Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『Jan vs Bob』

<<   作成日時 : 2006/04/06 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

a la carte Wednesday

「"マシュマロ”大プッシュで大いにジャズを語る(?)」

4/5(水)
画像■今年の「春」って、どうもはっきりしないお天気が続いてて
体がダルダルダルダルメシアンなのです…わんっ。

今日も冷たい春雨にとってもブルーだったりして…↓

そんな気持ちを払拭するのに一躍買って出てくれるのが、
スカッと音楽を愛でること(全く私的な趣向ですが…ハハ)♪

ってなことで、本日はここ最近こちらの"Blog"に書き込みを
して頂いている「マシュマロ・レコード」の総帥兼仕掛け人の
上不三男』氏が満を持して世に送り出すこととなった作品を
ライブ情報を交えてご紹介してみたいと思いまぁ〜す!

では、早速スタートッ!!

来る、4月21日(金)。
マシュマロ・レコード」より2タイトルが同時リリース!!

先ずは『Jan Lundgren / In New York

画像北欧はスウェーデン出身の「Jan」がジャパニーズの上不氏と
タッグを組んだ今作は、昨年5月にNYへ渡り録音されたもの。
前作「Les Parapluies De Cherbourg : シェルブールの雨傘」から
リズム隊も一新。現在のNYセッションでは超売れっ子となった
Peter(b)& Kenny(ds)のWashington Bros と紡ぎだす旋律は
まさに極上スウィングとなっておるようである♪

北欧の貴公子がNYの都会の雑踏にどう溶け込むのか?霧に
咽ぶ摩天楼がどう輝き出すのか?
今から楽しみで仕方がないんだなぁ…フッ


■曲目
01 Negotiations
02 East Of The Sun
03 Autumn In New York
04 Stablemates
05 The Gypsy
06 Straight Street
07 M.Z
08 Cherokee
09 I Cna't Get Started
10 This Is For Albert          《以上、全10曲収録》



続いて『Bob Rocwell Quartet / Black Jack

画像「50年代のサウンドを蘇らせるカリスマ・テナー」(記事より抜粋)
そんなキャッチコピーを見て「おぉっ」なんて思ったりしません?

このアルバムは、2004年に横浜は【ドルフィー】にて行われた
ライブ・レコーディングを2年の月日を経て蘇らせたのです。
ここで注目して欲しいのはピアニストの【キャスパー・ヴィヨーム】。
ここ数年でニョキニョキと頭角を現し始め、ジャズ好きの方ならば、
その名前に「ムムッ」と反応するのでは?
そんな「若獅子」と今も輝きを忘れない「老獅子(?)」との貴重な
記録でもあるのです。うんうん

ここでのリズム陣は、日本のみならず活躍の場を拡げる二人。
荒巻茂生(b) と大坂昌彦(ds)なのでありますな♪


■曲目リスト
01 So In Love
02 Black Jack
03 Time On My Hands
04 Purple Gazelle
05 Blues Legacy
06 Theree Little Words-Theme    《以上、全6曲収録》


実は、この夢のセッションがここ日本で再び行われることに…

Bob Rockwell Japan Tour 2006

■ライブスケジュール
※日時 ※場所
6月1日(木) 横浜赤レンガ倉庫
6月2日(金) 武蔵野スウィングホール
6月3日(土) 未定
6月4日(日) 富士ケルン
6月5日(月) 高田馬場コットンクラブ
6月6日(火) 録音(横浜)


【メンバー】
Bob Rockwell(ts),
Kasper Villaume(p),Jesper Bodilsen(b),Rasmus Kihlberg(ds).
               ↑
   (ここにも大注目して欲しいんだなぁ!うんうん)

んでもって更に!朗報ぅ

「ツアー滞在期間中、録音も致します。
今回の録音では、全てアナログ機材で行う予定。
テープレコーダー、マイクロフォン、ミキサー全て真空管の機材にて
ダイレクト2チャンネル録音を予定しています。」

との事のようである…ウヒョ〜☆

これまた、なんともマニア心をそそる演出なのでせう、、、

横浜赤レンガ倉庫には一度行ってライブをみたい…のですが…
なかなか叶わぬ思いなのですぅぅぅ

そして、な・な・なんとぉ!?
新たな情報の書き込みも頂いております…うひょ〜♪

そ・れ・は・ぁ・〜?

「今回のボブ・ロックウェルのツアー中の6月3日(土)横浜関内の
小さなジャズスポット、"アドリブ(25人収容)"にて【キャスパー・
ヴィヨーム
】のトリオによるコンサートを行う可能性があります。
入れ替え制で、各々3000円(2800円?)で予定しています。
未だ確定ではありませんが、確定しましたらマシュマロのホーム
ページのイヴェント欄に書き込みます。

画像尚、3月2日、3日に新録音しました曲は…

"FootPrints"
"AllOfYou"
"Trubbel"
"NightTrain"
"Place St.Henry"
"Mr.P.C."
"You Don't Know What Love Is"
"Is That So"
"Nice Work If You Can Get It"
"Theme From MASH"
"The Folks Who Live On The Hill"   以上の11曲。

最後の曲のみピアノソロとなっています。
音も非常に良く(!!!)キャスパーの成長振りにもびっくりしました。」
(※まんま抜粋させてもらいましたですm(__)m)

これまた、非常に興味深くもそそられちゃうったらありゃしない…。
うむむ、、、なんとかして調整したいものでやんす。ふむ

※ここで、ご紹介した内容は全て【上不氏】ご本人からの情報とHPから
【Official site:http://www.marshmallow-records.com/】のものです。
                   ↑
一部視聴可能な楽曲もありますので、是非ともクリックしてみてぇ!




最後に、去る3月31日(金)。
また一人「ジャズ・ジャイアント」が永眠されました…ふぅ

パーカー派の重鎮『Jackie Mclean(as)』。

73歳と言う、まだチョット若い死に心が痛みます…ぅぅぅ
彼が残したジャズの軌跡は数知れず、そしておそらく本作が最後に
なったであろう作品をご紹介、、、

Jackie Mclean & Cedar Walton trio / Nature Boy

画像作品としては、全盛期のような勢いはない…が、しかしそこはそれ!
しっかりと聴かせどころを押さえているのです。
彼の最晩年となってしまった作品を、改めて愛でる♪
これもまた、彼への敬愛の念だと思ったりするのですなぁ。ハイ

■曲目リスト
01 You Don't Know What Love Is
02 Nature Boy
03 I Can't Get Started
04 What Is This Thing Called Love?
05 I Fall in Love Too Easily
06 Smoke Gets in Your Eyes
07 Star Eyes
08 Nightingale Sang in Berkeley Square

【メンバー】
Cedar Walton(p), David Williams(b) Billy Higgins(ds)

※メンバー中、"ds"のBilly Higginsも去る2001年5月に64歳と言う
若さで死去している…





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/04/06 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『Jan vs Bob』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる