Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『サテンドール2000ライブ』

<<   作成日時 : 2006/03/13 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

around the music

「心の浄化…そして清々しく明日への活力と変わる♪」


3/13(月)
■英珠ライブレポート in 仙台(3/11・土曜)

予てから一度は直に、この目で!この耳で!そしてこの身体で!
感じてみかったひとつに【英珠】のライブがあった。
その情報を知ったのが、昨年の12月のこと…
日程的には、翌年の3月に吉祥寺で行われるライブが適当ぅ。

さて、地方に居ながらどうやって予約とするべかなぁ?

取り敢えず、メールしてみるかいな!ってな、単純明快なノリで
レーベル会社の【トエラ】へ連絡。

すると、早速のお返事があるじゃ〜ありませんかぁ!!

その後、数回のやり取りを経て東京でのライブを予約することに。
それから数日が過ぎた、ある日の事…

トエラの【岸さん(たぶん社長さん?)】からメールが!?
うむ、どうしたんだぁ???っと、一寸心配に…
なんて心配は要らぬことで、メールの内容はと言うと…

「吉祥寺でのライブ一週間前に仙台でのライブが決まったので
ご都合如何でキャンセルしても構いませんよ。」と、なんともねぇ。
お優しい配慮の言葉じゃありませんかぁ!!

それも、一般へのアナウンス前に教えてくれたんですよ。

いやぁ〜、なんて気が利く&心配りがある方なのでせう。
そんな言葉をかけられて、「それじゃ仙台で」なんてちゃちな事
言うわけありませんよ。
即「勿論!どちらも行きます!!」とお返事したのは言う間でも
ありませんでした…ハハ

そんな色々な思いを胸に、ドキバクで当日を迎えることとなった
のですぅ♪

今回の仙台でのライブは…
英珠(vo)と永田雅代(p,el-p)のデュオによるもの。
通常のフルバンドだと+(b)(ds)のボーカル&トリオによる編成。

「デュオ」でのライブってのも、そうやって考えてみると意外にレア
に思えてきて、興奮指数も鰻上り↑

予定の開場時間よりも早めに到着。

会場は、時間が経つにつれワサワサと賑わいだし、気付けば…
ほぉ〜、超満席&立ち見まで出る始末。ビックリ!!

こじんまりとしたステージへ上がった二人。

照明はステージを残し、薄暗闇に包まれ、ゆ〜っくりゆ〜っくりと
時間は流れ始める…

ステージに上がった【英珠】は写真よりも数段も可愛らしく、とても
愛らしいのに再びビックリ!!

彼女の魅力って一番には「声」にあるんじゃないのかなぁ。
見た目、とっても小さくて線が細い、けど一度声を発した途端…
ステージの彼女がとても大きく見えてくるから、あら不思議。

ここ最近の癒し系アーティストって、どれもこれも同じなんだよね。
悪くないけど、それ以上は入り込んでこない。何故?
上辺をさらりと流してる感じがするんだよなぁ。
だから、どれも同じにしか聴こえてこなくなっちゃう…ふむ

じゃあ、彼女のはどうなの?

【英珠】の声には説得力がある!
とっても優しくって耳障りが心地好い。だけじゃなく、身体の芯に
ジワァ〜と沁みてくる。
効能のある温泉に浸かってるような感じ。とでも言うのかな?

目を閉じて、彼女の声に耳を傾けると…
目の前にミストのような何かが拡がって、全身を柔らかく包み込ん
でくれるような感覚に陥る。

次の瞬間…心の奥底にあった、何かがズンッと押し出されてきて
言葉では言い表しようのない感動で身体が震えだしちゃう。

彼女の声しか聴こえなくなっちゃうんですよ。不思議だけど…マジ

それも、良きパートナーである【永田雅代】のサポートがあってこそ
なのも忘れちゃいけないんだなぁ♪

彼女のピアノは女性特有の優しさにアグレッシブさがプラス、且つ
一本筋がスッと通った気持ちの良い音を奏でる。
【英珠】と【永田】のデュオは気心の知れた(?)二人だからこその、
調和があり、正に同調してお互いに反響しあっているかのようでも
あったりするのだぁ。うんうん

全編通して、久々に身体が震えたライブだったなぁ♪


さてと、それではライブ当日の曲を以下にご紹介。

画像【1st set】
1 Every breath you take(邦題:見つめていたい)
※言わずと知れた「ポリス」の名曲。
2 Raindrops falling on my head(邦題: 雨にぬれても)
※B・バカラックのナンバーでBill Withers が好サポート。
 映画「明日に向かって撃て」で有名な曲ですね。
3 Bridges
※ブラジルのゴッド。敬愛して止まない「M・ナシメント」の名曲。
故「リバー・フェニックス」の最後の恋人なのは密かに有名(?)
4 If I Ever Lose This Heaven
※BlackMusic界の首領、QJ の曲
5 Call Me
※「ブロンディ」のヒット曲であり、映画「アメリカン・ジゴロ」挿入歌
として有名ですな。
6 Moon dance
※う〜ん、渋い、、、V・モリソンのGood mumber♪
アルバム未収録
7 Have you ever seen the rain(邦題:雨をみたかい)
※CCRによる、これまた超が付く名曲。

画像【2nd set】
1 Kid(邦題:いとしのキッズ)
※UKロックのプリテンダーズ1stでの佳曲。
2 Going Out Of My Head
※新譜がヒット中のセルメン・ナンバー。
3 Both Sides,Now(邦題:青春の光と影)
※同名タイトルの映画に使われた「J・ミッチェル」の傑作。
「ラブ・アクチュアリー」でも使われてましたねぇ。
4 Private eyes
※Blue eyed soul な「ホール&オーツ」の佳曲。
5 Blues medley
6 Take me to the river
※「トーキング・ヘッド」のカバーが有名(?)なファンク・ナンバー。
7 Starting Over
※「J・レノン」復帰第一作にして遺作となった悲しき名曲。
犯人のオズワルドを題材とした映画「Chapter27」公開が話題に
なりそうな…

【encore】
1 Desperado(邦題:ならず者)
※「イーグルス」の不朽の名作。数々のアーティストにカバーされ
ているEverGreenな曲。
「イン・アメリカ」のシーンではかなり泣けます…


どの曲も、オリジナルからよくと知っている名曲ばかり。
ではあるのに、何故かとっても新鮮。フレッシュなのだぁ〜☆

最後に、この日のベストナンバーを敢えて3曲あげるとすると…

            『Bridge
          『Moon dance
       『Take me to the river

ですかねぇ…勿論。他のどの曲も最高によかったのでぇ〜す♪

最後のサイン&握手会で【英珠】【永田】両名&忘れちゃいけない
【岸さん】に再会を約束ぅ。
その帰る道すがらに、美味いワインを飲めるお店にご厄介になった
のは通例だったりするのです…ふふふ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/03/13 23:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
purple in satoさん、こんにちは。
仙台のライブはなかなかよかったようですね。
僕は先日の吉祥寺に言ってきました。
もしかしたら、一緒だったかもしれませんね。
手頃な大きさのハコで、彼女の歌声をじっくり聞けてよかったです。
MCも前回の南青山のときより、ちょっとだけ上手になってました。(^_^;)
ただ、右前の席だったのでちょっとドラムの音が大き過ぎて...いや、それが彼のスタイルなんだろうけど。
その分、ピアノとのデュオはとっても素敵でした。
あ〜る
2006/03/21 14:13
あ〜るさん、こんばんはぁ。
っと、仙台での「英珠ライブ」はヨカッタっす♪
でもでも、吉祥寺「MANDALA2ライブ」。一緒にあの場におりましたぁハハ♪
いらしてたんですねぇ!ビックリ!!
知っていればなぁ…悔やまれます…うむむ
それも右前だったとは…実は最前列にて騒いでおりました…スミマヘンm(__)m
今回のライブでの「英珠」は仙台の時よりもリラックスしてて、声がとっても伸びやかで比でありませんでしたよ♪
あぁ〜、しかし知っていればなぁ…ご挨拶できたのに…残念ですよ。ホント!
次回は是非ともご一緒したいものです。
purple in sato
2006/03/21 21:42
最前列って、右側の4人で来ていた方ですか。
僕は前から二列目の右端にいました。
もしかしたら、僕はpurple in satoさんの
真後ろだったのかもしれませんね。(偶然!)
目の前にノリノリの人がいるなぁって
ちょっと思ってました。(^_^;)
実は当日まで行こうか決めていなかったので、
次回は是非、ご挨拶させてください。
ではまた。
あ〜る
2006/03/23 00:54
思い出しました・・・。“Every breath you take” はPuff Daddyによって97年“I'll be missing you"という曲にリメイクされてたんです。このとき18歳だった私はこれが大好きで、この曲は"I'll be..."という曲名だとあの英珠ライブの時まで思ってたのですよ。。。聞いてなかったら聞いてみてね(^^)
MOMO
2006/03/23 01:03
■あ〜るさん、どうもでぇ〜す♪
おぉ〜おぉ〜、マジっすかぁ???
真後ろにいらっしゃったのですね!!
いやはや、喧しくてスミマセンでしたm(__)m(__)m(__)m
当日は、近郊の友人と集いワイワイしてしまいましたぁハハ
でも、あ〜るさんの前だったなんて…
薄っすらお顔を拝見したような?でも、覚えてないんです…残念!
次回はこちらこそ是非是非です。

■MOMOさん、思い出したかい!?
Puff daddyかぁ!たぶん聴いたことあるある。
探せば我家にありそうな…たぶん?(ちなみにサンプリングって言うんだよ!)
でも、オリジナルは「ポリス(スティング作)」だよ!(←しつこいな…ゴメン)
こちらも聴いてみてぇ♪

purple in sato
2006/03/24 00:00
ちょっと専門的に言えばそうですね(^^)でも一般的に言うときはRemakeで十分ですよ!People誌のreviewにも"I'll Be Missing You," a rap remake of the Police's "Every Breath You Take," とあるくらいなのでね♪言語に関わる仕事は、specialists向けに書くときはきちんと専門用語を用い、一般向けの時は一般的に理解される言葉を選ぶという使い分けが要求されるので、逆にPrivateでは自分の感覚にあった言葉を素直に使いたいたくなるんですよ。ご理解よろしくデス♪
MOMO
2006/03/24 20:46
■MOMOさん、こんばんはぁ。
ハイ、よくとわかりましたです!
あまり難しい事はわかんないけど…テヘヘ
ではでは。
purple in sato
2006/03/26 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『サテンドール2000ライブ』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる