;がある映画.. ...続きを見る
KINGDOM OF KATHARINE
2005/12/15 16:45
風の前奏曲
昨日の1本は「風の前奏曲」 19世紀末から、第二次世界大戦の混乱期を生きた、ラナ ...続きを見る
HIROMIC WORLD
2005/12/16 21:10
風の前奏曲:闘い続けた男の物語
★監督:イッティスーントーン・ウィチャイラック(2004年 タイ作品)京都シネマにて鑑賞。今日がこのシアターでの上映最終日。あれよあれよという間に客席は全部埋まってしまいました。タイの映画を観るのはこれが初めてです。ガムランなどのインドネシア音楽のCD.... ...続きを見る
朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」
2005/12/23 21:51
風の前奏曲(2004タイ)
風の前奏曲 クリスマス3連休は先着30名に「タイ・ミュージック・ドール」がもらえるんだってよ、という友人に誘われて朝1の回へ。昨日はホームパーティーだったので起きる自信がなかったのですが、幸いにも(?)胃腸を壊していたため飲み食いできず、今日は無事映画に行ってきました。 ...続きを見る
WAKOの日常
2005/12/25 21:54
『風の前奏曲』をタイ験する!タイ5日間の旅!! 詳細出ました!!!/東京上映は13日(金)まで
 去年末から“早く教えて!”と電話で催促していたツアーの詳細が確定しました。パンフレットも郵送してもらったのですが、取り急ぎFaxも、もらいました。 ...続きを見る
白田麻子のアジアな毎日  Asia En...
2006/01/06 22:01
★風の前奏曲(2回目)@銀座テアトルシネマ:サービスデー午後
去年、私が“最も見て良かった映画”に選んだタイ映画『風の前奏曲』の上映が今週いっぱいということで今日、再度、銀座まで足を運んだ。 1回目鑑賞のレビュー ...続きを見る
映画とアートで☆ひとやすみひと休み
2006/01/12 18:50
風の前奏曲
「風の前奏曲」★★★★★ (盛岡フォーラム2)2004年タイ ...続きを見る
いつか深夜特急に乗って
2006/06/28 05:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。ラナートの演奏、本当に良かったですね。魅了されました。
アズリマワル
2005/12/06 13:18
別のですが、TBありがとうございます。
すごくたくさん、しかもジャンルも広くご覧になってるんですね〜
またお邪魔させて下さい。
駒吉
2005/12/06 16:35
アズリマワルさん。
TB&コメントありがとうございます。
演奏のシーンの圧倒的な迫力♪にその音色がとっても美しくって…。
タイの懐の深さを感じてしまいました。
では、また遊びに来て下さいね。

駒吉さん。
TB&コメントありがとうございます!
こちらからのコメントが遅れてスミマセンm(__)m
映画も音楽もオールラウンドで愛でております。
巷では「八方美人」と言うのかも…???
では、また遊びに来て下さいね。
こちらからも伺わせてもらいますぅ♪
purple in sato
2005/12/09 22:31
TBありがとうございました。
ミニシアター系の作品は、上映館が少ないので、せっかく良い作品でも、多くの人に観てもらえないのが残念です。
あの映像と音は、やはりレンタルビデオではなく、劇場で堪能して欲しいですね。
「銀座テアトルシネマ」にも、また是非足を運んでください。(って劇場の回し者ではないのですが、結構良い作品を上映しているので、つい・・・。)
HIROMIC WORLD
2005/12/16 21:16
HOROMIC WORLDさん。
TB&コメントありがとうございました。
「銀座テアトルシネマ」よかったです!
勿論、本作もですが!!
レンタルでは味わえない感動を沢山の人に味わって欲しいですね。
上京の際には、また良作を物色してから行きますね♪

では、また遊びに来て下さい。
purple in sato
2005/12/18 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN×4 1/2 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる