Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『休日のまとめぇ』

<<   作成日時 : 2006/08/16 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

enjoy summer holiday(?)

「アッと、言う間のお休みでしたぁ…はぁ」

8/16(水)
■土曜日から始まった夏の休日も本日が最終日、、、
何をしたわけでもなく。一日一日に追い回されてたの
かもしれまへん…

が、それでも合間をぬっての余暇は楽しんだのであり
まするぅ〜。
ってな事で、簡潔にまとめてみたいと思うでやんす!


【映画鑑賞(劇場)】

8/11(金)鑑賞
■予てから楽しみにしておった作品を仕事帰りにレイト
にて愛でるとする。

             『ステイ』

「チョコレート」「ネバー・ランド」の【マーク・フォスター】監督
最新作ですなぁ。

彼の作品って、今作を含めてみてもタイプが全く違う、、、
そこに、この監督さんの奥深さを感じてしまうのです。ふむ

今回は、カメラ・ワーク含め技術的に卓越したものがありま
したですよん!
そして、それはビジュアル的な技術だけではなく“ストーリー
テイリング”に於いても言えることなんです。

アンダーな色彩は、どちらかと言うと「チョコレート」寄りなの
かなぁ?
チョイとザラついた感じがドライで作品の持つ迷宮のような
展開を盛り上げてくれるのですなぁハハ

本作を観て何故か思い出してしまったのが「-less」である!

ラストに至る瞬間まで、先読み出来ない不安感が募る…
勿論、本作はホラーではないので作品としての崇高な感じ
そのものが違って当たり前なんです。が、ラストのオチ。
それが、何となぁ〜く似て非なりってな感じだったなぁ、、、

正直、奥が深すぎて一度の鑑賞では隠された多くの“謎”に
気付くことは出来まへんでした…トホホ



8/16(水)鑑賞
■本日、午後からのっそのっそと表へ這いずり出し向かった
先は…地元の単館。

これまた期待に胸が高まる作品だったのが、、、

        『ローズ・イン・タイドランド』

【テリー・ギリアム】監督の最新作。
前作の「ブラザース〜」がどうも不調で終わってしまったので
本作へ寄せる期待度はファンのみならず高かったのではない
のだろうかぁ???

個人的に、本作での要チェックは…【ジョディ・フェルランド】。
彼女なのであ〜る!!ふむふむ

「サイレント・ヒル」では、今ひとつ彼女の存在感を物足りなく
感じてしまったものでぇヘヘ
本作では、どんだけの奇妙奇天烈を魅せてくれるのか?
とっても楽しみだったりしたのですなぁハハハ

っと、内容に関しては…非常にビミョ〜である。うむ

【ギリアム】監督の変態ぶりはけっこう逝ってて好き!
【ジョディ】嬢の演技もかなりブッ飛んでて、これまた◎っす!
が、あまりにどキツイのではぁ?っと、思えてしまう展開には
正直閉口してしまったりもする。

ローズが迷い込んだ「wonderland」。
そこは現実では理解することが難しい、おとぎ話の裏っ側
のような世界、、、

ローズの子供の世界からの視点。
壊れかけた(?)大人たちの世界からの視点。

このブレンド感がどうにも曖昧だったような…
私的には、どっち付かずで不安感ばかりが助長されたの?
なんて思ってみたりして。

まぁ〜、何れにせよ不思議感一杯の世界に「?」だったの
でしたぁハハハ


っと、本日はダブルヘッター!
このあとに愛でたる作品は別枠にてシッカリと語りたいと
思っちょりまするぅ〜フフ



【映画鑑賞(DVD)】

■劇場に足を運ぶ余裕もなく、夜中にアルコールと一緒に
まったりと愛でたのが…

             『輪廻』

「ジャパニーズ・ホラー」って、あまり信用してなかったりする
もので、レンタルにて愛でるのが“Best”と思っているひとり。

過去に「リ・インカーネイション」なる、まぁ〜んま輪廻転生を
題材にした作品があった事を覚えていらっしゃるだろうか?

本作も、テーマは“まんま”ではあるが、そこに一捻り(?)を
加えて調理されたのが『輪廻』であろう!?

ここ最近の、「ジャパニーズ・ホラー」としては脚本がしっかり
しているし魅せ方にも多少の工夫が感じられる。
その辺からしても、以外に楽しめる作品だったのでは?

が、怖いか!と聞かれると「…」であるのが残念。

でもでも、最近の中では及第点をあげたいですなぁ!うむ

※どうにも、釈然としないシーンがひとつだけある。
ラスト付近での回想によるシーンに「?」なものが写ってる…
演出にしては理不尽だし、ミスカットだとするとあまりに見え
すぎのような気がするし…
DVD(VHS)だからこそ出来る巻き戻し&スロー再生で再確認。

やぱり、なんか写ってるんだよなぁ…あれは一体何なのか?
誰か教えて下さいなぁ〜



    『ウォレスとグルミット(オリジナル&欽ちゃんver)』

クレイメーションの最高峰と言って過言ではないであろう作品。
それが、本作ではないのだろうか!?

粘土の質感をシッカリと保ちつつも、あれよ!これよ!と繰り
広げられる世界観には圧巻!!
また、作品そのものの持つ質も全く落とさないのにも◎っす♪

脚本含めた、ストーリーテリングも絶妙で飽きることなく愛でる
ことが出来るのでしたぁハハハ

アニメと思って敬遠しているのは勿体ないので、是非とも!!
老若男女の方々に愛していただきたい作品ですな。

これまた、DVDならではの「字幕版」&「吹替版」の両作品を
一気に愛でることが出来るのはうれしい限りっすよん。ハイ



【映画鑑賞(TV)】

■夏と言えば「ホラー」な気分になってしまい、テレビでも
愛でてしまうのでしたぁ

             『着信アリ2』

レンタル&劇場にて「1」と「ファイナル」を鑑賞し、残すところ
「2」のみ。
「レンタルで借りよう〜」なんて思っていた矢先にTV放映。
「おぉ〜、これはラッキーじゃ!!」ってな事でホラーな夜、、、

本作は、基本的に「1」の正統なる続編でした。
が、舞台は台湾へと移されたのでありまするるるるるぅ〜
(でも、ロケはほんのチョイとだけでしたねぇ!これはやっぱし
予算の関係なのでせうか?)

「1」の記憶も薄っすらとなりかけていたので、いきなり続編!
と言われても頭の整理が…ドッカン!

怖いのか?怖くないのか?
「1」の謎解きになっているのか?なっていないのか?

どうにも、脚本そのものに難があるのか(?)
展開が掴めないし、話の辻褄を合わせるのがツライ…

っと、先ずは如何せん本作のあとに「ファイナル」がくるのは
かなり無理難題であったことに気付く、、、

ここはひと〜つ!「リターンズ」でも創って、シーッカリと〆て
もらわねばいけまへんなぁ


【おまけ(TV)】

「トラック野郎」を久々に愛でることになる。
が、これがなんとも懐かしくっておバカ度↑↑↑なんですが
楽しいったらありゃしない!!!

“一番星”に“ジョナサン”の珍コンビが繰り広げる珍騒動。
全くもってナンセンス極まりないのだが、それが楽しい♪

この夏にチョットだけノスタルジーな気分になったのでしたぁ











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/08/16 23:36
ウォレスとグルミット〜グルミットが可愛いです!!
ウォレスとグルミットをこの前BSでやっていたのですが、ビデオ録っておいて良かったです。最近、アカデミー賞受賞で話題にもなっていますが、いわゆるクレーアニメ、粘土を少しずつ動かして撮る作品で、アニメやCGよ& ...続きを見る
名作玉手箱!〜映画・テレビ・ゲーム・漫画...
2006/08/17 17:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ウォレスとグルミット面白いですね。
クレイアニメというのは珍しいし、味があると思います。
スペードのA
2006/08/17 23:45
■スペードのAさん。
ごめんなさぁ〜いm(__)m(__)m(__)m
うっかりコメントを忘れておりましたぁ!!
「ウォレスとグルミット」はクレイアニメをクレイの質感は残しつつも、斬新な展開とカット割で楽しませてくれる秀作だと思うっすよ♪
勿論、個性も十分感じることが出来て、正に「味」のある作品でしたねぇ〜
purple in sato
2006/08/20 01:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『休日のまとめぇ』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる