FUN×5 … 『歓びを歌にのせて』

画像「自分の人生を生きたい…」

来週から若干のBlogスタイル(運用方法)を変更するのに
ボォ~っと考えておりましたもので…
ここ数日は、すっかりサボってしまっていました…。

しかしながら「映画」「音楽」「運動」&「仕事(一応?)」とは
頑張っておったのです。ハイ!

そんなこんなで、久々のレビュー。
「これは書かにゃ~イカン!」ってな事だったりするのです。

歓びを歌にのせて(原題:sa som i himmelen(as it is in heaven))』

オーケストラ指揮者の「ダニエル」は体調の不良から暫しの
休養を余儀なくされ、子供時代の苦い想い出の地へ。
そこは、美しい自然に溢れ「ダニエル」にとって安息の地に
なるはずだったのだが…

スウェーデン映画って言うと、最近では「キッチン・ストーリー」
なんかが有名なのかな?
(この映画も、とっても温かい素敵な映画でしたぁ☆)

スウェーデンの片田舎の聖歌隊に「ダニエル」が指揮者として
携わっていく、と同時に人々の中にあった「何か」に変化が…。

田舎と言うのはのどかで大らか反面、とても保守的なところも。
その象徴的なシーンは物語が進むにつれ様々な場面で明らか
にされてくる。
でも、誰しもが根本的には「悪人」ではない!
ただ、縋るものが他に何もない狭い世界で生きてきた…。
たった、それだけの事なんですよ。

それが「ダニエル」に触れ、「真の音楽」に触れた事で、誰しもが
心の奥底にあった「自己」を解き放していったんだと思う。

「音楽」って頭で考えるものじゃなく、心と身体で感じとるもの。
少なくとも、僕はそう思うし、そう触れてるつもり♪

本作には、それだけに納まらないもっと大きな力が漲ってる!

中盤でのコンサートでオリジナル曲を披露するシーン。
            【溢れる喜び】
ラスト間近の「ダニエル」の『生きる』歓びに溢れるシーン。
            【漲る生命力】
ラスト…

ダニエルは自身の「生死」と「過去」に怯え
レナは真実の「愛」に怯え
ガブリエラは夫の「暴力」に怯え
夫のコニーはそんな「自分」に怯え
スティッグは自身の作り崇める「神」に怯え
インゲはそんな「夫」に怯え…

誰だって何かしらに「怯え」て、生きているもの。
それは自分の弱さからくるもの、人ってとっても弱い生き物。
その弱さと向き合い飛び越えた時、はじめて「生きている」
歓びに気付く。そんなものなのかもしれません…(?)

これだけの映画にはそうそうめぐり合う機会はない♪
展開が読めそうでいて、ドキリとさせられる脚本の妙。
ハンディを多用した映像がリアルで躍動的。
役者さんたちの演技も申し分なし。
ホント!素晴らしい映画でした☆☆☆
間違いなくDVDがでたら即買い決定ですねぇ。

あぁ~映画ってだから止められない止まらないなのです♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あんと夢子のあん
2006年01月15日 16:04
ガブリエラの歌声が胸に沁みました。ラストも秀逸でしたね。Tb失礼します。
Puff
2006年01月15日 17:06
こんにちは♪
ホント、良い映画でしたよねー・・・
素晴しい映画と出会えることほど嬉しいことはありませんね。
音楽に触れて自己を解放して行った映画はいろいろとあるけれど、この映画ほど自然に素直に感動出来るのはあまりありませんね。
「怯え」と向合って「生きている」歓びに気付く・・・
まさにそうですね!
思っていてなかなか良い言葉が見つからなかったのですが、言って下さってありがとうございます~♪ウフ
隣の評論家
2006年01月15日 19:13
こんにちわ。ステキなレビューですね。相当に感銘を受けたご様子で!
>「自分の人生を生きたい…」
という書き出しから、観て良かったという満足感がヒシヒシと伝わってきましたよ~。やっぱりミニシアター作品は止めらせんね~。
私は本日、「ホテル・ルワンダ」を観に行って参りました。何とも素晴らしい映画の底力を見せつけられました。必見ですよ!っと、そちらでは上映してるのかしら?
あん
2006年01月15日 21:59
早速おいで頂き有り難う御座います。Tbしたつもりでしたが付かないみたい、検索していらして下さったのかしら、恐縮でした。
ANDRE
2006年01月15日 23:00
TBどうもありがとうございました。
この映画、観てからそろそろ1ヶ月ほど経ちますが、ラストシーンの素晴らしい音が今も頭に残っています。

観た直後は中盤の演奏会のシーンにとても感動しましたが、いつまでも心に残るのはラストシーンでした。とても力強い作品だと思います。
linden-leaf
2006年01月15日 23:10
ごめんなさい。
こちらの接続の状態が悪かったのかTBが何度も重なってしまいました。
本当にごめんなさい。消してくださいね。
それから、こちらへのTBありがとうございます。私もとても好きな映画です。
本当にごめんなさい。
マダムクニコ
2006年01月15日 23:17
>弱さと向き合い飛び越えた時、はじめて「生きている」歓びに気付く。

その通りですね。
本作のテーマは”飛ぶ”ことだと思います。
レナの歌も、天使も、飛び板も・・・。
ケント
2006年01月16日 11:01
TBありがとうございました。まだ開業1週間ですが、頑張ります。今後ともよろしく。
ここで書かれている『誰だって何かしらに「怯え」て、生きているもの』って含蓄ありますね。
charlotte
2006年01月16日 12:17
こんにちは。TBありがとうございました。
>音楽」って頭で考えるものじゃなく、心と身体で感じとるもの。
=本当にそうですね。私もそう思います。
わかってはいても、自分の心の中に感じるものがいっぱいになってこないと湧き出てこないものです。
サントラを聞いてますが、躍動感は映画館の方が感じ取れそうです。出来るだけ大画面と大音響で聞きたいなあ
April
2006年01月16日 20:51
はじめまして。
TBありがとうございます。
そうなんです。「悪人」なんていないんです。
音楽により解き放たれる人々。
素晴らしいことですよね。
sabunori
2006年01月16日 22:31
こんにちは。
TBありがとうございました。
ファーストシーンとラストシーンが印象的な作品でした。
>展開が読めそうでいて、ドキリとさせられる脚本の妙。
そうなんですよね。ラストの大団円のコンクールシーンは
きっとこうなって・・・と予想していたもののほんの少しだけ違う方向へ持っていく。
そのへんがうまいな、と思いました。
yamasan
2006年01月17日 04:20
TB有難うございます。

僕はこれ、去年の年末に見て、ベスト1にしました。そして、年明けにももう一回見てきました。
DVDは絶対に買いですね。サントラも買っちゃいましたし。
ダニエルのラストは悲しいですが、彼の夢が叶ったのが、救いですね。

本当に、映画は見だしたら辞められないですね。
ケント
2006年01月18日 13:31
コメントありがとうございました。ブログ歴1週間の新米ですが、今後よろしくお願いします。
toe
2006年01月20日 01:44
こんにちは。

いい映画でしたよね。
音楽が心の傷を癒すというメッセージがとてもステキでした。
DVDの発売楽しみですね♪
にゃ♪
2006年01月29日 21:24
TBありがとうございました。
ガブリエラの歌声が素敵でした。
歌詞も心に残ります。
TBお返ししますね。
tara
2006年02月04日 18:02
こんにちわ。TB&コメント、ありがとうございました。
>誰だって何かしらに「怯え」ているもの。ダニエルに出会ってみんながそれぞれに「自己」を開放していった。
ほんとうにここが素晴らしかったですね。
私もDVDでずっと手元においておきたい作品だと思いました♪

この記事へのトラックバック

  • テレビ・メディア

    Excerpt: FUN×5~五つの楽(fun)を探して~様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして.. Weblog: blolog〔ポジティブレビュー〕 racked: 2006-01-15 11:12
  • 「歓びを歌にのせて」

    Excerpt: 公式サイト AMC、公開5日目です。 今日はレディースデイですからね、、 「ハイヤッ!」と気合を入れて一番のりでござりました。 7割程の入場者数、やはり人気がありま.. Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary racked: 2006-01-15 16:57
  • 「歓びを歌にのせて」

    Excerpt: 「歓びを歌にのせて」SA SOM I HIMMELEN / AS IT IS I Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-01-15 19:08
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: スウェーデン映画というとイングマール・ベルイマンくらいしか浮かばない 自分ですが、本作はケイ・ポラック監督の18年ぶりの監督作で本国で大ヒット、 昨年のアカデミー賞では外国語映画賞にもノミ.. Weblog: It's a Wonderful Life racked: 2006-01-15 22:42
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: この「歓びを歌にのせて」はこの前試写会で観ました。タイトルから分かるように歌の映画で、以前期待せずに観たら思わずモノスゴイ感動したこの映画っぽい感じかな~と思ってました。今回のはスウェーデンの映画で、.. Weblog: 欧風 racked: 2006-01-15 22:42
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: スウェーデン映画というとイングマール・ベルイマンくらいしか浮かばない 自分ですが、本作はケイ・ポラック監督の18年ぶりの監督作で本国で大ヒット、 昨年のアカデミー賞では外国語映画賞にもノミ.. Weblog: It's a Wonderful Life racked: 2006-01-15 22:43
  • 映画「歓びを歌にのせて」 

    Excerpt: 「歓びを歌にのせて」 2004年 スウェーデン 知らない人も多いかと思いますが、 Weblog: Andre's Review racked: 2006-01-15 22:58
  • 「歓びを歌にのせて」

    Excerpt: スウェーデンの映画「歓びを歌にのせて」を観てきました。 人の声は最高の楽器。 一人一人の声が重なり合う時に生み出す素晴らしい音の世界。 傷ついた幼い頃の思い出を抱えながら、小さい頃過ごした町に戻っ.. Weblog: 空見る毎日 racked: 2006-01-15 23:07
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt:  世界を舞台に活躍する著名なオーケストラ指揮者ダニエル。彼は過酷な公演スケジュールとプレッシャーの中、病に倒れ、第一線を退くことになる。 ぼろぼろの心臓と深い孤独を抱えて、彼は生まれ故郷の小さな村に.. Weblog: なんちゃかんちゃ racked: 2006-01-15 23:15
  • [ 歓びを歌にのせて ]躍動感!

    Excerpt: [ 歓びを歌にのせて ]@渋谷Bunkamura ル・シネマで 鑑賞。前評判が高いのか、朝イチから満席である。 Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-01-15 23:34
  • 歓びを歌にのせて:魂のコール&レスポンス

    Excerpt: ★監督:ケイ・ポラック(2004年 スウェーデン作品)京都シネマにて鑑賞。昨年12月から、なぜか音楽に関する映画をよく観ている。「真夜中のピアニスト」「風の前奏曲」「僕のスウィング.. Weblog: 「朱雀門」という方法 racked: 2006-01-15 23:42
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 歓びを歌にのせて  2005/スウェーデン  ★★★★★ 監督 ケイ・ポラック 出演 ミカエル・ニュクビスト / フリーダ・ハルグレン / ヘレン・ヒョホルム ■あらすじ■  心臓を患.. Weblog: Cinema-Absolutism racked: 2006-01-15 23:44
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 2004年のスウェーデン映画です。 日本公開は今日(12月17日)で、渋谷の文化村ル・シネマまで行って観てきました。スウェーデン映画と意識して観た映画は恥ずかしながらほとんどありません。2年前の「エ.. Weblog: マジック・映画について思うこと racked: 2006-01-15 23:49
  • 歓びを歌にのせて@ル・シネマ

    Excerpt: 世界的な指揮者・ダニエルには余命が幾ばくもなかった。著名になる以前に改名をしていた彼は、そこが故郷だと周囲に気づかれずに、スウェーデン北部の寒村に引っ越す。多忙を極めた現役から一線を退いたが、教会の聖.. Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象 racked: 2006-01-16 00:23
  • 『歓びを歌にのせて』 (初鑑賞5本目・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 2004年 北欧スウェーデンの映画です。 2005年米アカデミー外国語映画賞にノミネートされました。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2006-01-16 00:39
  • ★「歓びを歌にのせて」

    Excerpt: 2004年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。 ドイツかと思ってたら、スウェーデンでした。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-01-16 02:36
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 世界的に有名な指揮者、ダニエルは、病気に倒れて第一線を退き、故郷の村に戻ります。音楽から離れるつもりでいたダニエルですが、村の聖歌隊の指揮を依頼され、彼らの音楽を愛する心に惹かれて、引き受けることにな.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-01-16 07:25
  • 音楽によって傷付いた男が、音楽によって至福の時を得る

    Excerpt: 「歓びを歌にのせて」  「人にはそれぞれの’音’がある」。この映画の中のセリフで思い出したのが、大学時代のこと。属していたESS(英語のサークル)の演劇セクショ Weblog: 人生はお伽話もしくは映画のよう racked: 2006-01-16 08:12
  • 映画: 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 邦題:歓びを歌にのせて 原題:As it is in Heaven 監督:ケイ・ Weblog: Pocket Warmer racked: 2006-01-16 09:33
  • 『歓びを歌にのせて』~歌に生えた翼~

    Excerpt: 『歓びを歌にのせて』公式サイト 『歓びを歌にのせて』サウンドトラック 監督:ケイ・ポラック出演:ミカエル・ニュクビスト フリーダ・ハルグレンほか 【あらすじ】(goo映画より)天才指揮者のダニエ.. Weblog: Swing des Spoutniks racked: 2006-01-16 10:29
  • 『歓びを歌にのせて』

    Excerpt: (原題:Sa som i himmelen 英題:AS IT IS IN HEAVEN) 2004年/スウェーデン 第77回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品 監督・脚本:ケイ・ポラック 出演:.. Weblog: Brilliant Days racked: 2006-01-16 10:49
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt:  我が家の周辺も、今朝はとうとう初雪が積もってしまいました。さて、『歓びを歌にのせて』という記憶しにくいタイトルのこの映画ですが、期待に反してなかなかのものでした。 『歓びを歌にのせて』  ★★★★☆.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2006-01-16 10:52
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 天才指揮者として世界的に大きな名声を得ているダニエル・ダレウス。しかし想像を絶するプレッシャーと過酷なスケジュールのために彼の肉体と精神はもはや限界に達していた。そしてついに彼は第一線から退くことを決.. Weblog: はむきちのいろいろ日記 racked: 2006-01-16 13:36
  • ハートにじわじわ染みてくる「歓びを歌にのせて」

    Excerpt: いい映画でした。 観ているうちに何となく体が温まってくるような。 そして<歌>の Weblog: ココロにおいしいシネマ racked: 2006-01-16 15:40
  • 太陽のように輝く笑顔 『歓びを歌にのせて』

    Excerpt:  銀座のプレイガイドで、この映画の前売り券を買おうとしたら、「売り切れです」と言われてしまいました。前評判がいい作品であるという認識が全くなかったので、ちょっと驚きました。少々大げさな邦題でもあるし、.. Weblog: 海から始まる!? racked: 2006-01-16 18:45
  • 歌声よ!響け 映画「歓びを歌にのせて」

    Excerpt: 音痴全開!エイプリルで~す~♪ 第九が流れる季節になりましたね。年賀状は書けたかな? Weblog: April april racked: 2006-01-16 20:46
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 黄金色に輝く草が一面に揺れる草原でバイオリンを奏でる少年。 美しいファーストシーンだ。 天才指揮者として成功をおさめたダニエル・ダレウスは肉体的、精神的に限界を感じ、 全てを捨てて幼少時代を.. Weblog: 龍眼日記 Longan Diary racked: 2006-01-16 22:23
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: 今年の初泣きはこの映画だった。 2004年にスウェーデンで制作されたこの映画は、「心を解放させる音楽」についての奇跡を描いた映画だった。 泣けた~。 <STORY> 世界的な音楽家ダニエル(ミカエル・.. Weblog: toe@cinematiclife racked: 2006-01-17 01:15
  • 歓びを歌にのせて~今年のマイベスト1

    Excerpt: 春先に見た「コーラス」と同様に、音楽がいかに人間に 勇気を与え、生きる力をもたらしてくれるかを、この 映画「歓びを歌にのせて」は教えてくれる。 天才音楽家であり、世界に名高いオーケストラ.. Weblog: Osaka-cinema-cafe racked: 2006-01-17 04:17
  • 歓びを歌にのせて(映画館)

    Excerpt: 心に響け!天使の歌声 CAST:ミカエル・ニュクビスト/フリーダ・ハルグレン/ヘレン・ヒョホルム/レナート・ヤーケル 他 ■スウェーデン産 132分 2006年の最初の映画館で観た映画はこの作品で.. Weblog: ひるめし。 racked: 2006-01-22 12:57
  • 『歓びを歌にのせて』

    Excerpt: 久しぶりの劇場でのスウェーデン映画です。 渋谷とか池袋あたりでイングリッド・チューリンとか(東京出身の)リブ・ウルマンが出てくる映画をよく観てましたから、なんかそれ以来という感じです。『叫びとささ.. Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど racked: 2006-01-22 17:48
  • 心に響き渡る歌声~「歓びは歌にのせて」

    Excerpt:  独立系の映画を上映している個性的なシネコン「京都シネマ」(四条烏丸)へ久しぶりに行った。観た映画「歓びは歌にのせて」の醍醐味は、圧倒的な歌声、音楽の力そのものだと思う。傷ついた合唱隊の指揮者ダニエル.. Weblog: 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記 racked: 2006-01-22 21:05
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt: なんで良い映画に限って単館なんだろうなぁ。 一般受けしないんだろうか。 この映画... Weblog: 微笑みの街 racked: 2006-01-25 01:51
  • 『歓びを歌にのせて』

    Excerpt: 今日は渋谷のBunkamuraに『歓びを歌にのせて』を見に行きました。スウェーデ Weblog: Favorite Box racked: 2006-01-29 21:22
  • 歓びを歌にのせて(2004) -Så som i himmelen -

    Excerpt: ゆったりとたおやか、穏やかで優しい北欧の薫りただよう素敵な作品。 癒されます。見終わって静かな充足感でミタされます。 天才指揮者としの名声を得て多忙な日々を送っていたダニエル(ミカエル・ニュク.. Weblog: Chic & Sweet * びいず・びい racked: 2006-02-03 15:59
  • 歓びを歌にのせて

    Excerpt:  世界的な大指揮者としての名声を博した主人公が、心臓疾患を患ったことをきっかけに、故郷に隠遁するが、ふとしたきっかけでその地で活動している聖 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-02-05 13:06
  • 歓びを歌にのせて(2004スウェーデン)

    Excerpt: 試写状の写真から、勝手に「ミュージック・オブ・ハート」のように、女性がリーダーになって音楽を引っ張る話かと思っていました。が、実は主人公は冴えないオジサン(といっても世界的な指揮者)。体調を崩し、.. Weblog: WAKOの日常 racked: 2006-02-06 09:05
  • 歓びを歌にのせて(2004スウェーデン)

    Excerpt: 試写状の写真から、勝手に「ミュージック・オブ・ハート」のように、女性がリーダーになって音楽を引っ張る話かと思っていました。が、実は主人公は冴えないオジサン(といっても世界的な指揮者)。体調を崩し、.. Weblog: WAKOの日常 racked: 2006-02-06 09:05
  • 歓びを歌にのせて(2004) -Så som i himmelen -

    Excerpt: ゆったりとたおやか、穏やかで優しい北欧の薫りただよう素敵な作品。 癒されます。見終わって静かな充足感でミタされます。 天才指揮者として名声を得、多忙な日々を送っていたダニエル(ミカエル・ニュク.. Weblog: Chic & Sweet  びいず・びい racked: 2006-02-08 17:36
  • 『歓びを歌にのせて』

    Excerpt: 歌うことを通して、生きることのステキさを実感。 すがすがしい歓びに満たされるスウェーデンの物語。 天才指揮者として世界的な成功を収めたダニエルは病に倒れ、生まれ故郷のスウェーデン北部ノルランド.. Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY racked: 2006-02-18 01:51
  • 【歓びを歌にのせて】

    Excerpt: 歓びを歌にのせてケイ・ポラック ミカエル・ニュクビスト フリーダ・ハルグレン おすすめ平均 なぜ2.0ch収録か、エイベックスよ!声のチカラ歌うことの歓びAmazonで詳しく見る by G-Tools.. Weblog: (´Д`)MoSA!! racked: 2006-07-29 01:10
  • 映画『歓びを歌にのせて』

    Excerpt: 原題:Sa Som I Himmelen 天国は何処にあるのだろう、どこか近くにあるというけれど・・、もう一人の天使も遂に現れることはなかったけど、天使の歌声に包まれて彼は静かに逝った・・・ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-14 02:59