Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『V フォー・ヴェンデッタ』

<<   作成日時 : 2006/05/19 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 7

enjoy weekday(?)

「自由…それは自ら掴むもの」

5/17(水)鑑賞
■今日は会社の打ち合わせと称した"飲み会"に誘われたの
ですが…ここのところ、付き合ったとしても毎度毎度の顛末に
なってしまうのが悲しかったり、呆れたりで…フ

出来る事ならば、そんな場には居合わせたくない!ってのが
正直なとこ。

ってなことで、「今日は用事があるので…すみませ〜ん」っと
軽く言い訳して、そそくさと退散して向かった先は、、、

あ〜、これまた毎度毎度の"シネコン"だったのでしたぁハハ
んでもって、遅蒔きながらではありますが愛でました!


画像  『V フォー ベンデッタ(V for Vendetta /05/英・独)』


「Matrix」全三部作で監督・脚本・製作総指揮の三役を務めた
ことで一躍スターダムへ登りつめた【ウォシャウスキー兄弟】。
彼らが脚本・製作にて参加したことで脚光を浴びた(?)のが
本作なのであろう。

今作がデビュー作となった【ジェイムズ・マクティーグ】監督は
助監督としての経験は十二分にあった人のようです。ハイ



●「ガイ・フォークス・ディー」とは…

1605年、【ロバート・ケイツビー】【ガイ・フォークス】ら過激派(レジ
スタンス)一派によって計画されたのが…

     「火薬陰謀事件(Gunpowder Plot)」である。

イングランド国教会優遇政策の下で弾圧されていたカトリック教徒
のうちの過激派によって計画されたもの。
上院議場(ウェストミンスター宮殿。ビッグ・ベンが有名)の地下に
仕掛けた大量の火薬を用いて、11月5日の開院式に出席する国王
ジェームズ1世らを爆殺(暗殺)する陰謀を企てたのだが…
実行直前に露見してしまい未遂に終わってしまったのだ。



                思い出せ
             11月5日の出来事を
           火薬陰謀事件と反逆を
            忘れることは許されぬ
         人々の記憶の底にとどめておけ

独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィー
(ナタリー・ポートマン)は絶体絶命の危機に見舞われたところを“V”と
だけ名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に命を救われた。
                              (関連記事より抜粋)



イギリスはDCコミックスのライターとして「フロム・ヘル」「リーグ・オブ・
レジェンド」等の映像化作品の原作者である【アラン・ムーア】。
そして、本作もまた【アラン・ムーア】による原作を基にされているので
あ〜る。ふむ

しかしながら…クレジットには彼の名前はない…何故でせう???
(勿論、「DCコミックス」のロゴは登場してるけどね!)


ストーリーには、此処彼処と現社会体制への痛切なる批判が込められ
おり、観るものに対して様々な提言が隠されている。

それは観る側によって、受け取り方も変わってくるんだろうなぁ?


冒頭からの【V(ヒューゴ・ウィービング)】による熱弁がた〜んまりと
堪能出来る。
まぁ〜、この辺をお説教のように捉えてしまうと「…」かも。

また、【イヴェー(ナタリー・ポートマン)】の変貌ぶり!
これまたこの作品に於ける一つの楽しみでもあったりする。
けど、これまた観る側の捉え方で「…」になっちゃうようなナイーブな役。

全体的に、「マトリックス」への多大なる期待を寄せて観てしまうと…
イテテってな具合になっちゃうね。きっと!?
アクション大作とは言い難い、チョイ社会派系の作品である。ががが、
どこかリアルさに欠ける。何でだろう?

コミックの粋を脱し切れていない感が伝わってくるんですなぁ…
(展開に無理があったり、箱庭的な世界観だったり、時間軸が感じられ
なかったり、と諸々…)

まぁ〜、逆にリアルに描きすぎちゃうと色々な意味で弾圧も加わって
きちゃうこともあるんだろうしね。うむ


主として使われてた英語もしっかり「英国訛り」だし、議長は「独訛り」
とちょっとしたディテールにも拘ってたし。

個人的には、思って以上に楽しめた132分でしたよ!
時間も殆ど気になることなく、一気にサラッと観る事ができたのです。



《どうでもいい事》

そうそう、劇中に使われてる「Cry me a River」♪
ジャズの超有名曲で使用されたのが【Julie London(♀)】によるもの。
(悲しく切なくも美しいメロディー、歌詞は悲恋を謳ったもの…)

この曲の意図は…
「London」だから?それとも「恨み節(歌詞ね!)」だから?う〜ん…


また、My Favoriteな【Stan Getz】が2曲も嬉しかったぁ♪






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/05/20 00:33
それは犯罪か、正義か?
101「Vフォー・ヴェンデッタ」(アメリカ)  第3次世界大戦によってアメリカを植民地化したイギリス。アダム・サトラー議長による独裁政権となっていた。国家は移住者や異教徒、同性愛者らを異端者とみなし、ことごとく排除し、外出禁止令、検閲、監視カメラ、盗聴によって国民を見張っていた。  そこへ「V」と名乗る仮面の男が出現、裁判所を爆破、TV局を不法占拠し国民に訴える。「11月5日という日を忘れるな! 本当の自由を手に入れろ!」  果たして「V」は救世主なのか、テロリストなのか? ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/05/20 00:45
Vフォー・ヴェンデッタ
 アメリカ&ドイツ  アクション&サスペンス  監督:ジェームズ・マクティーグ  出演:ナタリー・ポートマン      ヒューゴ・ウィーヴィング      スティーヴン・レイ       ジョン・ハート ...続きを見る
Saturday In The Park
2006/05/20 20:08
Vフォー・ヴェンデッタ
映画『Vフォー・ヴェンデッタ』を観た。 『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟製作・脚本の最新作。丸刈りのナタリー・ポートマンが話題だが、顔を出さない主役の"V"をヒューゴ・ウィービングが演じているとは知らなかった。 近未来、第3次世界大戦後のイギリス国家と対抗する"V"を描いているが、政治色が全くないのは意外。アクションエンターテインメントとしてはそれなりに成立しているが、それ以上の面白さがない辺りはかなり物足りなかった。 公式サイト ...続きを見る
あ〜るの日記@ココログ
2006/05/21 06:12
V フォー・ヴェンデッタ
「V フォー・ヴェンデッタ」 V FOR VENDETTA/製作:2005年、ア ...続きを見る
映画通の部屋
2006/05/21 10:20
Vフォー・ベンデッタ
                                                    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人々よ、゛V゛の意志に集え!  ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/05/22 15:27
「Vフォー・ヴェンデッタ」
公式サイト シネマイクスピアリ、公開4日目初回です。 シアター12(361席)、20人前後ですかね、、あまり多くは無いですね。 ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2006/05/24 17:31
「Vフォー・ヴェンデッタ」何だか分らないけど面白い
「Vフォー・ヴェンデッタ」★★★★ ナタリー・ポートマン主演 ジェイムズ・マクティーグ監督、2005年アメリカ=ドイツ ...続きを見る
soramove
2006/05/25 22:31
『Vフォー・ヴェンデッタ / V FOR VENDETTA』 ☆今年49本目☆
アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、ウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。 科学実験で突然変異し、同じ実験で死んでいってしまった人達の復讐とファシズム政治に抑圧されている民衆達を救うために戦う... ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2006/06/04 10:13
『Vフォー・ヴェンデッタ / V FOR VENDETTA』 ☆今年49本目☆
アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、ウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。 科学実験で突然変異し、同じ実験で死んでいってしまった人達の復讐とファシズム政治に抑圧されている民衆達を救うために戦う... ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2006/06/04 10:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
「マトリックス」並みの映像を期待してしまった私は少々肩透かしを食らったようでした。でも、物語的には面白かったです。「V」のアクションをもう少し観てみたかったですね。
サトラー議長はどう見てもヒトラーでしょう。
CINECHAN
2006/05/20 00:50
purple in satoさん、こちらこそご無沙汰してます。
DCコミックスにこういった作品があったのは知りませんでした。スーパーマンばかりじゃないんですね。
今思えば、過度な期待をせずにサラッと観に行けば、結構楽しめたんじゃないかという気もしますね。^^;
ではまた。
あ〜る
2006/05/21 06:28
こんちわー。TB&コメントありがとうございます。
>逆にリアルに描きすぎちゃうと色々な意味で圧も加わってきちゃうこともあるんだろうしね
うんうん、コレはあると思いますよー。「マトリックス」という言葉をやたらと使う宣伝には騙されました。その分、社会派として楽しむ事ができましたです。
隣の評論家
2006/05/21 10:29
■CINECHANさん、お返事遅くなってスミマセ〜ンm(__)m
確かに「V」のアクションはもっと観たかったっすぅぅぅ
でも「物語」がよかったのでご勘弁。ってな感じなのでせうか?ふむ
ここまで硬派ならトコトン硬派でも面白かったかもしれませんね!?テヘ

■あ〜るさん、いつもどうもですぅ!
そうそう「DCコミックス」には珍しい作品ですよね。へぇ〜な感じっす!
「過度な期待」。あの売り込み文句では誰しもが
胸高らかに躍っちゃいますよ。実際、踊ってたし…へへ
後発でよかったクチだったようだす。

■隣の評論家さん、毎度ありがとうですぅ!
出来ればもっと硬派にリアルに描いて欲しかったぁハハ。ヤバイくらいが楽しさ倍の倍の倍でしょ?
「マトリックス」。これまたヤバイくらいに胸躍る言葉なのですよ…トホホ
purple in sato
2006/05/21 23:43
こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
社会派エンターテインメントといった感じでしょうか?十分にメッセージ性を感じつつ、華麗でゴージャス感もあって見ごたえはありました。けど・・・どっか回りくどい感も否めなかった・・(苦)。
ぞれにしても坊主のナタリーより、Vの存在感の方が圧倒的に心に残っております・・。
睦月
2006/05/22 04:06
ドモドモー♪
TB、コメントをありがとうございました。
この映画、実は観る前はあまり期待して無かったのですけど、いやはや意外とイケるじゃありませんかー!!
>熱弁がた〜んまりと堪能出来る。
そうなのです!!テロリストの真剣なお話なのに、出会いでいきなり長々と自己紹介したり、エプロン付けて料理したり、何だかミョーな笑いがありましたよね。ウフフ
Puff
2006/05/24 17:39
■睦月さん、ご・ご・ゴメンなさい…コメント入れるの遅くなってしまってた…弁解の余地がありまへんm(__)m(__)m(__)m
この作品、意外に好きだったりします!
確かに好みが大きく別れそうですが…
ご愛嬌てんことじゃダメですかねぇ!?ヘヘ

■Puffさん、こんばんはぁ。
この作品は期待しない方が良い方向に向かっているようですよ!?(何か変…?)
ってな事で個人的には楽しめましたぁ!!
コミックスを抜けきらないとこがヨカッタのかもしれまへん?
>何だかミョーな笑いがありましたよね。
うんうん、ビミョ〜な笑いがありましたですぅフフ


purple in sato
2006/05/25 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『V フォー・ヴェンデッタ』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる