Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『るにん』

<<   作成日時 : 2006/04/08 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

cinema de refresh(?)

「地獄の中にみる真実の愛…それは」

4/8(土)
■春だというのに…やっぱり天気はスッキリせず肌寒い…
あぁ〜、やんなっちゃうねぇ、、、
こんな天気だと掃除も洗濯も気が乗らないんだよなぁ…フ

ちょっと、気分転換でもすべかなぁ!?っと、向かったのが
毎度毎度の地元単館劇場だったり…ヘヘ

先日の「かもめ食堂」に引き続き、かなり珍しくも日本映画
鑑賞と相成ったのですぅ。(なんとなく気分でね!)

      
        『るにん(runin/2005/日本)』


画像「鳥も通わぬ」と謳われた孤島「八丈島」。
かつてこの島に流人として島流しにされ、いつか再び江戸に
帰る日を夢見て、必死に生きた女たちがいた。
その女たちの体を貪りながら、ささやかに生きる喜びを得ようと
もがいていた男たちがいた。
そして、愛する女のために、成功した人間は誰もいないと言わ
れる“抜け舟”に、命を賭けて挑んだ男がいた――。
(関連記事より抜粋)


奥田瑛二】の監督作第2弾になったのが本作なのですな。


正直、見終わってから…ふと思ったのが…何で観たんだろ?
だったりしたです。おや?

そうそう、この映画の立役者は【松坂慶子】にありましたな!
それ以外にも新人(?)女優さんがいい感じでしたよ。ハイ
男優さんたちも名優から中堅・くせ者・ツワモノetc...と、豪華
なのですなぁ。が、最近のこの手の映画には極々当たり前に
なってる気も…したり…してぇ…へへ

物語の大筋は花魁・豊菊(松坂慶子)と喜三郎(西島千博)の
悲しくも儚く結ばれた男女の《真実の愛》が狂おしい、、、

でも、個人的にはサブ・テーマ(リンクはしてるけどね)となるで
あろう花鳥(麻里也)のパートが良かった。って言うか…ふぅ

途中、監督(奥田瑛二)自らが主演するパートがある。
確かに、彼は演技が巧いと思うよ。でも、やっぱり嫌い!!
昔からどうも好きになれないんだなぁ…濃すぎるのかも?
このパートそのものも物語りに大きく影響を及ぼさない…のに
何故に必要以上にダラダラと…

このパートがあったからであろう上映時間「149分」。
それほど長さが気になることはなかった…が、あと2〜30分は
短いともっと良かったような…???

しかし【松坂慶子】は枯れてなお華やぎがあるのにはm(__)m
演技は絶品ですが濃厚なので一寸疲れるかもね…汗

お話は、かなり面白いので原作を読むのもオススメっす!

が若干、物語の進行に散漫なところがある。
よって、感情移入しづらくなってしまう感じもあったりするのは
正直なとこ。
また、唐突に物語が進み、感情の流れが「こう来るのか?」と
思いきや抑揚のないままに流れて「…」になったり、、、

もうちょっと整理して余計な演出を抑えるとグンッと良くなる
のでは…なんて小生意気でしたぁハハ

「refresh」とまではいかなかったのが残念っす…ふぅ〜。
でもでも、見応えあるいい作品なのは間違いなし!!
ちょっと疲れるだけ…すよぉホホホォ〜♪





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/04/09 01:18
[ るにん ]奥田瑛二は嫌いだが、作品は・・
[ るにん ]@シネマスクエアとうきゅうで鑑賞。 奥田瑛二監督、第二作となる映画である。松坂慶子の 脱ぎっぷりが話題になった作品だ。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2006/04/11 20:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『るにん』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる