Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『9月も映画におちるのかぁ?』

<<   作成日時 : 2006/09/03 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

FUN × 5

「あれこれ(?)と語っちゃいます。フ」

9/3(日)
■9月に入ったと思ったら、朝晩だけじゃなくって日中も
すっかり過ごしやすぅ〜いのである。へへ

なんとなく体が元気な気持ちになっちゃうなぁ〜♪

っと、先日のBlogにて今月の行事をちょろちょろちょろっと
述べてみたのでが、忘れてましたぁ!


    『ショートピース!仙台短編映画祭2006
                ↑
           (クリックしてみてね)
画像
 
 
 
 
 
 








これは、個人的にはかなり楽しみだったりするのですぅ〜
っと、何が楽しみなんだよぉ!なんて言わないで下さい。

勿論!上映作品だったりするのですぅフフ

プログラムはA〜Kの「11」に分類されているのですが、
どれもこれも魅力(みりき)的なものばかりぃぃぃ

でも、全部観る!なんてのは到底無理!!!!!

なものですから、どれかを洗濯?じゃなくて!選択せねば
ならんのですなぁ。うむむ


ってな事で、先ずはぁ…


プログラムB】の
「アイライクミュージック、アイライクムービー」なのです

要チェックなのが、これ!
「THE MASTER OF SHIATSU 指圧王者」

「指圧の王様」である【浪越先生】が主役の短編!
これは異色としか言いようがない作品でせう…

そして、これ!!
「パトリス・ルコントの“ボレロ”」
8分という制約の中で、如何に【ルコント】流にラヴェルの
名作『ボレロ』を描き出すのか?


ついで【プログラムC】の
「Boy meets boy in the Night」なのですなぁ

「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(TIL&GFF)」に触発
されてのプログラムみたいっす。

今の時代だからこそ、このナイーブな世界に触れてみる。
な気持ちで興味津々。

勿論!本人は男性よりも女性が大好きっすぅフフフ


更に【プログラムH】の
「ぼくらの伯父さん」。これは必見でせう!!

【ジャック・タチ】を大々的にフューチャーしてのプログラム。
「トリュフォー、ゴダール、タルコフスキーをも虜にした」とも
言われる巨匠に触れずして。っすよん

【ゴダール】監督の「右側に気をつけろ」の原点であります
『左側に気をつけろ』なんかは堪らんですなぁハハ


最後に【プログラムI】の
「短くても長い?」で【タルコフスキー】監督にふれるぅ〜♪

こちら短編と言いながらも他よりも長尺なのですなぁ。
この辺からして【タルコフスキー】らしいと言うか…

まぁ〜、この機会に再びスクリーンで愛でるってのも◎



と、長々と綴りました。が、何とかしてこの「4つ」はね!
クリアしたいものですぅ。ふぅ〜、大変かも?






ここで、私的に気になって仕方がない今月公開の作品も
ご紹介しておこうかなぁ…それはぁ


 「夜ピク(Official URL:http://www.yorupic.com/)」


仙台出身の【恩田陸】さんの原作であり“大ベストセラー”
が待望の映画化(?)
ってのは、宣伝文句まんまなのですし、原作自体未読。
なのですが、なんとも興味がありありありぃ〜なのです!

40を前にしたオヤジではあります。
でもでもでも、たまにはさぁ〜、“あの頃”を思い出しても
いいんじゃないかなぁ!?

なぁ〜んて思ってみたりしてさぁ!
今からドッキドキしてたりしてさぁ!

主題歌がこれまた仙台発信の『Monkey Majik』ってのも
なんともツボにドキュンときちゃっててさぁ♪

彼らのサウンドにはどこか懐かしさにふれるノスタルジー
ってのを感じちゃうんだよねぇ〜。

シングルになる「フタリ(10/4発売)」もまた楽しみぃ〜♪







画像※9/2(土)DVD鑑賞


          『パリ空港の人々


【フィリップ・リオレ】監督、“1989年”の作品がDVDとして
リリースされてたみたい、、、
っと、たまたまレンタル屋さんへ赴いた際に知ったのです
が、、、ははぁ

【リオレ】監督というと「マドモアゼル」や「灯台守の恋」と
どれも秀作ばかりを撮っている監督さんですなぁ
っと言うより、個人的に好きになった監督さんっすぅ〜
(正直、最近まであまり知りまへんでした…とほほほほ)

フランス版「ターミナル(スピ監督のね)」ってな雰囲気が
プンプンと伝わってくる作品です。
が、本作の方が数段も面白いっすよん!!

様々な人々(人種)が交錯する“空港”。

そんな中にあって、ちょっとしたトラブルや事情があって
留まってしまった人々、、、

そこに生まれたちょっと笑えて心温まる「ドラマ」である。
なんとも素敵な作品でしたよぉ!!

クリスマスの時期にも再び愛でたくなりそうでやんす♪
DVD買っちゃおうかなぁ…悩むとこっすぅぅぅ











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
FUN×5〜五つの楽(fun)を探して〜様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/09/03 01:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あ!良い映画祭がするんですねー!
これは是非とも通わないといけませんね。ウフフ

ジャック・タチの3作品は、ヒルズでジャック・タチ映画祭があったのでその時に観ました。
いやー、どれも素晴しかったですよ、お勧めです。
特に「郵便配達の学校」が面白かったです。
タチは最も好きな監督さん・・・
語ると終わらないのでこの辺にしておきます。エヘヘ

でで、フィリップ・リオレ監督ですよ!!
「マドモアゼル」や「灯台守の恋」など、satoさんと意見が合うのですよねー
実は「パリ空港の人々」は未見なのです。
これはどうしても観たい作品。
パッケージも素敵ですね♪
Puff
2006/09/03 17:25
Puffさぁ〜ん、ありがとですぅ!!
この記事にコメントがくるとは…予想しておりませんでしたぁハハ(読者が少ないもので…へへ)

「ジャック・タチ」今からかなり楽しみっすよん。っと、コメントの内容からしてワクワク度はギュ〜ンっと急上昇っすぅ〜↑↑↑

「リオレ」監督の本作。これまでの彼の作品では一番好きかもしれまへん。うんうん
是非ともレンタルにてご覧になってみて下さい!何度でも観たくなる秀作っすよん!!

Puffさんには色々と教えていただいているので感謝なのです&どれもかなり好みが合うのもうれしい限りっすぅ。てへ

これからもヨロシクなのでしたぁハハ♪
purple in sato
2006/09/03 20:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『9月も映画におちるのかぁ?』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる