Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『ナイロビの蜂』

<<   作成日時 : 2006/05/13 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 9

cinema de refresh(?)

「アフリカの地の再び舞った衝撃…それは」

5/13(土)
■う〜ん、待ちに待って待ちくたびれましたぁ!!な作品。
初日にて鑑賞してまいったのであります。ハイ


画像  『ナイロビの蜂(The constant gardener /05/英)』


英国外務省のジャスティンレイフ・ファインズ)と活動家の
妻・テッサレイチェル・ワイズ)は居るのはナイロビの空港。

テッサの友人で医師のアーノルドユーバン・クルデ)と共に
ある調査のために2日間ばかりの別れのはずであった…が、
それが2人にとって別れになろうとは知る余地のなかった、、、


シティ・オブ・ゴッド」にて世界を衝撃の渦に巻き込んだ(?)
フェルナンド・メイレレス】監督の最新作。

本年度のアカデミー賞で助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ)
とノミネート(脚色・音楽・編集賞)にて注目度は急上昇だった
のではないのかなぁ?

個人的にはアカデミー賞云々と言うよりは「シティ・オブ〜」の
衝撃が今も尚心のどこか残ってて…
【フェルナンド】監督の名前を見ただけでうずうず疼いちゃぅぅぅ

観終っての感想は一言…

          す・す・素晴らしいぃぃ!!

「感動」なんて安直な言葉で区切ってしまってはいけない!
そんなことは百も承知だ…が賞賛の言葉が真っ先に浮かぶ。

それ位に素晴らしい作品でした…参った!!

脚本としての出来栄えはどうか?
う〜ん正直、後半に散漫なところがあるのは否めないかなぁ?
でも、そんなことは「どうでもいいっ」ってな位、この映画の持つ
「生命力」が堪らなくイイのである!うん

【フェルナンド】監督が持ち合わせる、独自の映像から滲み出る
「生きる力」の素晴らしさ。
涙なくして観る事の出来ないものばかりです…

半ドキュメンタリーのような映像の数々。
その映像を目の当たりにする…ただそれだけ…そう!ただそれ
だけなのだ…が、それだけで自身の無力さに悲しさや虚しさが
溢れ出ててくる。

【フェルナンド】監督の生まれた南米はブラジル「サンパウロ」。
この地もアフリカは「ケニア」と共通する点が幾つもある。

それは飢餓と貧困の蔓延した、生と死が隣り合わせの飢えた
地である事。

こんな映像を叩きつけられただけで「黒柳徹子」じゃないけど
「なんとかしてあげなきゃ!」なんて思っちゃう…


そう!【テッサ】は従来自身が持ち合わせている活動家として
の熱い血が、このアフリカの地で熱く絶え儀ったのだ。

そして、この地に暗躍する「名声」と「金」のために犠牲となる
助けを求める人々を助けたい!
そんな一途で単純な想いから水面下(?)で行動に出た。
がしかし、結果としてそれが仇となり…

夫の【ジャスティン】はそんな妻の裏の顔を知らぬまま数年の
月日を過ごしていた。

そして、妻の突然の死の原因を探るうちに知ってはいけない
場所に触れることとなり…


【ジャスティン】と【テッサ】の愛の形。
こんなにも深く、悲しく、切ない終わり。ではあってもふたりに
とってはどうだったのか?

【テッサ】の愛を知った【ジャスティン】が彼女の想いを遂げる。
その時から彼の運命も決まっていたのかもしれない…。


「アフリカ」と言う雄大で美しい大地に巣くう「黒い影」
決して架空の話でない事だけは知っておいてほしいものだ。

少なくとも「HIV」による汚染はアフリカの地から始まっている。
全世界の50%以上の感染者を有する「アフリカ」。
(発祥の地でもあるのは有名な話ですね)


久々の「シネコン」は…やっぱ観る側の姿勢がNGだね!
特に隣に座った若いカップル。
「へぇ〜、この手の作品にも興味があるんだぁ」なんて思って
いたら…(やっぱり!?)違っていたようです。
彼氏の方は映画半ば前に大イビキ…
「はぁ〜!?お前何しにきたの???」
女性も映画観てんのか不思議なくらいに彼氏にべったりで
観ている気配が感じられないのだ、、、

そんなん無視!無視!!

っと、画面に集中して無事(?)本編が終了。
エンドロールが流れるか流れないかのタイミングでドドドドッ
と立ち出す人々…
初日の夕方からの回と言うこともあってか、そこそこの入り
具合で、ざっと100人強でしたかねぇ。
でも、エインドロールが終わって照明がついてみるとととぉ
残りの観客は自分を入れて8名でしたよ…とほほ


画像そうそう!このサントラも買いですね!!
近々中に仕入れる事、間違いなしっすよ〜ん♪






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(25件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/05/13 23:33
ナイロビの蜂
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/05/15 03:03
ナイロビの蜂
「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、 ...続きを見る
映画通の部屋
2006/05/15 20:29
ナイロビの蜂
渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/05/16 18:44
ナイロビの蜂
&nbsp;彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。 ...続きを見る
悠雅的生活
2006/05/17 21:50
「ナイロビの蜂」
公式サイト シネマイクスピアリ、公開4日目初回です。 シアター4(361席)、30分前に着いて1番!! でも、少なかったですよん・・・・・10数人でした。 ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2006/05/17 22:10
映画「ナイロビの蜂」
原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/05/18 02:02
ナイロビの蜂(2005/イギリス/監督:フェルナンド・メイレレス)
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ)。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサ(レイチェル・ワイズ)の行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込 ...続きを見る
のら猫の日記
2006/05/19 00:25
ナイロビの蜂
 イギリス  サスペンス&ドラマ  監督:フェルナンド・メイレレス  出演:レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ      ビル・ナイ      ユベール・クンデ ...続きを見る
Saturday In The Park
2006/05/21 00:57
ナイロビの蜂−(映画:今年65本目)−
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2006/05/21 01:34
行き着く先は・・彼女の心
105「ナイロビの蜂」(イギリス)  イギリス外務省一等書記官のジャスティン・クエイルはある朝訃報を聞く。数日前ナイロビの空港で見送った妻が死んだという。しかも殺されたと。妻のテッサは元々アフリカの救援活動に取り組み、医療施設の救援活動に励んでいた黒人医師アーノルドと行動を共にしていた。  彼女の死の真相を探っていくジャスティン。やがて事件の背後にある陰謀に直面した彼は追われ、警告を受ける身となる。しかし、やがて彼は自分の知らなかった妻テッサの真実と彼への思いを知るようになる。 ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/05/21 12:15
ナイロビの蜂
★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し& ...続きを見る
金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント...
2006/05/22 14:17
ナイロビの蜂 (米国盤DVD)
原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ...続きを見る
映画と本と音楽にあふれた英語塾
2006/05/22 16:42
ナイロビの蜂
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; ...続きを見る
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2006/05/23 11:07
ナイロビの蜂
 この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は ...続きを見る
シネクリシェ
2006/05/25 06:09
ナイロビの蜂
なかなか見応えのある作品ではあったと思います。けれど、評判のような傑作かということになると疑問も少々...。 ...続きを見る
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て......
2006/05/25 20:58
情熱に救いを見出す「ナイロビの蜂」
 予告編を見た段階では、ラブロマンスなのか、サスペンスなのか、あいまいな感じで、観ようか止めようか迷っていた「ナイロビの蜂」(フェルナンド・メイレレス監督)。会社の後輩に「よかったですよ」と勧められ、彼が言うならと思って、観に行ってよかった。映画会社の売.... ...続きを見る
万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
2006/05/26 01:32
「ナイロビの蜂」 2006-28
「ナイロビの蜂」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2006/05/26 06:32
映画のご紹介(133) ナイロビの蜂
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」 ...続きを見る
ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/05/27 07:59
「ナイロビの蜂」を見てきました。
 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/05/31 19:35
「ナイロビの蜂」
あーこの映画はちょっと難しいです。 よかったのか、そうでもなかったのかも、判断しにくいところ。 私はあまり感想はあいまいにはならない方なんですが…。 ...続きを見る
That's the Way Life ...
2006/06/10 23:09
ナイロビの蜂
映画『ナイロビの蜂』を観た。 ジョン・ル・カレの原作を『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が映画化。ケニア現地ロケを中心に、ナイロビの雄大な自然を背景に映し出す。 テッサを演じたレイチェル・ワイズが2006年アカデミー賞 助演女優賞を受賞したことでも話題の作品。レイフ・ファインズが少々弱々しい感じだったが、次第に力強く権力に立ち向かっていく。郷愁を誘うようなアルベルト・イグレシアスの音楽が印象的だ。 公式サイト ...続きを見る
あ〜るの日記@ココログ
2006/06/13 01:45
ナイロビの蜂
『ナイロビの蜂』 ...続きを見る
39☆SMASH
2006/09/18 02:59
ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)
監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いている私の年齢.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/11/21 20:11
ナイロビの蜂
話題になった作品。 DVDで鑑賞。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/04/10 12:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
私も観てきました。ホントに素晴らしかった!
この作品で大イビキなんて・・・マジ信じらんね。なんだ?そいつは・・・。
サスペンスとしても高質だし、夫婦愛を描いたものとしてもぬかりがない・・・。
うーん。
この監督さんにはもっと映画を撮って欲しいです。
睦月
2006/05/15 03:02
こんにちわ。アタクシも観て参りましたよ〜。いやぁ、素晴らしかったです。
ラブ・ストーリーが好きな人も、そうではないけどサスペンスが好きな人も。どんな人でも堪能できる秀作ですよね。
アタクシも今だに『シティ・オブ・ゴッド』の印象が強烈に残っております。あのパワーを彷彿とさせる画もあったように思いました。
隣の評論家
2006/05/15 20:32
■睦月さん、再びどうもでぇ〜す
そうなんす…どうも胡散臭さが漂うカップルだったのです。が、やっぱりな展開に切れそうになる自分を抑えるのがやっとでしたぁハハ

これからがますます楽しみな監督さんですね!

■隣の評論家さん、こんばんはぁ。
ご覧になりましたかぁ!よかったですよね…ホント!!
仰るとおり、オールラウンドな秀作だったと思いますです。ハイ
これからは、彼の作品から目が離せなくなりそうな予感っす。フフフ
purple in sato
2006/05/16 00:13
ドモドモー♪
TB、コメントをありがとうございました。

いやー、ホント、凄く良かったです!!
確かに粗さがみえる部分もあるのですが、いやはやそんなことは大したことでは無く、それよりも増してこの映画の持つパワーにぐいぐいと引き込まれちゃうのですよね。
>決して架空の話でない事だけは知っておいてほしい
ですよねー・・・、これって決してフィクションでは無いと思う。
だから、二人の愛の深さに感動しつつも、何だか不安感が残るのです・・・・・。
Puff
2006/05/17 22:24
Puffさん、こんばんはぁ。
こちらこそ、いつもありがとうございます!

>いやー、ホント、凄く良かったです!!
そうそう、そうなのですぅ〜!!!
似つかわしい言葉が巧く見付からない自分がもどかしいのです…ふぅ

>二人の愛の深さに感動しつつも、何だか不安感が残るのです…
す〜んごく良く分かります!
何とも言えない余韻が今でも思い出されて…
もう一回観てみようかなぁ?なんて気持ちになったり、、、
でもでも、他を愛でないと〜な気持ちと両挟みなのでしたぁハハ…ハァ〜
purple in sato
2006/05/18 21:33
purple in satoさん、こんちは!
絶賛ですねぇ。私も充分堪能できました。大掛かりな仕掛けなどはないのですが、このストーリーは響きましたね。映像も好きです。
今後気になる監督になりました。
「シティ・オブ・ゴッド」は観てないんです。これが観なければいけませんね。
CINECHAN
2006/05/21 12:21
CINECHANさん、いつもいつもありがとうですぅ
>絶賛ですねぇ。
ハイ!この映画は賞賛に値する作品だと思うっす!!
CINECAHさんとも共感出来たとこが多くて、すんごくうれしいっすぅ♪うんうん
「シティ・オブ〜」。是非是非観て下さい!これまた強い衝撃に注意ってな感じですかねぇヘヘ?


purple in sato
2006/05/21 23:57
TBありがとうございました。あっしゅです。
この映画は本当に”恋愛映画”として観たものですから感情移入することが出来ませんでした。前半は奥さんがあまりにも旦那より仕事を優先し、旦那はかわいそうだなぁって正直思いました。ナイロビの景色は壮大で、製薬会社の実態などサスペンス的な展開にかなりがっかりしてしまいましたねぇ。DVDが出たら、見方を変えてみてみたいと思います。
あっしゅ
2006/05/27 11:38
あっしゅさん、コメント遅れてすみませんm(__)m
"恋愛映画"としてみた場合にも非常に秀逸な出来栄えでしたよ。私的な意見ですが…てへ
DVDで再鑑賞するときっと色々なことが見えてくるかもしれませんねぇ〜。
楽しみ、楽しみ♪
purple in sato
2006/06/02 23:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『ナイロビの蜂』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる