Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『Dear Wendy』 & 『Exils』

<<   作成日時 : 2006/03/05 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

FUN the Sunnyday

「○●●○」→「○○○○」

3/5(日)
■昨晩の消化不良も何処吹く風で、今朝はスッキリな
目覚めだったのでしたぁハハ。
「早起きは三文の得」を、まんま実行して更にスッキリ
するべく散髪へゴー。

今月中旬の上京を焦点にし、取り敢えずは見た目だけ
でも小ザッパリさせとかないと…なのだな。ふむ

本日のお題は、先日から固く心に決めていた…
「愛より強い旅」を愛でる日なのでしたぁハハ〜ン☆

金曜の夜に「ディア・ウェンディ」を愛でて、気分はルンッ
だったのに、昨夜で台無しになってしまい…ズ〜ン
これで、昨日の貸しを取り戻せるか?否か?だったり
するのでござりました。


3/3(金)
■『ディア・ウェンディ(原題:Dear Wendy /
 2005 デンマーク・独・仏・英)』←これ○ね!

画像「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」の監督、ラース・
フォン・トリアーの脚本、「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル
主演と言うことで話題なった(?)作品。
監督は「ドグマ95」の盟友トマス・ヴィンターベアなのだぁ。

【トリアー】脚本と言うだけで俄然勢いづく方も多いのでは?
「奇跡の海」での、かなり独特な世界観で有名(?)になった
んですよね。

いやぁ〜、この映画かなり好きっす!うんうん。
【トリアー】の描くアメリカが、ここにも存在したのです。
「ドッグヴィル」がアメリカ3部作の1部で「マンダレイ」がその2部
になるそうだが。
本作は「別冊」ってな感じなのかもしれまへん!ハイ

構成や視点がどことなく「ドッグヴィル」に似てる(ような)。
「それってどこよ!?」「どの辺がよ!?」
え〜っと、それは町を平面的に配置しているところかなぁ?

アメリカの銃社会へ対する警鐘なのか?
それとも、それを嘲笑う挑発なのか?

何れにせよ、主人公のディック(ジェイミー・ベル)は「ウェンディ」に
恋をしてしまったのだ。その想いは胸を焼き尽くすかの如く熱い。
そして、ディックの行く末は…
愛するものからの最高の贈り物となり、彼のハートをズキューンと
射止めたのですなぁ…はははぁ

なんとも、シュールでござります。ある意味、怖くて鳥肌がたつ…

全編を通して、スタイリッシュにテンポ良く展開する物語は観てて
飽きると言うことが全くない。
むしろ、グイグイ引き込まれちゃうくらい。

おそらく【トリアー】の才能が【ヴィンターベア】を見事なまでに開花
させたのだろう。
今後の活躍に期待したいものですな。ふむふむ

画像そうそう、それから音楽もめちゃめちゃいいねぇ〜♪
UKの伝説的バンド「ゾンビーズ」を全面的にピックアップ!
シュールで独自のルーズ感を大きく助長しております。
でも、アメリカなのに何故にUKなのか???
ラストで流れる「ドボルザーク」も劇的でよかったのだぁ!!




3/5(日)
■『愛より強い旅(原題:Exils / 2004 仏)』←これも勿○!

画像「ベンゴ」「僕のスウィング」等々ジプシーものを描いたら天下一品
な【トニー・ガトリフ】監督の最新作。

【ガトリフ】監督自らが、少年時代に祖国を離れフランスへ渡った
自伝的要素を取り上げたとの事。
主人公ザノ(ロマン・デュリス)と、彼女のナイマ(ルブナ・アザバル)
が、ザノの祖国アルジェリアを目指して旅するロード・ムービー。

これがまた、音楽が飛び抜けてカッコイイのです♪
一般受けするような音楽ではないと思われるのです…がイイ!
マジでトランスしちゃって、頭の天辺から打っ飛んじゃうくらいイイ!!

実は、サントラを先行して購入しておりまして…
既にた〜んまりと愛でておった次第。でもね、サントラを聴いてても
映画のイメージが全くもって浮かんでこなかった…正直に申します。

しかーし!今日で、そのモヤモヤともおさらばっすぅフフ
今まで以上に、このサントラが好きになっちゃいましたよぉホホ

「おいおい、また内容はなしかい…」っと、聞こえてきそう…

う〜ん、勿論!作品そのものも良かったのは言う間でもありません。
【デュリス】の真骨頂のような役どころが、なんとも絶品☆
【アザバル】嬢の打っ飛び加減な演技にも目が離せないっすよ。

はっきり言って、本作は非常に濃いです!

その濃さは、【ガトリフ】監督の他作品をご覧になればお分かりに
なっていただけるかと(?)思いますです。
個人的にはツボにストンッとスライダーでストライクっすぅ〜☆

どのシーンも、その濃厚さの連続で頭の中から離れません…
そいでもって音楽で更にトリップ出来ちゃう♪
う〜ん、何と至極の作品なのでせう…超・し・あ・わ・へ・ぇ・

是非とも、この濃さをご堪能していただきたいのでしたぁハハ


P・S
今回のタイトルですが…
○は、今回のお題2本ですね!●は、昨日観た2本なのです。
「オセロ(お笑いじゃなくってゲームっす)」を思い出して下さい…
昨日までは●が2でした…が、本日見事に大逆転なのでしたぁ☆

要は、結果オーライにて月曜を迎えられそうでHappy♪
なんちゃって(←あぁ〜、古ぅ)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/03/05 23:54
銃社会への皮肉
202「ディア・ウェンディ」(デンマーク)  ラース・フォン・トリアー脚本、「デス・フロント」のジェイミー・ベル主演の青春劇。「リトル・ダンサー」も「ダンサー・イン・ザ・ダーク」も観ていないが、興味ある内容だったので観ることにした。  アメリカのある炭鉱町。坑夫として生きることが男の証だと目されている町で、ディックは環境に馴染めないでいた。ある日玩具屋で小ぶりの美しい銃と出逢う。最初は玩具だと思っていたディックだが、銃の愛好者で同じスーパーマーケットに勤めるスティービーからその銃が本物... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/03/07 02:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜コメントありがとうございます。
結構怖い内容ですが、言われたとおり笑いもあってなかなかの一作でした。
「マンダレイ」悩んでるんですよね。「ドッグヴィル」観ていないし、ビデオ観るにしても3時間だし。「ドッグヴィル」どこかで上映しないかな? 映画館だと3時間も問題ないんですが・・
即「マンダレイ」でも大丈夫かなぁ・・?
CINECHAN
2006/03/08 02:23
CINECHANさん、こちらにもありがとうです☆
「マンダレイ」。気になりますよね!!
「ドッグヴィル」に続く。ってな感じらしく、出来ればご鑑賞をオススメしておきますです。
予習しておくと倍増(?)らしいですよん♪
でも、確かに自宅で3時間はキツイっすよ…ふわぁ
自分だったら爆睡モードに入っちゃう…爆汗
意外に「即」でも大丈夫かも?
後に復讐じゃなくて…復習ではいかがですかぁ?
こちらでの公開はいつもの如く、今しばらく待ちの状態なのです…トホホ
purple in sato
2006/03/08 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『Dear Wendy』 & 『Exils』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる