FUN×1


「私的な考察で見る『SAW3』?」

巷では「SAW2」に於ける様々な意見が飛び交っておりますねぇ。
本国アメリカでも興行収入では「ライオンズ・ゲート」過去最高の記録を
叩き出したみたい…よって、「3」の製作はかなり本格的なものになって
きてるみたいです。(マジッ!?)

そこで全くもって自分勝手な考察ではありますが、今作を振り返りつつ、
次作?を考えてみたいと思いますです。

今作はアマンダに於ける復習劇がメインなのは誰もがご存知の通りだと
思います。
あくまでも【JIGSAW】は「それ」に加担しただけなのです。
勿論!そこにゴードンの存在がある事も十分に考えられることです。
アマンダは前作での被害者でありながらも唯一の生存者。
そんな彼女は「生きる」事に対して目覚めたにも関わらずエリックによって
無実の罪を…。
彼女は自我の崩壊へ向かいだし、何度となく自殺未遂を図るのですが、
今ひとつのところで死に切れない…。
その事は彼女の手首に残る傷跡にて見て伺えましたね。
いつものように自殺未遂を図った彼女が運ばれたのが【JIGSAW】のいる
病院なのです。(そこでゴードンとの接見も可能性あり!)
彼は彼女への接見を試み、自分が【JUGSAW】である事を告げたのです。
彼女のとって「麻薬からの開放」を促してくれた彼は恩人であったに違い
ありません。それと同時に師へと変わっていくのです。
そして、彼の助言によりエリックへの復習に至るべく動き出したのです。

先ずはエリックへ垂れ込みする事で至福を肥やしてきたマイケルを「第一
の実験材料」兼「エリックの誘導」として利用し、アマンダ自身が体験した
デスマスクに於ける罠(試練)を仕掛ける。
この結果におけるマイケルの「生死」は正直問題ではなかったでしょう。
彼女はこの段階でマイケルを試したのでしょう。
「生」であれば仲間として「死」であれば仕掛けとして、どっちに転んでも
利用できるからである。と言うよりも既に利用したのであろう。
それは密室に集められた6人(+2は例外)の情報を収集するためである。

そして彼女のエリックへ対する復習劇の幕は上がるのです!

エリックを誘導する事には見事に成功し、【JIGSAW】は逃げる気配を全く
見せずに車椅子に鎮座し、エリックをせせら笑うかのように挑発し続ける。
実は、この場合の【JIGSAW】は所謂「キーマン」であり、彼への改心を
含めた「駒」&「脳」として加担したのではないのか?と言う疑問が湧く。
一つには彼と話をし、エリックがその言葉に耳を傾けていたとしたなら
3時間後に金庫は自動開口し、息子のダニエルの生還を目の当たりに
する事が出来たのだから…。
もう一つにはエリックの気持ちを逆なでするような尋問をすることにより
アマンダの仕掛けた罠へと誘い出す…。
結果エリックは【JIGSAW】の「鍵」を拒否して自ら罠へと赴く…。

密室に閉じ込められた8人は「the back in the minds」「over the rainbow」
の問いに対する答えを見つけようともしないままに脱出を試みる。
ここで一つ疑問に思われるのが「rainbow」なのである。
基本的に「虹」は7色。にも関わらず集められた人数は8人。
そう、初めからダニエルは数として数えられていないのだ!
ちなみにアマンダは自分が【JIGSAW】の共犯である事を知られる訳には
いかないので番号は仕込んであって然り。

毒ガスが密室に充満し、リミットを越えた時に狂気と化すザヴィエルが
アマンダとダニエルに迫り来る…そこで起死回生の一撃!
ここで彼女はダニエルに手を下させている事に興味が湧く。
彼女はダニエルを生かしておく必要があったのだから、本来であれば
率先してザヴィエルに対抗するべきなのに…何故?
前作でアマンダは自ら手を下し、自身を窮地から救ったのだ。
これはダニエルに与えられた試練と受け止めるべきなのか…?

結果として、アマンダは見事にエリックへの復習を果たしたのでる。
【JIGSAW】に関する「生死」は不明ではありますが、おそらくは…。
ここで、ゴードンとの繋がりが大変重要なFactorになってきますね!

主犯格アマンダは前回【JIGSAW】によって生かされ(試練を乗り越え)
ダニエルは三人に生かされたのです。えっ!?何故三人かって?
金庫の中にいたダニエルは「人工呼吸器」を着けていましたよね。
それって普通の人じゃ手に入るわけありません…よって、ゴードンも
犯行に携わっているものと考えて間違いないでしょう!
ゴードンも【JIGSAW】に生かされたのですから…。

以上、全く持って勝手気ままな考察のもと次回作を考えるに…
【JIGSAW】がブレインとなった「世直し集団」は巨大な組織と化し…
なんて事は考えたくもありません!
スッパリと「3」はナシにしていただきたく切に願いますm(__)m(__)m(__)m






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

睦月
2005年11月10日 22:00
こんにちわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です。TBとコメントありがとうございました。
素晴らしい考察論と思いました。こうやってネット上で一つの作品をテーマにいろいろな予想や意見などが交わせるというのはホントに素敵なことです。

≫【JIGSAW】がブレインとなった「世直し集団」は巨大な組織と化し…

ああ!!考えるだけでこわいこわい!!!イヤーぁやめてぇ!!けど・・ゾンビみたいにジグソウの意思を継ぐものがどんどん増殖していくというのも考えられますよね。うっわ・・・けどやっぱこれ以上の続編はご遠慮いただきたいものですわ。
purple in sato
2005年11月10日 22:48
睦月さん、こんばんはぁ♪

>>ゾンビみたいにジグソウの意思を継ぐものがどんどん増殖…

ガハハ!それもかなり怖いかもしれません!!
個人的には「必殺!仕置き人(米ver)」なんかで、藤田まことも真っ青ぉ☆を期待…なんて絶対しませんね。
アロハ坊主
2005年11月12日 13:14
はじめまして。
TBありがとうございます。
ブログ拝見して、ゴードンの下り
ナイスな考察だと思います。

前作の活かされていた人物を考えると、
アマンダだけじゃないですからね。
もやもやしてたんですよ。
ちょっと気分が晴れました。





ルーピーQ
2005年11月12日 22:25
TB有難うございます!
ゴードンの生死も話題になってますね~。
私はお亡くなりになっているものだとばかり思っていたんですが、レビューを読ませていただいて考えが変わりそうです(笑)
色々な意見が出るので観終えた後も楽しめますね。^^
purple in sato
2005年11月14日 23:52
>アロハ坊主さん。
コメントありがとうございました!
いやはや勝手気ままな考察にご賛同していただき、うれしい限りです(涙)
こう言う映画は色々な人の意見が聞けて盛り上がりますよね!
では、これからもどうぞぉ~♪

>ルーピーQさん。
コメントありがとうございました!
ゴードンの生死はほんと盛り上がってるみたい…
このビミョ~余韻が作品を引き立てる要因になってたりするのが楽しいのですよね!
では、今後ともよろしくねがいます♪
未来
2005年11月15日 23:53
3作目は・・・これ以上は勘弁して欲しいとこですが
やっぱり気になります。。
鍵は‘アマンダ、ダニエル、ゴードン’・・・なるほどです。
やっぱり観たい(*_*;
purple in sato
2005年11月16日 01:09
未来さん、コメントありがとうございます!
そっかぁ~「3」ねぇ…
たぶん作ると思いますよ。だって、興行が大成功だったのですから。
そうそう、どうせなら「謎解き編」なんてのはがいいかも?
では、今後ともよろしくどうぞぉ~♪
隣の評論家
2005年11月20日 18:11
purple in satoさん、こんにちわ。TBありがとうございます。私も貼らせて頂きました。「3」予想、大変興味深く読ませて頂きました。こうして大胆予想するのも楽しいけれど、確かに続編はやめといて欲しい気もしますよね。では、また遊びにきますね!
purple in sato
2005年11月20日 22:47
隣の評論家さん、
TB&コメントありがとうございました。
また、遊びに来てくださいね。
お待ち申し上げますm(__)m
隣の評論家
2006年04月16日 20:03
こんにちわ。この週末は、いかがお過ごしでしたでしょうか?
今更ながら、「ソウ」の記事をアップしました。satoさんのこちらの記事も、勝手に紹介させて頂きましたぁ!お断りなしでしたが、ヨロシクですぅ。
purple in sato
2006年04月17日 23:16
■隣の評論家さん、どうもぉ~です!
週末は…疲れましたです…ふぅ
でも、取り敢えずはいい映画を2本観れたので
良しとしときますかねぇヘヘ
なんか改めて記事を読み直すと…ビミョ~です
こんな記事をご紹介頂けるなんて…カンシャー!
なのでありんあすぅフフ
今は精根尽きて、記事もアップ出来ずなのです。
ボチボチにてやっていきまっせぇ~。
では、またなのでしたぁ♪

この記事へのトラックバック

  • ポジティブレビュー〔ブログ〕

    Excerpt: FUN×5~五つの楽(fun)を探して~様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、面白くってためになる、そんなブログをドンドン紹介して行くつもりです。みなさん、お気軽にト.. Weblog: blolog〔トラックバック募集中です〕 racked: 2005-11-09 01:50
  • SAW3大胆予想

    Excerpt: 現在、絶賛公開中の『SAW2』ですが。 睦月は『SAW3』があるものとして、次はどんなネタを使ってくるのか大胆予想をしてみようと思う。 かといって。 睦月はシナリオライターでもなんで.. Weblog: カリスマ映画論 racked: 2005-11-09 01:55
  • SAW 2/ソウ 2

    Excerpt: ソリッドシチュエーションスリラー【SAW】の続編 今年3月、前作をレンタルで鑑賞 「なんだ?!なんだ?!」状態のラストの展開はまさに度肝を抜かれたほどの衝撃! 低予算ながら文句ナシに最高の出来だ.. Weblog: Cinemermaid racked: 2005-11-12 11:56
  • [ SAW2 ソウ2 ]まだまだ続くよどこまでも

    Excerpt: [ SAW2 ソウ2 ]@新宿で鑑賞。 ほとんどのブログで書かれているように、 [ SAW ソウ ]は観てから行ったほうがよい。 [ SAW ]を引き継いでオチもあるし、 それを裏切ってい.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2005-11-12 13:15
  • 映画館「ソウ2 SAW2」

    Excerpt: 観てきましたぁ~! 前作が、かなり衝撃的な内容だったので今回はどうなるのかワクワクでした!全体的には、満足の行くできでした。内容書いてしまうと、これから観る人に悪いので書きませんが。。。 満足.. Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆ racked: 2005-11-12 16:42
  • 映画「ソウ2」

    Excerpt: 公開当日劇場で観ました。ソウの続編です。まさか続編が作られるとは思っていませんでした。冒頭から一人の男がジグソウの罠にかかるシーンから始まり、引き込まれる内容となってます。撮影方法は前作と同じ。内容は.. Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記 racked: 2005-11-12 20:12
  • 『SAW ソウ2』★★★☆☆

    Excerpt: 『ソウ2』公式サイトマメ情報 ジャンル;サスペンス 制作年度/国;'05/米                  配給;アスミックエース  上映時間;94分       監督;ダーレン・リン・バウズマン.. Weblog: ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ racked: 2005-11-12 20:22
  • ソウ2

    Excerpt: 鑑賞した日 : 10月29日土曜日 鑑賞した劇場 : TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ(9:30~)   本記事ではネタバレは一切していません。安心してご覧になってください.. Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★ racked: 2005-11-12 20:51
  • SAW ソウ2/ドニー・ウォールバーグ、ディナ・メイヤー

    Excerpt: 劇場にはあまり観に行かないジャンルの映画なんだけど、前作がとっても面白かったので、かなり期待して観に行ったらエライ目にあってしまいました。別にネガティブな意味じゃないんだけど、個人的な好みの問題ですね.. Weblog: カノンな日々 racked: 2005-11-12 21:48
  • ■SAW� -ソウ2-

    Excerpt: 刑事エリック(ドニー・ウォールバーグ)のもとに殺人事件発声の報が来る。現場には頭部が半分欠如した惨殺死体が転がっていた。その残虐極まりない手口は、世の中を騒がせた連続殺人犯“ジグソウ”(トビン・.. Weblog: ルーピーQの活動日記 racked: 2005-11-12 22:24
  • SAW2

    Excerpt: 二作目は一作目を超えるのか・・・それはどうも難しいようだ。。 しかしながらこの「ソウ2」、続編とは言え見応えは十分! 前作「ソウ」はとにかく斬新で、えたいの知れない緊張感の連続、画面に釘付け、.. Weblog: future world racked: 2005-11-13 00:32
  • ソウ2

    Excerpt: 映画「ソウ2」の感想です。 もろネタバレしています気をつけて下さい。 Weblog: ジャスの部屋 -いん ぶろぐ- racked: 2005-11-13 09:21
  • 「ソウ2」

    Excerpt: 「ソウ2」 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2005-11-20 17:55
  • ソウ2-映画を見たで(今年157本目)-

    Excerpt: 監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:ドニー・ウォールバーグ、ショウニー・スミス、トビン・ベル、フランキー・G、グレン・プラマー、ディナ・メイヤー 評価:.. Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) racked: 2005-11-29 01:18
  • ソウ2(Saw �)

    Excerpt: 監督 ダーレン・リン・バウズマン 主演 ドニー・ウォールバーグ 2005年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★ 相も変わらずフツーにネタバレしますんで、その辺に神経質な方はご注意を。 続編とい.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-03-18 10:00
  • SAW2

    Excerpt: コワイ・・・[:霧:] ソウ2――SAW2行川 渉 リー・ワネル ダーレン・リン・バウズマン 関連商品 ソウ―SAW ソウ2 DTSエディション ビンゴ スティール・ボール・ラン 8 (8).. Weblog: ムーパラ控え室から・・・ racked: 2006-07-29 01:35