Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『ナイト・ウォッチ』

<<   作成日時 : 2006/04/02 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 8

FUN the sunnyday

「”光と影” その先に見る歪んだ世界」

4/1鑑賞
■これは、これは意外や意外な地元での公開と相成りました!
正直、直前まで公開されないものとばかり思っておった次第。

よって、当初は「覆面上映会」を予定してたんです…が、が、
がぁーっ!!

リアル・タイムでの上映を知ってしまった以上、鑑賞せずには
いられなぁ〜い。だったりしたのですなぁハハ

ってなことで…


  『ナイト・ウォッチ(原題:NOCHNOI DOZOR/2004/露)』


画像「マトリックス」や「LOR」が世を賑わしてしまってからと言うもの
何かというと引き合いに出されちゃう…。
これって、日本のメディアの悪しき慣習の一つだと思う…うむ

よって、その辺の内容や映像を期待しすぎて鑑賞してしまうと
肩透かしを食らってしまうことになるのかも…しれまへんなぁ。

ここで、前置きをしておきたいのが「ロシア」製作ということ!


なんだよ、それ!?ええっ!どうだって言うんだよぅ!!!

はいはい、その通りでございます。


この物語そのものを、極々普通のダーク・ファンタジーとして
捉えてしまうと「…」になる。それって道理に添ってます。
が、「ロシア」という国として捉えてみると、どうでしょう?

現在は、東西が統一され新生「ロシア」として成立っている。

その辺を念頭に置いて、少し捻ってみる。するとどうです?
「光と闇」が「東と西」に見えてきたりしませんかぁ?

この作品の中で描かれている双方である「デイ・ウォッチ」と
ナイト・ウォッチ」。

単純に考えると「ナイト・ウォッチ=光」「デイ・ウォッチ=闇」に
相当する描かれ方になるのでしょう!?

しかし、果たしてその捉え方が「順当か?」という問いには
未だ回答を出すことが出来ないのではないか?
それは、ラストでの顛末を観ても感じ取れる…


異世界に住む民は「光」と「闇」に分かれていた。
それは、普通の人間には決して知ることのない世界…が、
ある日、「光」と「闇」の衝突に気付いてしまった人間(アザー
ズ=異人種)が出現。審判を下す。それは…

自分の意思によって「光」となるか「闇」となるかを決める事

そこで、生まれたのが「デイ&ナイト・ウォッチ」である。
お互いがお互いに監視する。和平の均等を保つために…


物語の大筋は、「ダーク・ファンタジー」である。

が、それは英米で描かれる古典的な大作ではなく、もっと
もっと泥臭く、深いところに根ざした現代社会劇である。

それを、楽しむには次作(第二部)を待つしかないようだ…


映像に於ける、斬新さは確かにある!が、展開が速すぎて
視覚的に確認しづらい処理が多いのが残念ですな…ふむ

また、コマ割もサクサクと進み過ぎるので、辛い…

この辺もやはり次作へと続く序章として考える事にしよう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/04/02 03:44
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」 製作:2004年、ロシア 11 ...続きを見る
映画通の部屋
2006/04/02 10:28
『ナイト・ウォッチ』
ナイト・ウォッチ / NOCHNOI DOZOR話題のカルト映画をバッチリ観てきました。スゴイ・・・ とにかくすごい映像の連続!ロシアのセンスがここまでぶっ飛んでいるとは、本当に想像以上でした。ストーリーや設定はたしかにあるのですが、映像のイマジネーションがあまりに凄す.... ...続きを見る
- HOW STYLE - プジョー...
2006/04/03 11:01
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/04/05 01:48
映画館「ナイト・ウォッチ」
ロシア発の作品ってことで、チョットかなり楽しみにしていました!そういえば、ロシア映画って観たこと無いかも。ソ連時代の作品だったら少し観たことあるけど〜。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/04/05 18:37
「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」
公式サイト シネプレックス幕張、公開6日目初回です。 シネマ5(114席)、10数人でござりました。 ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2006/04/08 15:47
光と闇の1000年戦争
71「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」(ロシア)  人間ではあるが、特殊な能力を持ち、「異種」と呼ばれる者たち。彼らは「光」と「闇」に別れ、激しい争いを続けていた。滅亡の危機を防ぐため光の帝王ゲッサーと闇の帝王ザヴロンは休戦の協定を結ぶ。以後1000年異種たちは光の勢力か闇の勢力のどちらにつくか選択することになった。そして光は「闇の監視人(ナイト・ウォッチ)」、闇は「光の監視人(デイ・ウォッチ)」として互いを監視することになった。 ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/04/13 00:59
ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR(2004/ロシア/監督:ティムール・ベクマンベトフ)
【新宿オデヲン座】世界はかつて、光の勢力と闇の勢力との間で激戦を続け、破滅の危機にあった。やがて戦いの無益さに気付いた両者は、1000年前に休戦協定を結ぶ。以来、特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”に目覚めた人間は、光につくか闇につくか、それぞれ本人の意志で決めることに。そして光は ...続きを見る
のら猫の日記
2006/04/16 19:49
ナイト・ウォッチ−(映画:今年52本目)−
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ、 マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ ...続きを見る
デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイ...
2006/04/17 00:07
ナイト・ウォッチ
予告編を見て絶対に見たいなと思っていた『ナイト・ウォッチ』をやっと見ることが出来ました。今週だけMOVIXでレイトショー上映です。 ...続きを見る
Alice in Wonderland
2006/04/25 15:48
ナイト・ウォッチ
月曜日は海の日で祝日でしたが、月曜日は基本的に仕事があるので、午前中から出社。 ...続きを見る
バイヤーKENの全力疾走「商売日記」
2006/07/18 06:41
ナイト・ウォッチ
 原題は、「NOCHNOI DOZOR」です。これも話題作でしたので、外すわけにはいきません(^_^;) ...続きを見る
scenary -out of memo...
2006/08/01 19:27
『ナイト・ウォッチ』’04・ロシア
あらすじ舞台は現代のモスクワ。“異種(アザーズ)”と呼ばれる特殊な超能力に目覚めた種族がいる。彼らは“光”と“闇”の両勢力に別れ、かつて世界は両軍の熾烈な戦争が続いていたが、彼らはお互いを監視する協定を結ぶ。人間社会で闇にまぎれて悪事を働くヴァンパイア... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2006/09/28 00:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ!
お返事遅れてすみません。あまりの疲れのためにブログ運営を放棄してました・・・大丈夫、本日よりまた復帰いたします。
いやはや・・・すごい映画でした。期待して観にいった人も多かったろうから、これはひどいです(笑)
ロシア映画にしてはホントに頑張ったと思うんですが、そういうこと抜きならちょっと詐欺っぽいですわ・・・。
もう少し分かりやすく、入り込みやすく、もっと派手に作っても良かったのになあ・・なんて思います。
睦月
2006/04/04 12:22
■睦月さん、どうもぉ〜!
復活なさったんですねぇ。ヨカッタ!!
本作ですが…ハハ、ダメですかぁ?
個人的には許して観ちゃう感じでしたよ

きっと、第二部でスッキリとさせてくれ
るんでしょう…たぶん…おそらく…
purple in sato
2006/04/04 22:44
ドモドモー♪
映像はちと疲れましたけど、でも、その後の展開が気になるので、続編も是非観に行きたいです。
>「光と闇」が「東と西」に見えてきたり
なるほど!これには気が付きませんでした!!
と言う事は、この映画の中では、光=東、闇=西、ということですね。し、しかし、、我々からすると、光=西、闇=東ですよね。笑
いやー、これはますます楽しみになって来ましたですよ〜♪ウフフ
Puff
2006/04/08 15:52
■Puffさん、どうもぉ〜♪
この映画は単なるダーク・ファンタジー
では終わりそうにない臭いが…ぷ〜ん
「光と闇」の関連図は…きっと「西と東」に
なるのでは?
そんな示唆が感じられるラストに…ニヤ

次回作がかなりの「鍵」になりそうな…?
purple in sato
2006/04/09 23:21
こんばんわ。当ブログにて、あんな子供じみた記事にコメントを頂きありがとうございました。嬉しかったので、こちらにもコメントさせて頂きました。
もうすぐ、またしても「メンテナンス」が始まるので、今日はもうパソコンを閉じるところです。明日は有給休暇が取れたので、映画2本立てして参ります。「タイフーン」と「プロデューサーズ」の予定です。記事をアップしたら、こちらにも再び姿を現しますですよ〜。
「美しき運命の傷痕」興味がおありのようですね!内容はウェットなものでしたが、なかなかどうして、興味深く鑑賞しましたよ。そちらでも公開するようでしたら、是非ご覧になってくださいね。
隣の評論家
2006/04/11 22:59
■隣の評論家さん、どうもでぇ〜す♪
っと、魔のメンテナンスが…始まってしまったのですねぇ…ふぅ。明日(って、今日ですね)は、お休みなんですね。ではでは、ゆっくり休んで映画で気持ちリフレッシュして下さぁ〜い&おいでをお待ちしちょりまぁ〜す!

「美しき運命〜」。予告編で参りました!
あの手の作品はかなりそそられます…ハイ。
こちらでは上映の予定がないんです…が、たぶんやりそう!?っと、実はこの週末再度上京するんです。でも、今回はパス!
「ククーシュカ」と「君とボクの〜」に決めてるんでぇ〜す!!あぁ〜楽しみなのだぁ。ルン☆

purple in sato
2006/04/12 00:54
こんばんは。
いやぁ〜私的には充分楽しめました。映像もダーク・ファンタジーにピッタリでしたよ。1作目だということですっきりとはしないんでしょうが、それでも面白かったです。
「大統領のカウントダウン」もそうだったんですが、演出はあっさりしていて、確かにサクサク進むんですよね。ロシア映画もこれからでしょう。
CINECHAN
2006/04/13 01:05
■CINECHANさん、こんばんはでぇす!
なんだかんだと書いてますが…結構好きっすよ。へへ
序章をこれだけわかり辛くする辺りも余韻として感じればOKOKだったりするのですなぁ。
しかし、次作が順当に公開されるのか?が、懸念されるところだったりはしますぅ…うむ
「大統領の〜」気になってるんです…が、観に行けそうないのです…ふぅ
こちらもサクサクなんですかぁ?がんばれロシア!未来は明るい!?
purple in sato
2006/04/13 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『ナイト・ウォッチ』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる