Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『カサノバ』

<<   作成日時 : 2006/06/25 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 5

FUN the rainyday

「享楽の興じて娯楽へと転ずるぅ♪」

6/25(日)鑑賞
■先日の教訓…「俗に先んずるものは、俗に転ぶ(?)」
だったのをシッカリと胸に刻み、本日は「スタンダード」で
挑むと決めて午後からのんびりモードで愛でたるは…
画像

      『カサノバ(Casanova/05/米)』


劇場にてチケットを購入してから気付いたのですが…
この作品って「ブエナ・ビスタ」だったのですねぇ!
っと、その文字を見つけた途端「…」な想いがヒュ〜と
音をたてて通り過ぎる、、、

はてさて、この作品はどうなんだろう?

「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」「ギルバート・グレープ」
「ショコラ」「サイダーハウス・ルール」等々とかなりの
秀作を世に送り出した【ラッセ・ハルストレム】監督の
最新作。ってのがせめてもの救いになるのか?

しかし、始まってみれば「おぉ〜、面白いじゃん!!」
な気持ちにさせてくれて◎だったのでしたぁハハ

------------------------------------------

18世紀のヴェネチィアを舞台に生涯“恋愛至上主義”を
貫いた男【ジャコモ・カサノバヒース・レジャー)】。
あらゆる女性達を虜にする【カサノバ】だが、ある日彼の
魅力に唯一屈しない令嬢【フランチェスカシエナ・ミラー
)】が現れる。
国中を巻き込む狂乱のカーニバル(マスカレード)の最中
【カサノバ】は【フランチェスカ】に次々と恋の罠を仕掛けて
ゆくのだが…。
恋に生き、愛に殉じ、生涯“恋愛至上主義”を貫いた男。
その名を、“人類恋愛史上”、最も有名な恋の達人として
知られた“プレイボーイ”【カサノバ】。
彼が求めた真実の「愛」とは…   (関連記事より抜粋)

------------------------------------------


最近の傾向として、中世ヨーロッパにおける“享楽的”な
描写に正直「なんだかなぁ…」な気持ちになったりするの
も、無駄に歳を重ねてしまったが故なのか?

本作も始まってから数分は「なんだかなぁ…」な気持ちが
無かったわけではない。
が、そこは【ラッセ】監督の手腕の妙がありましたぁ!

それって、どこか“おとぎ話”のような、ゆる〜い雰囲気が
そんな薀蓄を吹っ飛ばしてくれたのですなぁ。

また、当初懸念していた「ブエナ・ビスタ」色。
これが、ここではイイ方向に転んでくれていて雰囲気を盛り
上げてくれたのでしたよん!うんうん


伝説のプレイボーイを演じるのは…
な・な・なんとぉ〜!「BBM」での熱演が未だ記憶に新しい
【ヒース・レジャー】だったりするのにはビックリでしたぁ!!

が、観終わっての感想は…【ヒース】でヨカッタよ!です。

ヒロインの【シエナ】は悪くないのに脇を固める俳優陣が
際物揃いだったりするので地味に見えちゃったり…


ストーリーなんかも、単純明快で進みそうでいて、先が全く
読めない。と言うか絶妙な粒立ちの布石が彼方此方に散り
ばめられてて、それが輝きを発した途端に…
ありゃりゃん、こりゃりゃん。っと大きく弾む!!

ホント!【ラッセ】監督に「やられたぁ〜」な心地好い裏切り
の連続にドキドキワクワクで一気に愛でてしまったのだぁ。


なんか、久々に“娯楽”を単純に“娯楽”として心逝くまで
堪能できた作品に大満足なのでしたぁハハハ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/06/25 23:22
カサノバ
魅惑の伊達男、Viva Casanova!! ...続きを見る
悠雅的生活
2006/06/26 19:24
「カサノバ」
公式サイト シネマイクスピアリ、公開3日目初回です。 シアター8(135席)、15分前に着いて2番乗りー!! この映画、てっきり全国拡大ロードショーかと思っていたのですけど、そうでは無いのですね。 公開されたばかり ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2006/06/28 01:11
カサノバ
カサノバと聞くとカナダ留学の時に出会ったカサノバというあだ名のメキシコ人の超色男を思い出します。その時に初めて知ったカサノバですが、ヒースが演じるということですごく楽しみにしていた映画で今年65本目です。 ...続きを見る
Alice in Wonderland
2006/06/28 13:50
君の知らないものを見せてあげよう
136「カサノバ」(アメリカ)  18世紀ヴェネチア。プレイボーイとして名高いカサノバ。彼は137人もの女性を虜にした。しかし、彼の前に美貌と知性を兼ね備えた女性フランチェスカが現れる。しかし、ただ一つの愛を信じるフランチェスカはカサノバのアプローチも退ける。  そんな時フランチェスカの婚約者がヴェネチアにやって来ると聞き、カサノバはある行動に出る。 ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/06/29 00:37
カサノバ
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/07/02 13:55
カサノバ
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/07/02 13:55
カサノバ
「カサノバ」 CASANOVA/製作:2005年、アメリカ 112分 監督:ラッ ...続きを見る
映画通の部屋
2006/07/14 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
オコンバンハ〜♪
先日は、TB、コメントをありがとうございました。

いやー、なかなか良かったですよねー
予告編を観た感じだと、もっと退廃的で湿っぽい映画かと思っていたのですが、良い意味で期待を裏切ってくれたのでした。
こういう映画って、ヘタするとフツーフツーの映画になってしまったり、ミョーにエロチックになったりしそうですけど、さすがラッセ・ハルストレム監督ですね。
>久々に“娯楽”を単純に“娯楽”として心逝くまで
堪能できた作品
そーなんです!!普通に娯楽作品なのだけど、何処か小気味良くって感じの良い映画でしたよねん。
ヒース・レジャー、「ブロークバック・マウンテン」でしっかり根付いてしまったゲイの印象をこの作品で振り払ったのでした。フフ
Puff
2006/06/28 01:22
どうも、こんばんは〜
本当に単純に楽しめましたね。ちょっとしたことが上手く絡まりあって、話が進んでいく。ストーリーの妙がありました。
私も予告編を観る限りは、もっとどろどろした作品なのかと思ってましたが、軽いタッチで、すっきりしていました。
シエナ・ミラーって「アルフィー」に出ていた人ですよねぇ。何かイメージが違うな。正直この作品ではそれ程魅力が・・・
CINECHAN
2006/06/29 00:43
■Puffさん、こんばんはぁ
>良い意味で期待を裏切ってくれた
ホントその通りでしたよ〜ん♪この手の裏切りなら、いつでも大歓迎でYO WELCOME!COME!!っす。うむ
今回のヒースは男性に飽き足らず、女性へ…ってな印象じゃなくってある意味での男気を感じちゃいましたぁハハ

■CINECHANさん、こんばんはぁ
根が単純なので単純は好きっすよん!!テヘ
しかし、本作は単純でありながらも巧みに仕組まれた「匠」にまんまと騙される感じが気持ちヨカッタですよねぇ〜♪
シエナ・ミラー。ハッキリ言って地味でした…っと、「アルフィー」は未見でして、、、もっと魅力的なんですかぁ?だとすると要チェックですな。うんうん
美人だと思ったのですが、他の女優陣が強烈ですからねぇ〜へへへ
purple in sato
2006/06/29 23:07
こんにちわ。観て来ましたよ〜。
satoさんが・・・ヒュ〜・・・なってしまう『ブエナビスタ色』って、どんな色?大味色って事ですか?
>脇を固める俳優陣が際物揃いだったりするので
コレは、ジェレミーさんやオリバー・プラットさんの事を言っているのですね!オリバー・プラット最高でした!余り似ていない自画像を子供みたいに堂々と見せている姿なんか、とても愛らしいと思ってしまいましたわ。
隣の評論家
2006/07/14 20:31
■隣の評論家さん、TB&コメントありがとうございますぅ〜。
>『ブエナビスタ色』って、どんな色?
う〜ん、それはですねぇ…おとぎ話的、コントラストの強いメリハリのあるもの?っとでも言うのでしょうか??時より、それがクドくてお腹が一杯になっちゃうのです。ふむ
「オリバー・プラット」。実にヨカッタっすよん♪
彼の存在が華を添えているのは間違いなし!っす。フフ
purple in sato
2006/07/15 00:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『カサノバ』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる