Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『ブロークバック・マウンテン』

<<   作成日時 : 2006/04/01 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 5

cinema de refresh

「堪えきれぬ想いに、心は砕ける…」

4/1(土)鑑賞
■これまた、先日の「ルワンダ」に引き続きで、やっとこぉやっとこぉ
繰り出す事にしたのですなぁ。
あぁ〜、遅かりしぃぃぃ…なのかもしれまへん。ふぅ

今年度の「アカデミー賞」で【監督賞】【脚色賞】【楽曲賞】の3部門
受賞と輝かしい名誉を授かったのは記憶に新しいとこですな。

監督の【アン・リー】は、今回の受賞で「アジア」へ大きな遺産を残す
こととなった喜ばしき出来事でもあったのです。ハイ


画像ブロークバック・マウンテン(原題:Brokeback mountain/2005/米)』


1963年、アメリカ西部はワイオミング州ブロークバック・マウンテンにて
出合ったしまった「ジャック(ジェイク・ギレンホール)」と「イニス(ヒース・
レジャー
)」の二人。
彼らは、その土地では決して越えてはいけない線を越えてしまう経験を
することとなる…
それは、あまりにも儚く切ない抑えることの出来ぬ「秘密」へと変わる事
とも知らず…


この映画、「同性愛」を受け入れられるのか?によって評価が分かれる
ところなのかもしれませんね。
これは「アカデミー協会」での見解とは別問題として考えてだけど!

個人的には…

参りましたぁm(__)m(__)m(__)m
何も申す事が見つかりません!ただただ、絶品です!!

「同性愛」がどうの!とか言う以前の問題だと思ったりしました。
それと言うのも…
内容は確かに二人の「禁断の愛」が大きなテーマとしてあるのです。
が、そこに関わる人々の心理情景が実に細やかでいて繊細。
それは、二人の描き方にも大きく出ているんじゃないのかなぁ?


初めて交わりを持つところから、愛情へと変化する心の葛藤。

おそらくは「ジャック」は当初から男性に対する興味があったのだろう。
一方の「イニス」に関しては、最初は酒の勢いでの行為でしかなく、
その行為によって、知る余地のなかった「性」への目覚めがあった…

始めは、お互いに困惑し「過ち」であったことを悔いる。

が、そこに生まれた「秘密」に禁断の想いが生じ、踏み込んではいけ
ない場所へと一歩、また一歩と踏み込んでいく…

            そして訪れる「別れ」。

「別れ」は二人の距離を離すものではあっても、心の距離はより近く
へと移り変わってゆく…

あの時に齧ってしまった「禁断の実」は忘れるどころか、より大きな感
情へと膨張し、「蜜の味」となり、渇きを覚えていったのであろう…

時の流れとは残酷なもので、二人にも新たな時が廻る。

最初は、「イニス」に訪れることとなったのだ。
「アルマ(ミシェル・ウィリアムズ)」との結婚。そして彼女の出産。

次に「ジャック」にも訪れる事となる「ラリーン(アン・ハサウェイ)」との
出会い、そして結婚。出産。


             4年の月日が流れ…


再び、二人は出会い。お互いの抑えきれない想いをぶつけ合う。
しかし、そこには「あの時」にはなかった、お互いの生活の中にある
「犠牲」があることに気付く事は出来ずにいたのだった…

「ジャック」は性的に「イニス」を求め。
「イニス」は精神的に「ジャック」を求めた。

この二つの想いが決定的な相違へと発展する事となるの…

「ジャック」は…新たな自己を求めたが故に「」と化し。
「イニス」は…自身の想いを一途に貫いたが故に「」と化す。

何て、美しくも悲しい物語なのでしょうか…苦しすぎます…

この難しい役を二人の役者さんは、見事に演じきってくれている!
【ジェイク】の見つめる瞳が、男性の視線じゃなくなってるとこなんて
ゾクゾクしちゃうし、【ヒース】の直向な想いを言葉少なく表現する
ところなんて、胸がはち切れそうになる…

また、この二人だけではなく、そこに携わる「妻」や「子供」や「親」
「恋人」との触りが、どれもこれも脆く切ない…けど、温かかったり
で、じわりじわりと心の奥底から感情が湧き出てくる…
終いには止め処なく溢れ出し、毀れては流れ出す…どわぁ〜。

【アン・リー】監督は、やっぱアジアンな感性がある方なのでしょう!

グリーン・デスティニー」で魅せた繊細な「心の叫び」を本作でも
大いに感じ取る事が出来たのだぁ。うんうん

それに【グスターボ・サンタラオヤ】のスコアがメチャいい♪
このメインテーマが流れただけで心が抉られちゃう。
んで、「ここっ!」ってなタイミングで絶妙なスコアが沁み込むん
だよなぁ〜。正に琴線に触れるのですよ。ふむふむ

ってなことで、サントラもかなりオススメしておきますよん♪


この作品、今のところ「今年のNo.1」かもしれまへん…うむ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/04/02 03:18
ブロークバック・マウンテン
「ブロークバック・マウンテン」BROKEBACK MOUNTAIN / 製作:2 ...続きを見る
映画通の部屋
2006/04/02 10:26
■45号 ジェイク・ギレンホール インタビュー
3月1日発売の45号 アカデミー作品賞を逃したブロークバックマウンテンの主演男優。 出演する映画を決める際のポイントとは? ゲイに誘われたことのある団長は「キープの仕方」が知りたい!? 9分56秒 ...続きを見る
ビッグイシュー応援団(第二期)
2006/04/02 15:36
映画「ブロークバック・マウンテン」
原題:Brokeback Mountain アメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテンでの二人の男の運命的な出会いから20余年の友情を越えた禁断の愛の哀しい物語・・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/04/03 02:19
『ブロークバック・マウンテン』 2006・3・19に観ました
『ブロークバック・マウンテン』   公式HPはこちら ←クリック ...続きを見る
映画と秋葉原とネット小遣いと日記
2006/04/03 13:23
押さえきれない禁断の思いを抱えたまま・・
61「ブロークバック・マウンテン」(アメリカ)  ゴールデングローブを含め数々の賞を獲得し、作品賞は獲れなかったもののアカデミー賞ノミネート、監督賞他3部門で受賞した評判の高い作品。  1963年ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。仕事のなかったイニスとジャックは羊放牧の仕事を得、一夏を過ごすことになる。厳しい自然の中で互いを助け合い生活をしているうちに、深い心の絆が生まれる。そしてそれはやがて男同士の許されない関係へと変わっていく。  保守的な時代、二人は秘密を抱えたままそれ... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/04/04 01:35
「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る
「ブロークバック・マウンテン」★★★★ ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演 アン・リー監督、2005年アメリカ ...続きを見る
soramove
2006/04/04 22:46
ブロークバック・マウンテン
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/04/05 01:19
「ブロークバック・マウンテン」
公式サイト シネマイクスピアリ、公開5週目初回です。 シアター2(176席)、何時の間にか小さい劇場になっていました。 10人足らずでしたですよ・・・・・ ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2006/04/05 22:50
[ ブロークバック・マウンテン ]オトコの愛、オトンの愛
[ ブロークバック・マウンテン ]@渋谷で鑑賞。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2006/04/07 00:59
Brokeback Mountain(2005,U.S.)
Gay Movieなイメージばかりが先行してしまったこの映画。ぜんっぜん違うじゃないかよっ。 ブロークバック・マウンテン 1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たした2人の青年、イニス(Heath Ledger)とジャ.. ...続きを見る
The Final Frontier
2006/04/07 17:48
映画館「ブロークバック・マウンテン」
先週末から、地元のシネコンでも上映になったので観ることができました! ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/04/12 00:12
ブロークバック・マウンテン−(映画:今年50本目)−
監督:アン・リー 出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ ...続きを見る
デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイ...
2006/04/14 22:02
ブロークバック・マウンテン
ブロークバック・マウンテン 2006/03/04公開 ...続きを見る
お熱いのがお好き
2006/04/17 15:35
【洋画】ブロークバック・マウンテン
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない ...続きを見る
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/09/29 12:11
ブロークバック・マウンテン
オスカー確実と言われて、「クラッシュ 」にさらわれた作品。 「クラッシュ 」は好きな作品ではなかったので この作品を早く観たいと思ってました。 DVDで鑑賞。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2006/11/28 05:37
NO.179「ブロークバックマウンテン」(アメリカ/アン・リー監督)
都市で「ジェンダー革命」が進んでいたときも、 西部では秘匿された「対幻想」としてあった。 ...続きを見る
サーカスな日々
2006/12/11 10:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたお邪魔します。こちらもコメントありがとうございます。
正直観る前はやや抵抗感はありましたが、それもすっかり消え去るいい映画でした。相手が男であることを考えても、二人の思いは充分に共感できました。ヒースの主演は相手が相手だけに難しかったでしょうけど、ジェイクは獲っても良かったのでは?

15日上京ですか? 私もその日は出社! なんです。またの機会をお待ちいたします。
CINECHAN
2006/04/04 01:42
何度も失礼いたします!
うわああ!嬉しい嬉しい嬉しい×1000!パープリンさんがこの作品を高評価してくれたのがホントに嬉しい!
睦月の中でもこの映画は今年のベストです。
たくさんのことを感じるのに、たくさんの感情が溢れるのに・・・何一つ上手い言葉が出てこない。でもこんな傑作に久々にめぐりあったという感じです!
睦月はもう一度観にいきます!!パープリンさんと同じ気持ちを共有できて嬉しい!
睦月
2006/04/04 12:43
■CINECHANさん、どもどもどもぉ。
"同性愛"なんて言葉は必要ないほどに
狂おしく切ないお話でした…
確かに、ヒースは仕方ないにしても、
ジェイクは…残念ですなぁ…ふむ


お仕事なのですね…残念…
では、次の機会にでも!!

■睦月さん、どうもでぇ〜す
いやはや、そんなに喜んでもらって…
恥かしいでやんす…テヘヘ
でもでもでも、この映画には"同性愛"
云々と言うことではなく!もっともっと
大きな「何か」があったと思いますです。
確かに辛い出来事が多いのでが…
女性の方には受けがイマイチ良くないので
睦月さんの高評価にはこちらも嬉しい限り
っすよ!!うんうん
終了直前に再鑑賞します。劇場を出て即効
決めましたぁハハ
purple in sato
2006/04/04 23:04
ドモドモー♪
TB、コメントをありがとうございました。
この映画、同性愛を題材にしているけれど、全然嫌らしさが無いですね。と言うより、清々しくってあの二人を応援したくなっちゃいます♪
二人の想いは同じなのに一緒になれない辛さや苦しみが凄く伝わって来ました(・・・し、しかし、小さい時に血まみれのアレの男の人を見たらトラウマになって踏み切れないよね、やっぱり・・・・・)
Puff
2006/04/05 23:31
Puffさん、こちらこそありがとございます。
この映画って、観る側の想いによってかなり受け取り方が変わっちゃうんですよね…まぁ〜題材が題材なだけに仕方ないんですが、、、
確かに、幼い頃の出来事が「イニス」を引き止めたのは大きいですね…ふむふむ
まぁ〜、色々と踏まえた上で、再度鑑賞してみることにしておるのでしたぁ。

purple in sato
2006/04/07 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『ブロークバック・マウンテン』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる