Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『サイレント・ヒル』

<<   作成日時 : 2006/07/09 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 9

funfun screaming movie

「暗闇に閉ざされた心の闇のその奥に…」

7/8(土)鑑賞
■今週末より、首都圏を中心として再び魅力的な作品が
公開になってきた筈なのにぃ(?)、、、地元では大作系を
中心としたものが幅を利かせて本当に観たい作品が…

その一番に挙げたいのが「ローズ・イン・タイドランド」。
そして二番手なのが「ゆれる」。マニアックなところでは
「リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!」が大注目!!

また「胡同(フートン)のひまわり」だったり、密かにでは
ありますが「二番目のキス」なんかも気になる…テヘ

っと、どれもこれも時期遅れ(約一ヶ月くらいかな?)にて
公開はさせるのでしょうが、、、ねぇ〜。な気分


では、リアルタイムに震えてみまっかいなぁ?な思い
から向かった先はシネコン。

レイトを霊(?)の如く狙って本日(←昨日)2本目鑑賞と
画像なったのが…


    『サイレント・ヒル(silent hill /06/米)』


日本の有名ゲームメーカーが送り出したホラー・ゲーム
であり、世界的ヒット作となった(?)のが本作の大元で
あるのは、百も承知っすね。

どうも、予告編を観た限りでは“ビジュアル”が凄そう!?
な印象。沸々々と湧き上がってくる期待感を抑えることが
出来ず、初日の混雑をも省みず挑んだのでありまする。

やはり、想像通りの混雑に「…」。

シネコンの中でも、比較的小さいホールなのもあるのだ
ろうが、なんと満席!!(←ビックリっす)


っと、いよいよ始まり始まりぃぃぃ〜♪


先ずは、これからのラインナップを予告編にて愛でる、、、
が、松竹系宣伝のせいかもしれないが“邦画”ばかり。

って事は、ホールのあちこちに貼ってあるポスターからも
想像できたことだが、これから“邦画”オンパレード??

確かに、最近は良品が多いのだが…なんだかなぁ
不安要素が頭の中をぐるぐるぐるぐる…


っと、かなり脱線してしまったぁハハ。では、本編へGO


唐突に始まる、オープニングに「むむむ…」と惹かれる。
っと、意味も分からぬままにドドッと突き進む。おぉ!


娘【シャロン(ジョデル・フェルランド)】の過去を探るため
母【ローズ(ラダ・ミッチェル)】が訪れることとなったのが
『サイレント・ヒル』と呼ばれた廃墟と化した町であった…


ゲームさながらのストーリ展開やクリーチャーの数々。
これがなんとも単純に楽しいったらありゃしない!!な
序盤戦にひとり劇場内で「ガハハ」と笑っていたりして。

その後も、謎をちびちびと小出しに解きながらの中盤。
ここでも、クリーチャーがやたらに楽しいぃぃぃ!!
それにビミョ〜にも古典的オカルトチックな絡みが◎

そして迎えた終盤の怒涛の如くの展開…
やっぱり、ゲームっぽい感覚が堪らなく楽しい!!!


これは、ゲームの主人公として自分が入り込まないと
楽しさが半減しちゃうのかもしれまへんなぁ。ふむ

しかし、一度入り込んだら、「逃げろ!逃げろぉ!!」
だけではなく「おっと、来たな!やっちまえーっ!!」と
しっかり反撃も忘れちゃいけないのだなぁハハ


なんて、書くと単なる娯楽のようにも聞こえるかも?が、
この作品の面白いのは最近ではめっきり激減した(?)
オカルト要素がいいのである。

“正義”を傘にしての、悪戯な制裁がなんとも陰湿、、、

これを盛り上げてくれるのが【アリス・クリーグ】では?
あのなんとも古典的な顔つきが印象的でしたよん。
まさに適役と言って過言ではないでせう!うんうん

それにプラスして【ジョデル・フェルランド】がイイ!
(「ローズ・イン〜」が楽しみで…とほほ)

終盤になるまで、ほとんど顔を出すことがないのが
個人的には非常に残念っすぅぅぅ
この歳(現在、12歳っすね)にして、これほどまでに
妖しげな演技が出来るとは…

他、役者陣が地味ながらも個性的な面々だったのも
良かったのかもなぁ…!?

まぁ〜、30年と言う時の流れをどう捉えるか?
また、“難解な解釈”や“理不尽”への突っ込みは…
野暮ってなもんなので、止めておいてねん!うむ

それを言い出したら限がないのでぇヘヘ


ってな事で、想像以上に楽しんでしまった本作。
監督さんの名前にあまりピンとこなかったのだけれど
クリストフ・ガンズ】監督って、実は凄かったぁ?

前作が「ジェヴォーダンの獣」だった。ってのが、先ず
興味深いのだが、それ以上にあのネクロノミカン」が
監督デビューだったのですねぇ!ウヒョ〜♪

それはそれは大変大変御見逸れ致しましたたたぁ…
m(__)m(__)m(__)m(__)m(__)m(__)mm(__)m(__)m(__)mm(__)m











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/07/10 00:49
サイレントヒル
映画『サイレントヒル』を観た。 コナミの同名ゲームが原作のホラー映画。夢遊病に見舞われた娘のシャロン(ジョデル・フェルランド)が口にする「サイレントヒル」と言う名前の街が実在することを知った母親のローズ(ラダ・ミッチェル)は、娘の病気の原因を探るためにサイレントヒルに向かう...元々ホラー映画は好きじゃないが、予告編のモノトーン風のシックな映像がイケてたので公開初日にレイトショーで観てきた。 映像とは逆に、ストーリーは突っ込みどころが満載。主人公が思わぬところからアイテムを見つけたり、見つけたア... ...続きを見る
あ〜るの日記@ココログ
2006/07/11 02:25
サイレントヒル
震えるほどの怖さはないが, テンポのいいドラマで訴える子供への愛は伝わる。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/07/11 12:11
サイレントヒル
震えるほどの怖さはないが, テンポのいいドラマで訴える子供への愛は伝わる。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/07/11 12:12
「サイレントヒル」
公式サイト 丸の内ピカデリー1、公開4日目初回です。 ピカデリー1(802席)、20分前に到着、かなり余裕がありました。 何しろ800席ですからね、、入場者数は、1-2割といったところであります。 女性グループやあ& ...続きを見る
Puff's Cinema Cafe D...
2006/07/12 15:26
サイレントヒル
「サイレントヒル」 SILENT HILL/製作:2006年、アメリカ 126分 ...続きを見る
映画通の部屋
2006/07/13 21:07
サイレントヒル
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/07/14 20:22
灰の降る街
148「サイレントヒル」(カナダ・フランス)  娘シャロンが連日悪夢にうなされ、口にする「サイレントヒル」という言葉。母親のローズは娘を助けようと実際にある街サイレントヒルへと向かう。ウエストバージニア州にあるその街は30年前の火災により廃墟と化し、今でも地下火災が続いているという。その街で娘のシャロンが行方不明となる。ローズは必死で捜索するが、そこは一度足を踏み入れたら二度と出られない呪われた街だった。 ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/07/18 01:50
サイレントヒル
 「サイレントヒル」という映画を見ました。原作は世界中にファンを持つ日本の大ヒットホラーゲームで、監督もゲームの大ファンだそうです。 ...続きを見る
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センタ...
2006/07/23 00:44
サイレントヒル見てきました。
 今回はゲームが原作の映画サイレントヒルです。ゲームが原作の映画と言えば、バイオハザードや、スーパーマリオ、ファイナルファンタジー、サイレンなどいろいろありますが、正直言って「おもしろい!」ってのないんですよね〜。さて、今回はどうでしょうか。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/07/24 02:08
サイレント・ヒル 06年157本目
サイレントヒル SILENT HILL 2006年  クリストフ・ガンズ 監督ラダ・ミッチェル 、ショーン・ビーン 、ローリー・ホールデン 、デボラ・カーラ・アンガー 、キム・コーツ KONAMI の同名ゲーム サイレントヒル&nbsp;の完全映画化? ですか?? ま、原作ものは、自... ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/07/29 13:54
サイレントヒル (Silent Hill)
監督 クリストフ・ガンズ 主演 ラダ・ミッチェル 2006年 アメリカ/日本/カナダ/フランス映画 126分 ホラー 採点★★★ 15~18世紀のヨーロッパで巻き起こった魔女狩りにより命を失った人数は、数万人にも上ると言われている。有名な所では“セイラム魔女裁判”が挙げ.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/12/12 20:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
purple in satoさん、こんばんわ。
偶然にも僕も予告編に引かれて初日に観ちゃいました。
ゲーム感覚を楽しめれば正解ですね。僕は映画を観てるより、ゲームをやってみたくなっちゃいました。(^_^;)
あ〜る
2006/07/11 02:27
こんにちわぁ。TB&コメントありがとうございました。只今ココログさんは、48時間メンテナンス実施中なので。(長っ!)TBは後日改めて伺いますね!
「サイレントヒル」凄かったです、いい意味で。私はゲームを全く知らないんですよ。でも、あの世界観は芸術の域に達していたと思いますわ。
『刀振り回してる顔がアートな大男』
『ナース集団の不気味なダンスショー』
この2点は、かなりの高得点でしたよ。でも、同時に怖かったですっ。合格ですっ。
隣の評論家
2006/07/11 22:23
■あ〜るさん、こんばんはぁ
いやぁ〜、奇遇でした!!他に観るホラーがない…と言うのもあるのですが。はぁ
ゲームを止めて十数年。確かにゲームへの再熱する想いを感じてしまいましたぁハハ

■隣の評論家さん、こちらこそありがとうです!
48時間のメンテナンスとは…確かに長いですねぇ。のんびりお持ちしちょりますよん!

>『ナース集団の不気味なダンスショー』
そうそう、これを観た時は「スリラー」でも踊るのか?なんて思った次第…てへ
このゲームは未体験でした!(って、すでに十数年やってまへんが…)が、かなり好きっす。この雰囲気ぃぃぃ
あぁ〜、しばらく「サイレントヒル」にやられそうっす!!フフフフ
purple in sato
2006/07/12 00:34
ドモドモー♪
TB、コメントをありがとうござりました。

いやー、面白かったですねー!!
ゲームの映画化は、以前、「ハウス・オブ・ザ・デッド」を観てガクーリ来たので、あまりゲームの映画化には期待しないでいたのですが・・・これにはやられちゃいました☆
>役者陣が地味ながらも個性的な面々
そーなんですよ!!仰る通りアリス・クリーグのあの古典的な顔立ちと言ったら!!笑
ショーン豆さんも控え目な演技が意外と良かったりして。ウフフ
ジョデル・フェルランド、「ローズ・イン・タイドランド」ではさらなる演技の上手さにビックラすると思いますよー、お楽しみにー♪
Puff
2006/07/12 15:37
■Puffさん、こんばんはぁ
っと、こちらこそ、どうもですぅ〜♪

>、「ハウス・オブ・ザ・デッド」を観てガクーリ
おぉ!これは未見なのですがガクーリなんですね…うむむ、それは観てみねば!って、チャレンジャーっす!!フフ
豆さんは記事にはしませんでしたが、確かにイイ脇役でしたよん。ふむふむ
ジョデルは「ローズ・イン〜」がメチャメチャ楽しみぃ〜♪♪♪

そうそう、オススメの「マドモアゼル」観ましたよ〜ん!ヨカッタ、かなりヨカッタっす!!
劇場で観たかったなぁハハハハ。はぁ〜
purple in sato
2006/07/13 00:06
こんにちわ!パープリンさん、TB&コメントありがとうございます!
この作品は完全にゲームの世界ですよね。仲間との出会い⇒アイテム入手⇒難関クリア⇒ゴール♪という流れがしっかり出来ていて面白く観れました。
最後の惨殺シーンの凄まじさでかなりポイントアップしたという感じ・・・。なかなかに面白かった♪

ところで、17日からまた海外に行ってきます。22日には帰国するので、そしたらまたお相手願いますっ!!
では暑い毎日、体の方には気をつけてね!!
睦月
2006/07/15 12:28
睦月さん、こちらこそぉ!
っと、またまた渡航するのですねぇ!!いいなぁ〜。はぁ
こちらは国内で孤軍奮闘するばかり…
本作は最近のホラー作品としては上出来だったかと!?って、私的な主観ですが。タハ

では、またまた気をつけて行って来て下さいねん。お帰りをお待ちしちょりますぅ〜♪
purple in sato
2006/07/16 01:24
こんばんは〜
この作品ビジュアル的には凄かったですね。なんともクリーチャーの造詣、動きが前衛芸術という感じでした。
まあ現代のホラーというイメージで観たら、ちょっと拍子抜けかもしれませぬ。私がちょっとそう感じてしまいましたから。
それとこれは作品には関係ないのですが、ゲームのイメージが湧かなかったですね。基本的にはゲームをやらない人なのですが、「バイオハザード」などは想像つくんですが・・・
CINECHAN
2006/07/18 01:47
CINECHANさん、いつもありがとうございますぅ
ビジュアルや展開の速さ等々結構好きっす!!
後半のホラー典型な展開がチョイと「…」な感もありましたが…
ゲームはここ十数年やってないんですけど「バイオハザード」より“らしかった”ような!?
あの映画は今じゃミラ様のアクション作になっちゃいましたねん。トホホ
purple in sato
2006/07/19 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『サイレント・ヒル』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる