Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN the Academy Special … 『そして、一粒のひかり』

<<   作成日時 : 2006/02/05 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 6

FUN the Sunnyday

「小さな鼓動に、明日の光をみる」

2/4(日) … vol.2
■「そして、一粒のひかり(原題:Maria full of grace
/ based on 1,000 true stories-)」

画像う〜ん、本作は昨年度の「アカデミー賞」で主演女優賞に
主役の【カタリーナ・サンディノ・モレノ】がノミネートされた
ことで、ここ日本では有名(?)になった作品なのでしょう。

南米はコロンビアを舞台とした本作。外国語作品としては、
コロンビア初の快挙となったのです。うんうん

しかしながら、公開に至ったのが、東京で昨年秋(10月)〜
を皮切りとして順次公開になっているようですね。
ここ地元では、先週からの公開となり、やっとこさ愛でたの
ですなぁハハ。

【カタリーノ】演じる17歳の少女「マリア」は、母親・姉親子を
支えるために花農園での労働に努める。
そんなマリアは日々の平凡な暮らしに、行く先を見失い始め
ていた…。青々とした空に憧れをみながら…

17歳の「マリア」にとって突きつけられた現実は耐えることの
出来ない屈辱の毎日…
母親や姉、そしてボーイフレンドとの関係にも愛情はなく、
毎日が有触れた日常でしかない。
「マリア」には、自分が与えて欲しいものは何一つ与えられず、
与え続けるだけの生活…。
しかし、そんな彼女にも唯一の授かりものがあった。
が、決して求めていたものではないのだが…

その後、マリアは麻薬の運び屋と言う「悪しき世界」へ足を踏み
込んでしまい迷走し始める…

南米(コロンビアに限らず)では、一般人が巨額の富を得るのは
皆無に等しいし、働くこと自体が困難なのが現実。
そんな社会では「薬」が手っ取り早い稼ぎ口なのも現実なのだ。

「薬」の行き着く先は、北米は「NY」などの大都市圏。

今日、「薬」を犬の「胃の中」に隠して運び出そうとしたバイヤーが
逮捕された報道をみた…。
あまりにもタイムリーな現実を目の当たりにすることになる。

そう、マリアたち「運び屋」は自分の「胃の中」に隠して税関をすり
抜ける。が、時に見つかってしまうこともある。

監督の【ジョシュア・マーストン(アメリカ人です)】は、そんな現実を
紙面でみて衝撃を受け、本作の脚本に取り掛かったそうだ。
その後、自ら取材を続け様々な視点から検証し、証言を集めた。
結果が本作になったのだ!

注目したいのは「ドン・フェルナンド」を演じる【オーランド・トーボン】。
彼はNYの旅行代理店で実際に働き、コロンビア人の救済に大きく
貢献している人物だそうな。

彼女は、無数の粒(薬)を飲み込んでは「悪」を運んだ…
それは、携わった人々を不幸へと追い込んでいく。
が、「一粒のひかり」は、彼女を影で支え救ってきたのだ…

ラストで「マリア」は…大切な贈り物が、自分の中に宿っている事に
気付き、初めて与えられた歓びを感じる。
そして、新たなる道へと一歩を踏み出すのだった…

いやぁ〜「マリア」を演じた【カタリーノ】はホント凄かったなぁ〜。
序盤はピリピリといきり立つような厳しい表情だったのに、時が経つに
つれ表情が柔らかくなってくる。
それって、やっぱり「宿った命」がマリアを女性として変えている。
ってなことだったのだろうか…?
中盤から終盤にかけてがドンドン魅力が増していくんですよねぇ〜。
ラストで決意と共にみせる表情は「女性」として凛とした姿でした。

オスカーは逃しても、これからの彼女には要チェックですよ。ハイ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「そして、ひと粒のひかり」
「そして、ひと粒のひかり」 製作:2004年、アメリカ=コロンビア MARIA ...続きを見る
映画通の部屋
2006/02/06 19:30
「そして、ひと粒のひかり」
シネアミューズにて「そして、ひと粒のひかり」鑑賞。 原題「MARIA FULL OF GRACE」Based on 1,000 true stories. 世界中の女性達に捧げる“21世紀のマリア”真実の物語。 試写会に当選したものの阪神優勝のXデーと重なってしまった為に観られず、という記事を読んでいた友.. ...続きを見る
試写会帰りに
2006/02/07 01:39
そして、ひと粒のひかり
コロンビアの田舎町に住むマリアは、17歳にして、家族の経済を担う貴重な働き手。しかし、家族との衝突が絶えず、恋人との関係にも満足できず、職場でも上司と上手くいかず、不満を抱えた生活をしています。ある日、愛情を持てずにいる彼氏との子を妊娠していることに気付きます。 ...続きを見る
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て......
2006/02/07 03:41
『そして、ひと粒のひかり』〜Duty than Hope〜
『そして、ひと粒のひかり』公式サイト 監督:ジョシュア・マーストン出演:カタリーナ・サンディノ・モレノほか &nbsp; 【あらすじ】(goo映画より)17歳のマリアは生花を商品にするための加工作業をしている。乳児を抱える姉をはじめ、女ばかりの家族はマリアの収入を当... ...続きを見る
Swing des Spoutniks
2006/02/07 08:51
「そして、ひと粒のひかり」
[:映画:] 「そして、ひと粒のひかり」 ...続きを見る
That's the Way Life ...
2006/02/07 12:30
『そして、ひと粒のひかり』
マリアに祈りを捧げたくなるほどにステキな作品。 真実が詰め込まれた誠実さに心打たれる。 スリルある展開に釘付けになった後、やわらかな感動に包まれて。 ...続きを見る
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ...
2006/02/07 12:37
■そして、ひと粒のひかり Maria Full of Grace
■Maria Full of Grace そして、ひと粒のひかり ●アカデミー賞ノミネートが発表され、主演女優賞に、Catalina Sandino Moreno=カタリーナ・サンディーノ・モレノ、彼女の名が挙がった。 以前から話題にはなっていたものの、ベルリンでの受賞もあったし、と思っていたがこ ...続きを見る
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIA...
2006/02/07 13:15
明るい未来を示唆するタイトル◆『そして、ひと粒のひかり』
12月2日(金)名演小劇場にて ...続きを見る
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなも...
2006/02/07 19:21
そして、ひと粒のひかり:これから本当の私がはじまる シネ・アミューズ
私はマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)。コロンビアの田舎に住む17歳だ。 私の仕事はバラ農園で茎のトゲをとること。労働はきつくトイレにも自由に生かせてくれない。今日、主任とけんかして仕事をやめてしまった。 家に帰ると姉の子供が病気で薬代がいるという.. ...続きを見る
気ままに映画日記☆
2006/02/07 19:33
そして、ひと粒のひかり
本日の1本は「そして、ひと粒のひかり」 南米コロンビアとニューヨークを舞台に麻薬 ...続きを見る
HIROMIC WORLD
2006/02/07 21:30
[ そして、ひと粒のひかり ]17歳の自分をふと思う
[ そして、ひと粒のひかり ]。「サンダンス国際映画 祭 観客賞」など世界24部門で数々の賞を受賞。 この映画も、少女が主人公。 南米コロンビアに田舎に祖母、母、姉そして姉の乳飲み児の 5人で住む17歳のマリア。マリアは家計を支えるためにバラ 園での労働を余儀なくされている。それでいて、たえず家族 とは衝突している。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2006/02/07 23:31
『そして、ひと粒のひかり』レビュー/麻薬と赤ちゃん
スペイン映画に詳しく、私と映画の嗜好が似ている友人から、「アカデミー主演女優賞に無名ながらノミネートされた、コロンビアの女優の映画が公開されたよ」と、本作『そして、ひと粒のひかり』のことを聞いて、渋谷の劇場に行ってみた。 (これ、スペイン映画ではないけど、コロンビアが舞台なので、スペイン語映画) ...続きを見る
西欧かぶれのエンタメ日記
2006/02/08 00:56
そして、ひと粒のひかり
本年度アカデミー賞 主演女優賞ノミネート ベルリン国際映画祭 主演女優賞 新人監督賞 サンダンス国際映画祭 観客賞・・・・etc 多数受賞 という割りに、地味〜に上映されているのが残念なこの一作。 私は、カタリーナ・サンディノ・モレノがオスカーにノミネートされたときに観たいと思って待っていた一作。 コロンビア=アメリカ合作映画とはいうけれど、全編スペイン語なので、ほぼ、コロンビア映画。 コロンビア ...続きを見る
toe@cinematiclife
2006/02/09 01:48
「そして、ひと粒のひかり」
「そして、ひと粒のひかり」を観ました。 ...続きを見る
るるる的雑記帳
2006/02/11 16:28
そして、ひと粒のひかり(DVD)
運命はわたしが決めるのを待っている。 CAST:カタリーナ・サンディノ・モレノ/イェニー・パオラ・ヴェガ/ジョン・アレックス・トロ 他 ■アメリカ/コロンビア産 101分 ...続きを見る
ひるめし。
2006/07/10 21:07
そして、ひと粒のひかり
ご無沙汰しております。 8月中は、とある事情の為にブログ更新はおろか、コメント&トラバ返しも遅れるかと思われます。 ホント申し訳ないです。 今、ある事にハマっておりまして、寝る間も惜しんでそれをしてるんです。 9月に入ったら、きっと落ち着くのではない... ...続きを見る
39☆SMASH
2006/08/19 06:22
「そして、ひと粒のひかり」
2004年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされてた作品。 主演はコロンビア出身のカタリーナ・サンディノ・モレノ。 なんか、麻薬の運び屋の話で、きな臭いけど・・・ そういえば最近、前コロンビア大使の長男が殺人事件の指名手配されてたね・・・ まッ・・この映画には関係ないけど・・・ ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2006/10/02 02:55
映画『そして、ひと粒のひかり』
原題:Maria Full of Grace ひと粒どころではない、24時間絶食して大きめの繭ほどの麻薬の詰まったゴム袋を50粒以上飲みこんでコロンビアからニューヨーク・・少女の成長の物語 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/10/08 02:14
そして、ひと粒のひかり
年末からラテンの世界にはまっている。 ガキの頃から音楽といえば、寒い国。NY最高... ...続きを見る
DJアンアンのアンチエイジング日記
2007/01/23 12:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
TB&コメントありがとうございました。
ご覧になりましたかぁ!お待ちしてましたぁ。
>時が経つにつれ表情が柔らかくなってくる。
それって、やっぱり「宿った命」がマリアを女性として変えている。
上手い事言いますね。詩人ですね。素敵な表現だと思います。
ところで、ブログのタイトルの風景写真はどこのものでしょ?スイス?去年旅行してきたので、勝手にスイスだと決めつけて、一人で興奮しておりました。
隣の評論家
2006/02/06 19:33
隣の評論家さん、こんばんはぁ。

いやはやホントお待たせしちゃってました。
本作は考えさせるだけじゃなく、希望を与えて
くれた作品として評価したいですよね!

ブログの壁紙(写真)は…実は、ランダムになっておりましてわかりまへん。スミマセン
スイスと言えばスイスのようだし…カナダのような気もするし…うむむ。きっとスイスです!絶対!!
昨年、旅行で行かれたんですか?いいなぁ〜
NYなんかもいいんだろうけど、よりナチュラルな
自然に抱かれてみたいなぁ〜
心の洗濯をして生まれ変わってみたいよぅぅぅ
虚しい現実に日々あくせくなsatoでした。。。

では、また遊んで下さいねぇ♪
purple in sato
2006/02/07 00:26
一度観たのに、また映画館で上映されることになりました。
マリアの表情の流れをもう一度確認したくなってきたなぁ〜
kossy
2006/02/07 00:58
カタリーナ・サンディノ・モレノはすばらしかったですよねぇ。
南米や移民について考える監督の真摯な視点にも感動しました。
かえる
2006/02/07 12:38
TBありがとうございました。
多くの人達を取材し、丁寧に作り上げた作品で
しかも実在の人物ご本人が登場するなど、
底力を感じる作品でしたね。
マリアの最後の表情は、まさに「母親」
の表情だったと思います。
HIROMIC WORLD
2006/02/07 21:39
TBありがとうございました。
マリアのあの笑顔は今でも思い出せます…。とても印象的でした。そして、薬の粒が思ったよりも大きくて、巨峰を飲み込むシーンは、こちらのノドがつまりそうでしたよ…。
chatelaine
2006/02/08 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN the Academy Special … 『そして、一粒のひかり』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる