Fun ; the sunnyday & life

アクセスカウンタ

zoom RSS FUN … 『ゆれる』

<<   作成日時 : 2006/09/17 13:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

FUN the lastday

「ゆれて、ゆられて、
          ゆられて、ゆれて、、、」

9/7鑑賞
■今年に入ってからというもの、なんか久々ではあるのだが
日本映画に俄然興味が湧いてきた。

同国人だからこそ持つ、心の奥にある「何か」を“ギューッ”と
掴まれるような?

「日本映画」って、どことなく欧州の臭いに似ているものがある
ようにも感じるのである。
それは、明るく弾けた「陽」の部分よりも、塞ぎ込む「陰」での
描き方が繊細でアンニュイなように思えたり、、、



ってな事で、今回のお題は…
画像


              『ゆれる



「あの橋を渡るまでは、兄弟でした。」…

そんな意味深な“キャッチ”に何とも言えぬ、心の“ゆれ”を
感じたのは自分だけではないのでは?


女流【西川美和】監督による劇場長編第二弾である。
彼女の《優》とされるべきところには「オリジナル脚本」と言う
一貫した作品に対する想い入れがあるようにも思う。

そして、本作での一番の(個人的な)関心事。
それは【オダギリ・ジョー】の演技にあったのである、、、



------------------------------------------------


《物語》

東京で写真家として成功した弟の猛(オダギリ・ジョー)は、
母の一周忌で久しぶりに帰郷。

実家に残り父親と暮らしている兄の稔(香川照之)、
幼なじみの智恵子(真木よう子)との3人で近くの渓谷へと
足をのばすことにする。

懐かしい場所にはしゃぐ稔。
稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。

だが渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、
智恵子が落下してしまう…。

その時そばにいたのは、稔ひとりだった。


------------------------------------------------


最初から、最後まで。
観ている本人は「ゆれ」を体感したままに、劇場を後にする。


この作品は、全てに於いて“間(はざま)”が存在し、
距離感はそれぞれに違えども、その間で何かしら「ゆれ」が生じ、
そこから近づいたり、離れたり、ゆがんだり、ひずんだり、、、

それらはいつしか対となり、相反しながらも共鳴し、
凹凸(デコボコ)と「ゆれ」つづける…


先ずは、「田舎」と「都会」との“間”でみんなが「ゆれ」る。

誰しもが(?)、憧れ夢描くであろう「都会」での生活。
また堅実ながらも、日々同じ事を繰り返す「田舎」での生活。
(ここでの、表現は映画の中と割り切ってください!)


次に、「兄(姉)」と「弟(妹)」という切れない(?)“間”の「ゆれ」。

何もかもが自分よりも優れていた「兄」。
いつも自分が手を差し伸べて支えてきた可愛い(?)「弟」。



そんな、脆くも儚い“間”にあった一本の線が「吊橋」であり、
それを渡った瞬間に「吊橋」がゆれるが如く、均衡を保っていた
心の中の一本線が右へ左へと大きく揺らだしたのであろう…


「兄」は弟に嫉妬し、「弟」は兄に嫉妬する。


そんな誰にでもあるような「ゆれ」が、平穏だった田舎町での
悲劇を生む事になってしまう、、、


ここでの二人の関係が事件(事故?)によって、
今までとはまったく逆の立場へと変わることで、
更なる「ゆれ」が、、、


「弟」は今まで抱えてきた兄に対する嫉妬心から開放されるべく
献身的になり。
「兄」もまた弟への嫉妬心や全ての束縛から解放されたことで、
積もり積もった怒りや希望となる。


ここで、三度の「ゆれ」が物語を大きな激流と変える、、、


ラスト。冒頭の「吊橋」を象徴するかのような、
激しい流れの道路を挟んでの“間”で二人は「ゆれ」る…



本作の大収穫はやはり【オダギリ・ジョー】の演技でしょう!
まさか、彼がここまでの演技を出来るとは思っていなかった
(ファンの方々スミマセン…)。

セリフ回しではなく、「目」での演技が特筆であろう。

まさに「ゆれ」る瞳が多くを語らずとも物語る。とでも言えば
良いのでしょうか?絶品です!!

勿論!【香川照之】ほか役者さんたちの演技。
どれもこれもと〜っても素晴らしいのは言うまでもない。

が、ここでは敢えて【オダギリ・ジョー】に軍配を挙げたい!
これからがますます楽しみになった役者さんになったのだ。
「仮面ライダー」だったあの頃は、もう遠い昔の出来事なの
ですねぇ…





っと、これにて当“Blog”をしばらく休止します。
「あっ」と言う間の一年間は長くもあり、短くもあり、と様々な
想いもございましたが、、、

ではでは、みなさま本当にありがとうございましたぁハハ♪









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゆれる
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/09/18 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。TB&コメントありがとうございました!お久しぶりで、突然休止だなんて・・・。しかもこの作品が最後の作品だなんて・・・。超ゆれ動くよお!睦月の心はああ!!

でもね。パープリンさんも苦渋の決断だったと思うから。・・でも寂しいです。

・・・ってこんなこと書いてたら、この作品さえも吹っ飛んでしまった!!
パープリンさん、早く帰ってきてよっ!!
睦月
2006/09/19 01:05
睦月さぁ〜ん、どもどもぉ

この作品が当Blogの最後になってしまいましたぁ…が、作品には関連性はないのですぅ。

いろいろとご心配いただいて…ううう
感謝感激ハゲがバレ?じゃなくて、雨霰でしたぁハハ。はぁ〜

また、復活をしたいと思ってますよ!!
でも、今は小休止、、、
睦月さんのお宅(Blog)には今までとおり
オジャマ虫させてもらうので、その節には
タップリと弄ってやってくださいねぇ〜

「スーパーマン」のようにはいきませんが、
“リターンズ”する日をお待ち下さいましぃぃ
purple in sato
2006/09/19 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
FUN … 『ゆれる』 Fun ; the sunnyday & life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる