Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『心霊写真』

<<   作成日時 : 2006/08/16 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 5

funfun screaming movie

「天罰とは、然るべくして降り注ぐものである」

8/16(水)鑑賞
■本日ダブル・ヘッターの第二試合目。
どちらかと言うと、この作品は“消化試合”みたいなもの
だったのだが、、、

蓋を開けてみれば、熱戦を繰り広げたのだったぁ!


       『心霊写真(Shutter)』


タイ産のホラー映画がここ数年多くなってきている。
元々は、アングラ的な要素が多分にある作品が中心で
闊歩していた筈なのだが、近年では「The EYE」等々の
スタイリッシュな作品が目立つようになってきているよう
でありまする。ふむ

そして、本作だが日本でも根強い人気を誇る(?)、
「心霊写真」をテーマとした作品だったりする。ふぎゃ〜

テーマ部分は非常に単純明快で旧日本や韓国系「恨み
・辛み」が基となっている。
が、ラストのオチが絶妙で楽しいのであ〜る!!てへ

正直、このオチやラストでのまとめがなかったら、
「…」で終わってしまったかもしれない。のだが、シッカリ
丁寧に纏め上げた仕上がりは申し分なく楽しい♪

変なモヤモヤっとした感じもないし、スッキリな気持ちで
ありながらも背筋がヒュ〜。みたいなのが◎

「恨み・辛み」がテーマなので、
「なんだぁ〜、、、」な気持ちになりそうになるが、チョット
待ったぁ!!ってな具合で喝が入る!!!

ビジュアル的にも、それなりにガンバっている。
見た目、今時っぽい感じになるのはいたしかたない、、、
それはそれで、笑って許してほしいものである。ふむ

前半に数枚の「心霊写真」が登場する。
これって、どうもモノホンらしい、、、(?)
そして、写真と言う二次元での表現の限界をしっての
展開にも「お主、なかなかやるなぁ…」だったり。

二次元と三次元とを巧にミクスチャーした作品として
及第点をつけたいと思うっす!

同じような感覚で同国の「アブノーマル〜」がある。
これは、全くもっていただけない!!
怖く怖〜く魅せようとしながら無理やりに(?)引っ張る
感じがナルシストっぽくて嫌い。

ベタでありながらも「映画」として、「娯楽」として楽しむ
基本をシッカリ抑えた本作は◎である。


あまり評判になっていないようだが、お金と時間に多少
なりとも余裕のある方は観てみてほしいものだぁハハ


また、これでこの週末に愛でる予定の「トカゲ女」。
これがなんともビミョ〜に楽しみになってきたぁ。

またまた地方の性で今更ながらではあるのだけれど…










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/08/17 00:03
本物の心霊写真
111「心霊写真」(タイ)  カメラマンのタンは恋人のジェーンと共に大学時代の親友4人組の1人、トンの結婚式に出席し、その帰り突然飛び出してきた女性を撥ね、逃げてしまう。その翌日仕事で撮影した写真に女性の顔のようなものが写っていた。その時から二人の周囲で次々と恐ろしいことが起こり始める。  ある日友人のトンが現れ、何かに憑かれたような調子で「あの写真はどこだ? あの写真のせいだ!」と叫び、姿を消してしまう。心配したタンがトンの家を訪れると、そこにも不思議な光が写った写真があった。  ... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/08/18 00:47
心霊写真 (Shutter)
監督 パークプム・ウォンプム/バンジョン・ピサヤタナクーン 主演 アナンダ・エヴァリンハム 2004年 タイ映画 97分 ホラー 採点★★★ 日本中がオカルトブームに沸いていた70年代後半。テレビをつければ必ずどこかで心霊写真特集や恐怖体験談をやっている、ある意味素晴.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/11/02 21:37
心霊写真 06年208本目
心霊写真 SUTTER 2004年 タイ   パークプム・ウォンプム 、バンジョン・ピサヤタナクーン 監督アナンダ・エヴァリンハム 、ナッターウィーラヌット・トーンミー 、アチタ・シカマーナー タイで年間興行収入ナンバーワンを記録し、社会現象を巻き起こしたホラー映... ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/11/03 01:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。新着から入りました。うちにもどうぞお越しください。
msn1917
2006/08/17 00:24
おはようございます♪はじめまして!
先日は、コメント&TBいただき、ありがとうございました〜。
おお、1日に2つも記事を上げるなんて、優秀です!私はゆっくりこれから昨日見たものを書こうかなと思っております。
ところで、私もこれ、見たかったんですよ。
この心霊写真は本物だったと、名古屋の方に後から聞いて、東京の方が早いため、すっかり見逃して悔しい思いをしました。
どうやら面白かったようで、良かったですね!
私はDVDで見ようと思います。

また遊びに来ますね。TBのみで昨日は失礼致しました。
とらねこ
2006/08/17 06:17
■msn1917さん、Blog拝見させてもらいました!
面白いBlogですねぇ〜。ワニ肉のハムですか…ワニ肉そのものなら食したことがあるっす。
そうそうダチョウ肉なんかも、、、てへ

■とらねこさん。コメントありがとうございます!!
昨日は…なんとなく気まぐれで2つの記事をアップしてしまったのです。てへ
>この心霊写真は本物だったと
ハイ!一部、ストーリー内に出てくる写真がどうもモノホンだったようです(たぶん?)
本作、個人的にはベタながらも丁寧なつくりに大喜びだったのです。フフ
是非ともDVD鑑賞後の感想をお聞かせ下さいねぇ〜♪
ではではぁ
purple in sato
2006/08/17 23:34
ど〜も、こんばんは。
お盆も関係なく働いている私です(泣)
ちょっとホラーを観すぎているせいか、これもありがちな感じがして、及第点とまではいかないかな。
本物の心霊写真を集めて、それを見せているわけですが、本物は「微妙」ですね。この作品用の写真の方が怖かったりして・・(笑)
個人的な好みから言えば、「アブノーマル〜」の方が好きですね。ちなみに何故かパン兄弟は香港へと移ったみたいですね。「アブノーマル〜」「アイ2」「3」は香港映画でしたから。
CINECHAN
2006/08/18 00:53
CINECHNAさん、いつもありがとうございます!
>ありがちな感じがして、及第点とまではいかないかな
っと、なるほど手厳しい採点のようですねぇ。まぁ〜、それだけ沢山の作品を観ていると言うことなのですね!
相も変わらず“極楽トンボ”(←って、今はタブーでしたかね…汗)なもので単純明快に楽しんでしまいましたぁハハ
パン兄弟は香港に行ってたのですか?
うむむ、それは全く知りませんでした!って言うか気にしてませんでした…大汗
では、次は「The EYE」でも観てみまぁ〜す♪
purple in sato
2006/08/19 00:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『心霊写真』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる